• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 福祉
  • ケースワーカー
  • 気になる?年収・給料・収入
ケースワーカーの気になる?年収・給料・収入

ケースワーカーの気になる?年収・給料・収入

福祉事務所などの公的機関に勤務するケースワーカーは地方公務員なので、各自治体の職員の収入とほぼ同額になります。2016年の全地方公共団体における一般行政職の平均給与月額は36万5549円。この金額に、例えば東京都における夏・冬のボーナスを加えると、平均年収額は614万6988円となります。ケースワーカーという仕事の難しさを考慮して、特別手当をつけている自治体もあります。勤務1日あたり300~400円としている場合が多く、一般職員と比べると年収が10万円ほどアップする計算です。

ケースワーカーの年収

福祉事務所などの公的機関に勤務するケースワーカーは地方公務員なので、年収は各自治体の職員の収入とほぼ同額と考えられます。総務省が取りまとめた「平成28年地方公務員給与実態調査結果等の概要」によると、2016年の全地方公共団体における一般行政職の平均給与月額は36万5549円(平均年齢42.3歳)でした。年収では、これに夏・冬のボーナスが加わります。例えば東京都の場合、夏・冬のボーナスの合計額は176万400円(平均年齢40.7歳)なので、平均年収は614万6988円となります 。
民間施設で働くケースワーカーの収入は、施設ごとに異なりますが、公務員と同水準、あるいは若干下回る程度に設定されている場合が多いようです。

ケースワーカーの特別手当

ケースワーカーという仕事の難しさを考慮して、特別手当をつけている自治体もあります。金額は自治体によって異なりますが、勤務1日あたり300~400円としている場合が多いようです。月額にすると400円×22日(1カ月の平均勤務日数)=8800円。年収は8800円×12カ月=10万5600円で、一般職員と比べると年収が10万円ほどアップする計算です。

全国のオススメの学校

関連する仕事の年収・給料・収入もチェックしよう

ケースワーカーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路