• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 児童指導員
  • 就職先・活躍できる場所は?
児童指導員の就職先・活躍できる場所は?

児童指導員の就職先・活躍できる場所は?

児童指導員の主な就職先は、児童福祉施設です。児童福祉施設とは、児童福祉法に基づいて設置されている施設のことで、児童養護施設や乳児院、母子生活支援施設、福祉型障がい児入所施設、医療型障がい児入所施設などが挙げられます。児童福祉施設には、国や都道府県、市町村が運営する公立の施設と、社会福祉法人などが運営する民間の施設があります。

児童指導員が活躍している、主な児童福祉施設は以下のとおりです。いずれの施設も、児童相談所の紹介により入所した子どもたちを公的責任の下でサポートしています(児童発達支援センターは市区町村)。

児童養護施設

予期できない災害や事故により保護者を亡くしたり保護者から虐待されていたりなどの事情により、家庭での養育が困難な、おおむね2~18歳の子どもたちを、保護者に代わり養育する施設です。児童指導員をはじめ、保育士、心理療法士などの専門職がチームとなって子どもたちの生活をサポートしています。数十名が生活する施設のほか、民家を利用して数名の児童が生活するグループホームも増えています。

乳児院

児童養護施設と同様の事情で、家庭での養育が困難な0歳~おおむね2歳(必要に応じて就学前まで)の子どもたちを養育する施設です。

母子生活支援施設

18歳未満の子どもを養育している母子家庭の女性が子どもと一緒に利用できる施設です。心身と生活を安定させるための相談や援助を行いながら、自立を支援します。

児童心理治療施設

発達障害などの心理的な問題を抱えているために不登校になるなど、日常生活に生きづらさを感じている小学生から18歳未満の子どもたちを対象にした施設。2~3年間入所するか保護者のもとから通い、その問題を治療し、治療後も援助を行うことを目的としています。児童指導員、医師、保育士などの専門家がチームとなり、子どもの障がいに合わせた治療を中心に、学校と緊密に連携を取りながら、総合的に支援や治療を行います。

障がい児入所施設

身体に障がいのある児童、知的障がいのある児童または精神に障がいのある児童が入所し、日常生活の指導や自立に必要な知識や技能を身につけるためのサポートをしています。「福祉型」と「医療型」があり、医療型の場合は、そうしたサポートのほかに治療も行います。

福祉型児童発達支援センター

身体に障がいのある児童、知的障がいのある児童または精神に障がいのある児童が通所し、日常生活の指導や自立に必要な知識や技能を身につけるためのサポート、集団生活に適応するための訓練を行う施設です。こうした福祉型児童発達支援センターのほかに医療型児童発達支援センターもあり、上肢、下肢または体幹機能に障がいのある児童が通い、治療も行います。

全国のオススメの学校

関連する仕事の就職先・活躍できる場所もチェックしよう

児童指導員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路