• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 福祉
  • ケースワーカー
  • 仕事内容
ケースワーカーの仕事内容

ケースワーカーの仕事内容

ケースワーカーは、主に地方自治体の福祉事務所に勤務しており、生活上の問題を抱えている人たちから相談を受ける「面接員」と、実際の援助に携わる「地区担当員」に分かれます。
面接員は 相談者がどんな問題を抱えているのか、どういった生活状況なのかをヒアリングして、援助が必要かどうかを判断します。援助が必要だと判断した場合は援助のための手続きを行い、地区担当員に引き継ぎます。
地区担当員は、相談者の現状を調べたあと、医療の専門家などと連絡を取りながら、具体的な援助方針を立案します。援助開始後は、相談者を定期的に訪問したり面談を行ったりして状況を確認し、必要に応じて援助の内容を変更するなど継続的にサポートします。

援助が必要かどうかを判断する

ケースワーカーは、主に地方自治体の福祉事務所に勤務しています。また、市区町村の福祉課や児童相談所、病院、保健所、老人福祉施設などで相談員として働く職員をケースワーカーと呼ぶこともあります。こうした施設で相談員として働くケースワーカーは、「面接員」と呼ばれています。
面接員は、生活上の問題を抱えている人たちからさまざまな相談を受けます。その際に相談者はどんな問題を抱えているのか、どういった生活状況なのかをヒアリングして、援助が必要かどうかを判断します。

援助方針を立案する

援助が必要だと判断した場合、相談者に具体的な援助の内容を説明し、援助の手続きを行います。手続きが終わると、「地区担当員」と呼ばれるケースワーカーに引き継ぎます。
地区担当員は、さらに詳細な面談や家庭訪問を行って、相談者の家族構成や収入、住宅状況といった細部におよぶ生活状況を調べます。その上で福祉事務所に在籍する専門家や相談者の家族などと話し合い、時には医師をはじめとする医療関係者と緊密な連絡を取りながら、生活保護の実施や施設入所など具体的な援助方針を立案します。

援助開始後も対象者をサポート

相談内容を聞いて援助の手続きをするだけがケースワーカーの仕事ではありません。援助が開始された相談者を定期的に訪問したり面談を行ったりして、援助開始後の状況を確認します。そして、必要に応じて援助の内容を変更するなど継続的にサポートします。

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

ケースワーカーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路