• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 保健師
  • 求められる人物は?適性を知る
保健師に求められる人物は?適性を知る

保健師に求められる人物は?適性を知る

全国のオススメの学校

多くの人の健康を「縁の下の力持ち」として支えることから、「人のために」という想いを行動のモチベーションにできる人に向いている仕事です。
また、さまざまな年代の人に保健指導やカウンセリングを行うため、人と話すこと&人の話を聞くことが苦にならない性格であると望ましいでしょう。健康維持や増進といった分野は結果が見えにくく、効果が表れるまでに時間もかかるため、物事に粘り強く取り組めるかどうかも重要になります。

ほがらかで明るい人柄

赤ちゃんからお年寄りまで、いろいろな人と日々接することになるため、明るく誰とでも分け隔てなくコミュニケーションを取れる快活さが求められます。また、人に言いにくい悩みを抱えている人に向き合うことも多く、相手の心を開かせるような会話術や、相手の話をていねいに聞く真摯な姿勢も大切になります。

子どもが好きな人

乳幼児の健診や発達相談などの機会が多くあり、小さな子どもと接することが日常となる仕事です。いつでもにこにこ笑顔で接し、子どもの緊張を解いてあげることで、母親を安心させることもできます。

観察力

例えば、自分で「痛い」と伝えることができない乳幼児の健診では、細かな変化や違和感に気づき、異常を早期発見してあげることが非常に重要です。他人の細かな変化や心の機微を敏感に察知することができれば、病気の予防という分野にもその力を大きく役立てることができるでしょう。

健康であること

不摂生をしている人から健康指導をされても信用されにくいため、保健師を目指すのであれば、規則正しい生活をし、自分自身の健康にもしっかり気を配ることが大切です。その経験は、生活指導や運動指導をする際にもきっと役に立つでしょう。

根気と忍耐力

保健師の仕事は、変化がすぐに見えないものが多いです。しかし、日々コツコツとまとめたデータから社会の動きが見えてきたり、変化の予兆を感じられたりと、根気強く取り組み続けることで防げることや改善を実感できることもあります。成果がすぐに見えづらくとも、自分の役割に誇りとやりがいをもって継続し続けられる根気と忍耐力。それは保健師を長く続けるうえで、非常に大切な要素になります。

課題発見力

社会やそこで暮らす人が抱える課題や問題点を自分でみつけることができ、解決に向けて知恵を尽くすことができる人は、保健師に適性があります。また、人の悩みや不安を他人事ではなく自分のことのように考えられるやさしさや、人としての思いやりもとても大切です。

先見性

まだ起こっていないことを予測し、先手を打って対策を講じるのが、予防医療のプロフェッショナルである保健師の役割。常に世の中の動向に注視しながら、その先にある未来を見つめ、あらゆる可能性を考慮しながら何パターンもの打ち手を考えておくことが求められます。大胆な思考と慎重な行動、その両方を兼ね備えている必要があるとも言えるでしょう。

保健師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
RECRUIT