• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 保育士
  • やりがいを聞いてみよう
保育士のやりがいを聞いてみよう

保育士のやりがいを聞いてみよう

親代わりとなって子どもを見守り、その成長を日々間近で感じられることにやりがいを感じると語る保育士さんが多いです。「昨日できなかったことができるようになった!」という瞬間に立ち会えることは、何よりうれしい瞬間かもしれません。子どもの笑顔が原動力だという声も多く聞かれます。ただその一方、体力的にも精神的にもハードな仕事であることも事実。「子どもが好き」だけでは長く続けられない仕事であることも覚悟しておく必要があるでしょう。

日々の「成長」を喜び合える

保育士は親と同じくらい、もしくはそれ以上の時間を子どもと一緒に過ごすことになります。そのため、子どもの「初めて」に立ち会うチャンスもたくさんあり、一緒になってその成長を喜ぶことができます。乳児からお世話をした子どもの「笑った」「立った」「歩いた」「しゃべった」を目にした瞬間の感動は、かけがえのない財産になることでしょう。

子どもにも保護者にも「頼られる」仕事

保護者がいない環境で子どもが頼れるのは、保育士です。子どもたちは保育士を親のように慕ってくれます。また、保護者にとっても保育士は自分の代わりとなって大切な子どもを見守り、育ててくれる、唯一無二の存在なのです。「保護者から育児の相談をされると、信頼されているんだなと感じられてうれしいと同時に、『大切なお子さんを預かっているんだ』と気が引き締まります」と語る保育士がいるように、保護者にとって保育士は最も身近な相談相手であり、サポート役です。子どもに頼られたり、保護者に頼られたりと、「自分は必要とされている」ということを身をもって体感できるのも、保育士という仕事のやりがいの1つです。

子どもの「笑顔」

保育士とは、子どもの命を預かる仕事でもあります。子どもと楽しく過ごしながらも、安全・健康面への配慮は欠かせず、常に緊張感と隣り合わせと言っても過言ではありません。また、保育士になりたてのころは、子どもとどう接するのがいいのかわからず思い詰めてしまったり、悩んだりすることも多いと言います。ただ、そんなときでも、子どもたちの満面の笑顔や「先生大好き!」の一言が、「頑張ろう!」という気持ちにさせてくれると多くの保育士さんが語ってくれます。「子どもの笑顔」がもつパワーが、ハードな毎日を癒し、仕事への活力を与えてくれるのです。

取材協力
幼保連携型認定こども園 南山ルンビニー園 奥原孝子園長

全国のオススメの学校

関連する仕事のやりがいもチェックしよう

保育士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路