• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 福祉
  • ケースワーカー
  • 求められる人物は?適性を知る
ケースワーカーに求められる人物は?適性を知る

ケースワーカーに求められる人物は?適性を知る

ケースワーカーの仕事は、悩んでいたり困っていたりする人の話を聞くことからスタートするため、相談者の話をよく聞き、その内容からどういう支援が必要なのかを冷静に判断する能力が求められます。
そして、社会福祉に対する情熱があり、悩みや障がいを抱えている人の役に立ちたいという奉仕の精神も必要です。困難に苦しんでいる相談者の悩みごとを解決するために、どん欲に知識を求める向上心をもっていることも大切です。
また、難しい局面に向き合ったときでも、落ち込まずにやり過ごせるようなタフな精神力を備えていることもケースワーカーには必要です。

人の話をよく聞いて冷静に判断する

ケースワーカーの仕事は、困っていたり悩んでいたりする人の話を聞くことからスタートします。そのため、相手が信頼し相談しやすい空気を作るコミュニケーション能力が必要です。
また話し手の状態によっては、同じ話題を何度も繰り返したり、理解しにくい内容になったりすることもあります。それでも話の腰を折らずにしっかり聞き取り、問題の根本にあるものは何か、どういう支援が必要なのかを冷静に判断する能力も必要です。

人を思いやる気持ち

事故や病気、貧困といった困難に苦しんでいる人たちの悩みを聞き、支援する方策を考えるのがケースワーカーの仕事です。この仕事を行ううえで大切なのは、社会福祉に対する情熱があり、悩みや障がいを抱えている人の役に立ちたいという奉仕の精神をもっていることです。すぐには解決できない問題も多いので、粘り強く物事に対処する姿勢も必要になります。

向上心がある

困難に苦しんでいる人の悩みごとを解決するために、ケースワーカーは法律制度を活用しなければなりません。
例えば、病気で身体に障がいが残って仕事を継続できなくなった人は、生活保護を受給できるのに加えて、身体障がい者福祉法に基づいた給付を受けられる可能性があります。信頼されるケースワーカーになるには、こうした法律知識にも精通する必要があります。多忙な日々のなかでも、どん欲に知識を求める向上心がケースワーカーには必要です。

タフな精神力

ケースワーカーの仕事は、決して楽なものではありません。相談者ひとり一人の状況を把握し、適切な援助方針を立てることは、責任が重く、難しいことも多くあります。
また、社会福祉事務所の相談窓口に訪れる人のなかには、不正受給をたくらむ人などもいるそうです。こうした大変な業務を頑張ってやり続けると、疲労がどんどん積み重なってしまいます。難しい局面に向き合ったときでも、落ち込まずにやり過ごせるようなタフな精神力を備えた人は、ケースワーカーに向いているといえるでしょう。

全国のオススメの学校

関連する仕事の求められる人物・適性もチェックしよう

ケースワーカーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路