• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • リハビリ・マッサージ・心理
  • 臨床心理士
  • なるには
臨床心理士になるには

臨床心理士になるには

臨床心理士になるには、日本臨床心理士資格認定協会が実施する資格試験に合格する必要があります。この試験は誰でも受験できるわけではなく、同協会が認可する「指定大学院(第1種・第2種)、または専門職大学院」を修了しなければいけません。大学院によっては心理学部以外の出身者や心理職経験のない社会人を受け入れるところもありますが、まず大学などで心理学の基礎知識を身につけておくと良いでしょう。

主な受験資格

受験資格を得るための一般的なルートは3つあります。
①第1種指定大学院を修了し、所定の条件を満たした者。
②第2種指定大学院を修了し、修了後1年以上の心理臨床経験を含めた所定の条件を満たした者。
③専門職大学院を修了した者。
第1種指定大学院は、臨床実務訓練を行うための心理相談機関を備えるなど養成カリキュラムの充実した大学院で、修了後は第一次試験(マークシート方式の筆記試験と論文記述試験)から受験します。第2種指定大学院は、学内に臨床実務訓練を行う機関を設置していない大学院で、修了後は1年以上の実務経験が義務づけられています。これを満たした後に第一次試験から受験します。専門職大学院は、臨床心理士養成に特化した大学院です。修了後は第一次試験から受験しますが、2種類の筆記試験のうち論文記述試験は免除されます。

就職先を探す

資格試験に合格して臨床心理士として認定された後は、就職先を自分で探します。情報が寄せられるのは、大学院の就職課や地元の臨床心理士会、インターネット、ハローワークなどで、ここで働きたいという情報をみつけたらすぐに連絡を取ることが大切です。人とのつながりから就職先がみつかるケースも多く、大学院の指導教官や先輩などと広く交流をもつのもひとつの方法です。臨床心理士の4割が病院や精神保健福祉センターといった医療・保健の分野に進みます。そのほか、学校や児童相談所、企業、刑務所、警察署など、活躍の場はさまざまな分野にわたります。

取材協力
一般社団法人 日本臨床心理士会

全国のオススメの学校

関連する仕事のなる方法もチェックしよう

臨床心理士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路