• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 助産師
  • 気になる?年収・給料・収入
助産師の気になる?年収・給料・収入

助産師の気になる?年収・給料・収入

働く場所や勤続年数などによって変動しますが、国家公務員の平均データを参考にした場合、年収は約555万円、給与月額は34万円程度。助産師は夜勤が多く発生するので、夜勤手当があるぶん、同年代の一般的な職種よりも給与水準が高くなっています。また、看護師+αの高度な仕事であることから、看護師よりも給与が高く設定されている場合が多いようです。しかしながら、お産は「いつ起こるか」が予測できず、勤務スタイルが不規則&勤務時間も長くなりがちなことから、給与に満足している人が多いかと言うとそうではないようです。助産所を開業した場合、出張助産師としてフリーで働く場合などは自分で報酬を決められるので、収入アップを目指すことも可能になります。

平均給与

34万6447円/月
※国家公務員として働く「保健師、助産師、看護師、准看護師」の平均給与月額
※平均年齢46.7歳、平均経験年数22.1年

年収

約555万円
※年収の計算方法:平均給与月額(34万6447円)×12カ月+賞与(139万9645円)
※賞与は、期末・勤勉手当(6月期・12月期)の合計額

人事院「平成27年国家公務員給与等実態調査の結果」より

手当の基準は、働く場所によってさまざま

助産師の給与を底上げしているのが、各種手当です。夜勤手当、休日手当、緊急呼出待機手当のほか、分娩ごとに支払われる分娩手当(助産師手当)などがあります。それぞれいくらに設定されているのかは施設ごとに異なります。

全国のオススメの学校

関連する仕事の年収・給料・収入もチェックしよう

助産師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路