• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 助産師
  • なるには
助産師になるには

助産師になるには

助産師として働くためには、「看護師資格」と「助産師資格」が必要です。いずれも国家資格であり、大学・短大・専門学校・養成所を卒業したうえで、「国家資格試験」に合格しなくてはなりません。4年制大学の看護学部や看護学科に設置されている「助産師養成課程」に進み、卒業見込みの最終年に2つの国家試験を受験し、合格すれば、卒業後すぐに助産師としてのキャリアをスタートできます。とはいえ、4年間で看護師と助産師どちらの勉強もしなくてはなりませんから、効率的に見えますが決して楽な道のりではありません。そのほかにも、4年制大学、3年制の短大・専門学校の「看護師養成課程」を卒業して看護師資格を取得した後、1年制の「助産師養成所」に通って助産師資格の取得を目指す方法もあります。

「最短4年」で助産師資格の取得が可能

「早く助産師として現場に出たい」と考えるなら、4年制大学で看護師と助産師資格の同時取得を目指すか、3年制の短大・専門学校の看護師養成課程を卒業して看護師資格を取り、その後、1年制の助産師養成所へ入学して助産師資格を目指すという2つの方法があります。問題なく進級し、試験もストレートでパスできれば、最短4年で助産師資格を取得することができます。

看護師からステップアップする道も

看護師として働きながら、助産師を目指すという人もいます。1年制の「助産師養成所」に通うことになりますが、病院によっては奨学金制度やバックアップ体制がある場合もあります。4年制大学の助産師養成課程に進むことができない場合には、そういった方法もあるということを覚えておきましょう。

開業助産師

助産師には、医師や歯科医師と同じく「開業権」が認められています。病院などで助産師として経験を積んだ後、「助産所を開く」「出張助産師としてフリーで活躍する」など自由な働き方をすることも可能です。

全国のオススメの学校

関連する仕事のなる方法もチェックしよう

助産師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路