• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • ベビーシッター
  • 就職先・活躍できる場所は?
ベビーシッターの就職先・活躍できる場所は?

ベビーシッターの就職先・活躍できる場所は?

ベビーシッター派遣会社を介して依頼者の自宅へ派遣されるのが、ベビーシッターの一般的なスタイルです。
派遣会社に社員として入社するケースもありますが、派遣・パート・アルバイトとして働くケースがほとんどです。
さらに個人宅以外にも、民間の託児所や託児ルーム、イベント時の保育スペースなど、ベビーシッターが活躍できる場所はさまざまあります。
子育ての息抜きや、冠婚葬祭などの一時利用も増えているため、デパートやショッピングセンター・映画館・ホテルなどでもベビーシッターの需要があります。
また、認定ベビーシッターや英国チャイルドマインダーなどの民間資格を取得し、個人で開業をするベビーシッターもいます。

依頼者の自宅

ベビーシッターの働く場所として最も需要があるのが、依頼者の自宅です。
依頼者にとってはどこかに預けに行く手間がなく、子どもにとっても慣れた空間で過ごせるというメリットがあります。個人宅で働くベビーシッターの多くは、ベビーシッター派遣会社から派遣された人たちです。なかには派遣会社の社員もいますが、必要な登録手続きを踏んだ、派遣・パート・アルバイトとして働く人たちが大半を占めているようです。

民間の託児所、託児ルーム

民間企業が運営する託児所のほか、企業内の社員向け託児ルーム、ショッピングセンター・デパート・映画館などの商業施設に併設された託児ルームなどでもベビーシッターが働いています。
依頼者の自宅で働くベビーシッターのようにマンツーマンというわけではありませんが、保育所などと比べると比較的小規模な施設が多く、一人ひとりの子どもによく目を配れるというのが特徴です。
特に商業施設における託児ルームは「買い物の合間に1時間だけお願いして息抜きをしたい」という保護者にとって非常に使い勝手がよく、人気があります。

ホテル

ハイクラスのホテルやリゾートホテルなどでは、ホテル内に託児ルームが完備されていることもあります。
ディナー時や、子どもが参加できないアクティビティへの参加時など、保護者がちょっとリフレッシュしたいときに一時利用ができるようになっています。また、ホテルでの結婚式の際に、子どもが小さくて同伴が難しい保護者に代わってベビーシッターが数時間面倒を見るケースや、利用者の客室で託児を行うサービスもあります。

イベントの託児スペース

音楽ライブなどのイベント時に、ベビーシッターや看護師が常駐する特設の託児スペースが設置されることもあります。
「どうしてもライブが見たいけれど、子どもは同伴できないし、かといって預け先もなくて…」という保護者にとって非常に助かるサービスとなっています。

個人開業

認定ベビーシッターや英国チャイルドマインダーなど、ベビーシッターとしての能力を証明できる資格を取得したうえで、個人でベビーシッター業を開業する人もいます。
この場合の働き方は、依頼者の自宅に赴くケースと、自身の自宅を託児スペースとして開放し、数人の子どもの世話をするケースのいずれかになります。自宅で開業する場合は、設備や備品をそろえなくてはならないためそれなりの開業資金がかかりますが、開業に当たって何か特別な登録や申請・認可は必要なく、都道府県知事などへの届出のみでスタートすることができます。
そのため個人でベビーシッター業を行う人は比較的多いと言われています。

全国のオススメの学校

関連する仕事の就職先・活躍できる場所もチェックしよう

ベビーシッターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路