• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 福祉
  • ケースワーカー
  • ズバリ!将来性は?
ケースワーカーのズバリ!将来性は?

ケースワーカーのズバリ!将来性は?

高齢化社会の進展に伴い、高齢者が抱えるさまざまな問題に援助の手を差し伸べるケースワーカーの重要性はますます高まると予想されます。
また、近年は、生活保護の申請者のなかに不正受給をたくらむ人がいることが大きな社会問題になっています。こうした不正の防波堤となるのがケースワーカーで、日本の社会構造を根底から支える大切な役割を担っています。
不正受給問題をはじめとしてケースワーカーの仕事には困難も伴いますが、それらを乗り越えながら法律知識や適切な判断力、高いコミュニケーション力などを身につければ、部下を指導・監督する管理職員にステップアップもできます。

高齢化社会の進展で重要性が高まる

厚生労働省の調査によると、2016年1月現在の生活保護世帯数は163万3301世帯。2014年1月調査と比較すると、3万世帯以上増えています。保護を受けている全世帯のほぼ半数(49.6%)が高齢者世帯で、2年前と比較すると8万世帯以上増加しています。
この傾向は今後も続くと予想されており、高齢者が抱えるさまざまな問題に援助の手を差し伸べるケースワーカーの重要性はますます高まると予想されます。

社会を支える大切な仕事

ケースワーカーの仕事の中でも難しいのが相談者との面談です。特に生活保護の申請者の中には、不正受給をたくらむ人がいるため、近年は大きな社会問題になっています。
こうした不正の防波堤となるのがケースワーカーで、健康保険や福祉制度が充実する日本の社会構造を支える大切な役割を担っています。こうした問題を鎮静化させる意味でも、これからのケースワーカーには、より高度な知識と技術が求められるでしょう。

知識や技術を磨いてステップアップ

福祉事務所などの公的機関で働くケースワーカーは地方公務員です。社会的な信用度は高く、収入も安定しています。
一人前のケースワーカーになるまでには高いハードルが待ち構えていますが、現場で役立つ法律知識や適切な判断力、高いコミュニケーション力などを身につければ、経験年数に応じて職階が上がり、部下を指導・監督する管理職員にステップアップできるでしょう。

全国のオススメの学校

関連する仕事の将来性もチェックしよう

ケースワーカーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路