• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • リハビリ・マッサージ・心理
  • 臨床心理士
  • 仕事内容
臨床心理士の仕事内容

臨床心理士の仕事内容

不登校や通勤拒否、家庭内暴力といった問題は、人生のあらゆる局面で起こる可能性があるため、臨床心理士は教育や医療、福祉、産業といった多様な分野で専門性を発揮しています。支援する際は医師をはじめとするエキスパートと連携し、それぞれの専門性を尊重しながら、相談者にとって望ましい生き方ができるようにサポートしています。

心の特徴や問題点を探る

相談者の状況に合わせて面接や心理テスト、行動観察などを行い、相談者の特徴や問題点を明らかにします、その後、相談者と相談しながら支援の目標を設定し、そこに至るまでに必要な支援について検討します。

心理カウンセリング

相談者のために1時間程度の時間を確保し、必要に応じて臨床心理学的技法を用いて、問題の改善や精神の回復援助を行います。技法には、相談者が話した内容から過去の辛い体験などを探る精神療法、相談者の話を聞き入れて信頼を得る相談者中心療法、相談者の家族の協力を得て支援の方向性を決める家族療法などたくさんの種類があり、その中から適切と思われるものを選択して実施します。

地域援助

個人対象の援助だけでなく、地域住民や学校、会社などに所属する人たちに向けた支援も臨床心理士にとっては重要な活動です。地域住民に対して生活環境の改善の提案や情報の提供を行うのは保健所、市町村保健センター、精神保健福祉センターなどですが、臨床心理士はこの活動にスタッフとして携わり、心の問題の発生を防ぐ方法や、問題が起こった時の対処法などについての情報を提供します。

調査・研究活動

臨床心理士が対人支援活動を行う場合には、経験や勘だけに頼るのではなく、しっかりとした根拠に基づいた方法で実施することが求められます。このため臨床心理士はつねに臨床心理的調査や研究活動を幅広く実施し、知識と技術の向上に努める必要があります。

コーディネート

医療現場では、一人の患者に対して医師、看護師、臨床心理士がチームを組む機会が多くなっています。臨床心理士に求められる役割は、医師の下した判断を尊重しながら、患者にとって望ましい生き方ができるようにサポートすること。患者側からの要望を医師や看護師に伝えることもあり、チームとしての仕事が円滑に進むように力を注ぎます。


取材協力:一般社団法人 日本臨床心理士会

取材協力
一般社団法人 日本臨床心理士会

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

臨床心理士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路