• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 保育士
  • 気になる?年収・給料・収入
保育士の気になる?年収・給料・収入

保育士の気になる?年収・給料・収入

男女計の平均年収は約323万円、月で計算すると基本給で約21万円程度となっています。とはいえ、勤務する施設の規模や形態、フルタイムかパートタイムかなどの雇用条件の違いによって大きく変わってきます。公立保育所の場合は地方公務員扱いになりますし、民間保育所の場合は施設によって給料も待遇もさまざまです。就職先を探す際には、いくつかのパターンを見ておきましょう。給料に対する満足度を見ると、「仕事の大変さや責任の大きさに対して安く感じる」という声も聞かれますが、「子どもとかかわる仕事がしたい」という人にとっては、お金には換えられない「やりがい」が得られる仕事です。また、資格が必要な「手に職」の仕事ですから、出産や育児などで一時的にキャリアをストップすることになっても復帰がしやすく、長く安定してお金を稼ぐことができるというメリットもあります。

平均給与

21万9200円/月

年収

約323万円
※年収の計算方法:きまって支給する現金給与額(21万9200円)×12カ月+年間賞与その他特別給与額(60万3000円)
※厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」より
※10人以上の規模の施設で働く保育士の給与月額男女合計(平均年齢:35歳、勤続年数:7.6年、所定内労働時間数:171時間、超過実労働時間数:4時間)

大卒は短大・専門卒より高くなる傾向

保育士になるには厚生労働省に指定された保育士の養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業する必要があります。そのうち大学卒業者が私立保育所で働く場合は、短大・専門学校の卒業者よりも初任給が約1万~2万円ほど高くなることもあるようです。また、大規模な園ほど給与・待遇がいい場合が多いようです。とはいえ、大学を卒業したからといって必ず優遇が受けられるわけではありません。また、昇給があるかどうかも公立・私立のほか、各施設によっても異なってきます。保育士は就職先によって条件と待遇が大きく変わるということを念頭において、進路を決定してください。「こんなはずじゃなかった!」を避けるためにも、実際に仕事を選ぶ際には、先輩保育士に「給与・労働時間・労働環境・休暇取得率・産休&育休の取得率」などを確認しておきましょう。

取材協力
幼保連携型認定こども園 南山ルンビニー園 奥原孝子園長

全国のオススメの学校

関連する仕事の年収・給料・収入もチェックしよう

保育士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路