• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 福祉
  • ケースワーカー
  • なるには
ケースワーカーになるには

ケースワーカーになるには

福祉事務所などでケースワーカーとして働くためには、社会福祉主事の任用(特定の職務に任命されて効力を発揮する)資格を取得する必要があります。
この資格を取得し、さらに各自治体が実施する地方公務員試験に合格すると、ケースワーカーという仕事に就けるチャンスが広がります。都道府県や政令指定都市、特別区は、福祉職もしくは社会福祉区分を設けて公務員試験を実施しています。ケースワーカーを志望して社会福祉関係の区分で採用された人の多くは、社会福祉主事として社会福祉事務所に配属されているようです。

社会福祉主事の任用資格を取得

福祉事務所などでケースワーカーとして働くためには、社会福祉主事の任用資格を取得する必要があります。任用資格とは、取得すればその職業名(ケースワーカーなど)を名乗れるというものではなく 任用資格を取得後、該当する職務に任命されて初めて効力を発揮します。このほか、社会福祉士または精神保健福祉士の資格を有していると、社会福祉主事の任用資格があると見なされます。

地方公務員試験に合格する

ケースワーカーとして働くには、社会福祉主事の任用資格を取得し、さらに各自治体が実施する地方公務員試験に合格する必要があります。
自治体のなかでも都道府県や政令指定都市、特別区は、福祉職もしくは社会福祉区分を設けて公務員試験を実施しています。ケースワーカーを志望して社会福祉関係の区分で採用された人の多くは、社会福祉主事として社会福祉事務所に配属されているようです。
社会福祉関係の区分がなく、一般行政職として採用している自治体に合格した場合、ケースワーカーを希望しても、その仕事に就けるとは限りません。その場合は欠員などが出るのを待つことになります。

全国のオススメの学校

関連する仕事のなる方法もチェックしよう

ケースワーカーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路