• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 児童指導員
  • 仕事内容
児童指導員の仕事内容

児童指導員の仕事内容

児童指導員は、児童福祉施設で生活をしている子どもたちの養育を、保護者に代わって担う専門職です。
児童福祉法という法律では、保護者の死亡や病気、経済的事情、虐待などの理由で、保護者による養育が困難だと認められた0~18歳までの児童に対して、児童福祉施設などの家庭に代わる環境で、健全な育成を図り、自立を支援することが定められています。

児童指導員は、保護者と同じように近い立場から子どもたちの日常生活を援助し、健全に成長するように指導をします。
保護者の適切な養育を受けられない子どもたちを養護する児童養護施設などの児童福祉施設では、24時間体制で子どもたちの養育を行います。児童指導員は衣食住など生活面の指導や学習指導のほか、保育士や栄養士などスタッフと連携し、一人ひとりに合ったサポートを提供します。また、保護者との面談、学校や児童相談所との連絡など、対外的な仕事も行います。
知的障がい児や肢体不自由児など障がいのある児童を対象にした児童福祉施設では、治療を行う場合もあります。

児童養護施設での仕事例

児童養護施設には、家庭に代わる「家」としての役割があります。児童指導員は家族と同じように子どもたちと一緒に遊んだり、勉強をしたりすることを通じて、子どもたちに寄り添い、日々の生活のなかで自主性や主体性を育てていきます。
児童養護施設では早番や遅番、宿直など、職員が交代しながら、24時間体制できめ細やかなケアを行います。また、家事全般も行い、施設によっては料理を作ることもあります。
・6:00 出勤 
早番の職員が出勤。前日の記録をチェックし、子どもたちの様子を確認。朝食の準備をし、子どもたちを起こします。
・7:00~8:30 朝食・登校 
子どもたちと一緒に食事をし、学校や幼稚園へ送り出します。
・9:00~10:00 買い物・事務作業・掃除 
休憩後、買い物や部屋の片付け、洗濯などを済ませ、児童相談所に送る書類などを作成します。
・12:00~13:00 昼食・昼寝
就園前の子どもたちと食事をし、昼寝をさせます。
・13:30~14:00 打ち合わせ・引き継ぎ
遅番の職員が出勤。スケジュールや引き継ぎ事項を早番の職員と確認します。
・14:00 ケースカンファレンス
児童相談所の職員との会議などを行います。
・15:00~16:00 子どもたちが帰宅・学習指導
一人ひとりの学習の理解度に気を配りながら、学習指導をします。
・17:00~18:00 入浴・夕食
子どもたちの入浴を済ませたら、その日のできごとなど、子どもたちとの会話を楽しみながら食事をします。
・19:00 団らんの時間 
それぞれが好きなことをして過ごします。
・20:00 就寝
子どもたちを就寝させます。
・21:00 引き継ぎ 
日誌などを記入し、宿直の職員に引き継ぎをします。
21:00~6:00
宿直の職員は、戸締りの確認や就寝状況の確認をし、定期的に施設内を巡視します。その後、早番の職員に引継ぎをします。

取材協力/社会福祉法人二葉保育園

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

児童指導員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路