• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • ベビーシッター
  • 志望動機を教えて!
ベビーシッターの志望動機を教えて!

ベビーシッターの志望動機を教えて!

子どもと密な時間を過ごすことになる職業であることから、やはり「子どもが好き」「子どもと接する仕事がしたい」と考えて、ベビーシッターを志望する人が多いようです。
なかでも、保育所や幼稚園などで行う集団保育とは異なり、1人で子どもの面倒を見ることから「自身のペースで働きたい」という嗜好をもつ人にも人気があるようです。
また、保育士資格や幼稚園教諭免許状をもつ人や、育児経験のある主婦など、ライフスタイルに合わせて自身のスキルや経験を仕事に生かしたいと考える人もいます。

子どもと触れ合うのが好き

自身の弟や妹、親せきや近所の子どもの面倒を見ることが好きだったなど、昔から子どもに触れ合うことが好きだったor得意だったという人が、ベビーシッターを目指すケースは少なくありません。
「子どもが好き」という想いを原点とし、自然な流れでこの仕事に興味をもつことが多いようです。

自分のペースで仕事ができる

ベビーシッターは、依頼が入った時点で仕事が発生するタイプの仕事です。また、ベビーシッター派遣会社と契約する際に働きたい曜日や時間帯などの条件を伝えて、それに合わせて仕事をアテンドしてもらうことができるため、自身のライフスタイルに合わせて柔軟に働きやすいという特長があります。
プライベートと仕事の両立を考えるうえで、この働き方に魅力を感じ、ベビーシッターを目指すという人もいるそうです。またベビーシッターは自分と子どもだけで過ごす時間がほとんどになるため、職場の人間関係に悩むということも少ないそうです。
集団の中で働くことが苦手だと感じている人にとっては、ストレスが少なく働ける職場でもあることもメリットになるようです。

自身のスキルや経験を生かせる

「学生時代に取得した、保育士資格や幼稚園教諭免許状を生かした仕事がしたい」とベビーシッターを志望する人もいます。ベビーシッターは無資格・無免許でもできる仕事ですが、資格を持っていると給与面で優遇されることも多いからです。
加えて、働き方の自由度が高いことにメリットを感じ、保育士や幼稚園教諭から転職をする人もいます。
また、子育てが一段落した後に、「育児の経験を生かせる仕事をしたい」とベビーシッターに興味をもつ人もいます。

独立志向が高い

保育士や幼稚園教諭は組織に属して上司の指示に従い、毎日決まった時間に決まった働き方をします。そういったケースが少ないのが、ベビーシッターという仕事の特徴です。
また、自身で起業することもできることから、子どもに関する仕事がしたいと考える人のなかでも、独立志向の強い人がベビーシッターを目指す傾向にあるようです。

全国のオススメの学校

関連する仕事の志望動機もチェックしよう

ベビーシッターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路