• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • リハビリ・マッサージ・心理
  • 臨床心理士
  • 求められる人物は?適性を知る
臨床心理士の求められる人物は?適性を知る

臨床心理士の求められる人物は?適性を知る

臨床心理士は、心に問題を抱えた相談者と直接的な人間関係を結びながら、心の問題の回復には何が必要かを考え、専門的手法を用いて改善へと進めていく仕事です。このため専門的な知識や技術はもちろんですが、高い人間性や倫理観が必要です。また、日々新たな研究が進んでいる分野でもあるため、常に向上していこうという姿勢も大切になります。

観察力

優れた臨床心理士は、会話の内容だけでなく、ちょっとした表情の変化や仕草などから相談者の気持ちの移り変わりを察知します。ふつうでは気づかないような小さな変化を見逃さない観察力が、カウンセリングを成功させるカギになるのです。

精神力

臨床心理士の元には、心に問題を抱えた人たちが切実な思いで訪れます。そうした人たちの立場で物事を考えるのは大切ですが、感情移入しすぎると、自分まで患者の問題に巻き込まれる恐れがあります。これでは臨床心理士としての役割を果たすことができません。感情の揺れ動きをしっかり抑えて、冷静に対応するタフな精神力が必要です。

コミュニケーション力

相談者と向き合う場の空気を敏感に読み取って会話ができる人は、臨床心理士に向いているといえます。しかし相談者が話した内容がすべて本音とは限りません。このため臨床心理士は相談者の話を聞き出す技術のほか、本音を引き出すために粘り強く対応する高いコミュニケーション力が求められます。

倫理観

専門職業人として求められる倫理観、例えば基本的人権の尊重、差別の排除、自分の倫理観を強制しないなどについて責任を負います。これらに加えて、専門的技能を磨く努力を継続して社会的信頼を高めること。相談者や関係者の個人情報および相談内容について他に漏らさないといった倫理観が必要です。

取材協力
一般社団法人 日本臨床心理士会

全国のオススメの学校

関連する仕事の求められる人物・適性もチェックしよう

臨床心理士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路