• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 保育士
  • 学校の選び方
保育士の学校の選び方

保育士の学校の選び方

保育士として働くために必要な「保育士資格」は、厚生労働省に認定された保育士の養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業すれば、無試験で資格を取得することができます。保育士資格が取得可能な学校かどうかをまず確認しましょう。最短で現場に出たいという人は2年制の短大や専門学校、学問としても保育を追究したいという人は4年制大学への進学が望ましいでしょう。通学が難しい、仕事をしながら資格を取得したいという場合は、通信課程で学ぶという手段もあります。また最近は、「幼稚園教諭免許状」を同時に取得できる学校も増えているので、「保育士資格」と「幼稚園教諭免許状」のダブル取得を考えている人はその点も忘れずチェックしてください。

4年制大学

社会福祉系学部や生活科学系学部などに設置されている保育学科、幼児教育学科、こども学科などを専攻することになります。ただ、現在の保育士の現場では、短大卒で早く実務を積む人が主流になっています。4年制大学に進学する場合は、学費も多くかかることにもなるので、資格や経験など就職時に何かプラスアルファになるものをみつけられるといいですね。例えば、「幼稚園教諭」「臨床心理士」「特別支援学校教諭」などの資格・免許取得もその一例です。それらを取得しておくと、児童養護施設やスクールカウンセラーなど、より専門性の高い職業につくことも可能になります。短大や専門学校と違い、時間をかけてじっくり学べるのが4年制大学のメリットですが、保育園実習がなかったり、保育にまつわるカリキュラム(手遊びを教えてもらうなど)が少ない場合もあるので、その点は注意をしてください。実習先に保育所がない場合は、ボランティアやアルバイトをするなどして、実際に子どもとふれあう経験を積んでおきましょう。

短大

2~3年間で学問と実技をバランスよく学べるのが短大のメリットです。「幼児教育」がメインの学校と、「保育」がメインの学校があり、前者は「幼稚園教諭免許状」を、後者は「保育士資格」の取得を目指すことになりますが、現在では両方を同時に取得できる学校も増えています。資格を取得するだけでなく、幼稚園と保育所両方の実習を体験できると、進路選択の幅もいっそう広がるでしょう。保育士として働く先輩は短大卒が多く、長年の信頼や実績のある学校や地元の学校には求人も集まりやすいと聞きますので、就職には有利と言えるかもしれません。

専門学校

専門学校の最大の特徴は、保育現場で役立つ内容を集中して学べることでしょう。また入学しやすいのも、メリットの1つです。「現場ですぐに使える保育スキルを最短で修得したい」という人にはおすすめの進路先になります。しかし、専門性の高いスキルを身につけることができる反面、それ以外の職業につく選択肢は4年制大学や短大に比べると狭まってしまうため、「絶対に保育士になる」という強い意志と覚悟があるかどうかをしっかり考えてみてください。短大と同様、「幼稚園教諭免許」が同時取得できるかどうかもチェックしておくと安心です。

取材協力
幼保連携型認定こども園 南山ルンビニー園 奥原孝子園長

全国のオススメの学校

関連する仕事の学校の選び方もチェックしよう

保育士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路