• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 保健師
  • 仕事内容
保健師の仕事内容

保健師の仕事内容

全国のオススメの学校

保健師として働くには看護師免許が必須となりますが、その仕事内容は看護師とは少し異なります。保健師が担うもっとも重要な役割は、“病気にならないよう、事前に適切な指導・対策をすること”。「このままだと病気になる可能性がある」と診断された人に対し、食事や運動などの生活指導・アドバイスを行うのが主な仕事になります。
また、健康診断や日々の相談業務を通じて人々の健康管理・健康増進に気を配るほか、新型インフルエンザなど感染症の拡大を防ぐことにも尽力します。
看護師が病気の患者さんの治療を支える立場だとすると、病気を未然に防ぎ、地域住民の健康的な生活を守っていく立場が保健師。指導の対象は乳幼児から高齢者、妊婦、障がい者と幅広いため、あらゆるケースに対応できる知識に加え、どんな人とも隔たりなく接することができるコミュニケーション力も求められる仕事です。

保健師は、どこで働き、誰を指導する立場なのかによって大きく仕事内容が変わります。もっとも身近なのが、保健所、保健センター、役所などで働く「行政保健師」。そのほか、企業で社員のために働く「産業保健師」や、医療機関で患者さんや病院スタッフのために働く「病院保健師」、大学や専門学校、私立学校で学生や教職員のために働く「学校保健師」がいます。

行政保健師

保健所、市区町村の保健センター、役所などの公的機関に所属し、その地域に暮らすすべての人たちのために働く保健師です。「地方公務員」であることが一般的ですが、「国家公務員」として働いている保健師もいます。
乳幼児から高齢者まで、誰もが健康的で幸福な毎日を送れるようにサポートするのが役割で、その仕事の範囲は非常に多岐にわたります。新生児がいる家庭への訪問、妊婦・褥婦(じょくふ)と言われる産後間もない女性への保健指導、乳幼児健診や予防接種のサポート、成人病・生活習慣病やエイズ対策、新型インフルエンザなど感染症に対する調査・感染予防・医療機関との調整に加え、身体障がい者や精神障がい者の生活支援、発達障がい児のケアや家庭内虐待への介入などを行う場合もあります。高齢化を背景に、高齢者の在宅ケアや生活支援も重要度を増しています。また、がん検診などの受診率をアップさせるための啓蒙活動や、ウォーキング教室・メタボ予防教室の実施など、あらゆる角度から地域住民の健康と命を守る活動を行っています。

産業保健師

企業の医務室や健康保険組合などで働く保健師は、産業保健師と呼ばれます。法律で設置が義務付けられてはいないため、すべての企業に常駐しているわけではありませんが、社員数の多い大企業などでは産業保健師が活躍しています。社員の健康状態の監視・相談役として、定期健康診断の実施や実施後のフォロー面談、メタボリックシンドロームなどの成人病や生活習慣病に関する情報発信を担当するほか、最近では過労や職場の人間関係が原因によるうつ病患者や自殺者が増えていることから、“心の健康状態”のチェック&ケアも重要視されるようになっています。50人以上の労働者を抱える企業に義務付けられている「ストレスチェック」の実施や社内巡回を通して社員が発する危険信号をキャッチし、カウンセリングを行ったり医師の診察を受けられるようサポートしたりするなど、一人ひとりの状態に合わせた対応を行います。

病院保健師

病院やクリニック、診療所、訪問看護ステーションなどで働く保健師。
最近では成人病・生活習慣病予防、うつ病予防に取り組む病院が増えているため、規模の大きな総合病院や精神科のある病院を筆頭に、病院保健師のニーズが高まっています。
病院付属の健診センターで健康診断を実施し、病気予防のアドバイスや指導を行うほか、小児科での予防接種のサポート、精神科での患者さんの生活指導、病院内で働くスタッフの健康管理、伝染病対策室の運営なども、病院保健師が担う役割。また、行政保健師のように患者さん宅を訪問して健康指導を行うこともあります。
医師や看護師が直接的なケアを行う前の「基礎検診業務」が、病院保健師の仕事の中心。そのため、勤務する病院の医師や看護師ときちんと連携を取りながら、仕事を進めることが求められます。最近では、衛生と健康管理の観点から患者さんの入院が必要かどうかを判定する業務に従事する「臨床保健師」という新しい働き方も生まれています。

学校保健師

大学や専門学校、私立小学校・中学校・高校などに常駐して働く保健師。急病患者や怪我の応急処置のほか、学生や教職員へ健康維持にまつわるアドバイスを行います。また、万が一の事態に備えた救急用品の点検や準備を行っておくことも学校保健師の大切な仕事です。
産業保健師と同じく、メンタルヘルスケアに対するニーズが高まっていることが特徴で、学生同士の人間関係に目を配ることはもちろん、学生と教員の間に起きうるセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ行為)やアカデミックハラスメント(教員という立場を利用した嫌がらせ行為)への対応や啓蒙活動においても、学校保健師は重要な役割を果たしています。
多感な時期の学生と交流をすることになることから、相手の立場や想いを尊重した繊細なコミュニケーションが求められます。
国公立の小学校・中学校・高校で学校保健師として働く場合は、保健師免許にプラスして養護教諭免許状を取得する必要があります。

保健師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路