• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 養護教諭
  • 求められる人物は?適性を知る
養護教諭の求められる人物は?適性を知る

養護教諭の求められる人物は?適性を知る

ケガなどに対する医学的な知識はもちろん、心のケアをするうえでは子どもたちのちょっとした変化を見逃さない観察力も欠かせません。さらに、コミュニケーション力、包容力や冷静な判断力も使って、子どもたちの心身のケアにあたります。時には、ほかの教諭や外部の専門機関と一緒に子どものケアにあたるので、連携力も求められます。子どもたち全員の「保健室の先生」として、子どものことを第一に考え、寄り添い、支えとなれることが何より大切と言えるでしょう。

全体を把握・観察する力

ほかの教諭とは異なり、養護教諭は「全児童・生徒の担任」という役割を担っています。そのため、校内を巡回して授業中や部活動中の様子を見たり、教諭の間で交わされる子どもたちの情報を収集したりして、常に学校全体の状況を把握する力が必要となります。また、子どもたちのちょっとした変化にも気づける観察力も求められます。

コミュニケーション力・包容力

具合が悪かったり、悩みを抱えていたりする子どもに接する機会が多いので、子どもたちの話に耳を傾けて解決策を導き出すコミュニケーション力をはじめ、相手を安心させる親しみやすさ、やさしい人柄も大切です。特に心のケアは養護教諭の大切な役割であるため、子どもたちが信頼して相談できる存在として、悩みをきちんと受け止めて心の支えとなる必要があります。

冷静な判断力

全児童・生徒を見る立場にあるため、どんなに心配でも、一部の子どもにかかりきりになることもできないのが難しいところ。また、心のケアの面では「助けてあげたい」と思っても、踏み込んだ対処ができないケースや、その子にとって何がベストか、解決策に絶対的な正解がない場合も多いと言います。そういった意味では、1人の子どもに深入りしすぎずに一定の距離を置き、必要に応じて担任の教諭や専門家にバトンタッチできる冷静な判断力も求められます。

連携する力

養護教諭は、1つの学校に1人の配属が多いので、さまざまな人と協力して課題解決にあたることがあります。問題を抱える子については担任の教諭に教室での様子を聞くほか、学校内で解決が難しい場合は、どの機関と連携を取るのがベストか判断し、児童相談所や医療系の専門機関など外部の関連機関と協力しながら対応しなければなりません。いざという時に連携できる人脈を築いておき、スムーズに課題共有をして対応にあたる力が必要となります。

管理能力

養護教諭が学校に1人しかいないということは、業務の管理やチェックは自分1人でやらなければならないということです。学校の全児童・生徒分を管理するのですから、健康診断表1つをとっても関連する資料は膨大な量になると想像がつくでしょう。そうした資料整理などの業務に追われていては、子どもたちと向き合う時間がとれなくなってしまいます。子どもたちが相談しやすい雰囲気を作るためにも、資料整理や業務管理のうまさがあるといいでしょう。

医学に関する知識

養護教諭は、直接医療行為はしませんが、保健室にやってきた児童・生徒の状態を見て、病院に連れていくなどの判断をする必要があります。そのため、医学に関する基本的な知識は必須となります。

全国のオススメの学校

関連する仕事の求められる人物・適性もチェックしよう

養護教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路