• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 児童指導員
  • 似ている仕事との違いは?
児童指導員と似ている仕事との違いは?

児童指導員と似ている仕事との違いは?

全国のオススメの学校

児童指導員と似ている仕事にはどのようのものがあるでしょうか。よく似ているものとしては、保育士、塾の講師、学童保育などがあり、職場も民間の事業者や公的な機関などいろいろあるようです。児童指導員の仕事を含めて、どこが似ていてどこが違うのかを説明しましょう。

児童指導員の仕事

児童指導員は保護者に代わって療育や支援、指導をする役割があります。子どもたちが健全に成長していくためのサポートや自立に向けた指導、学習支援などをおこないます。
業務内容は働く職場によって異なります。働く先としては、家庭の事情で親と一緒に暮らせない子どもが暮らす施設や障がいのある子どもが支援を受けるために通う施設などがあり、その対象も0歳から18歳までと幅広いのが特徴です。具体的には、乳児院、児童養護施設、重症心身障害児施設、児童発達支援センター、放課後等デイサービスなどで活躍します。
児童指導員とよく似た仕事について見てみましょう。

保育士

子どもと密接にかかわり、生活習慣や知識を身につけるサポートをする点でよく似ている仕事です。子どもを預かって集団活動をしたり個別に指導したりということでは同じですが、大きく違うのは資格です。保育士は国家資格ですが、児童指導員は児童指導員任用資格であり、資格取得はあまり難しくありません。
また、保育士が預かる子どもの年齢は6歳までですが、児童指導員は0歳から18歳までの子どもという点でも違っています。

塾の講師

子どもに勉強を教えることでは、学習支援をおこなう放課後等デイサービスで働く児童指導員とよく似ています。ただ、塾の場合は主に進学を目指して難題の解き方を教えますが、放課後等デイサービスではフォローアップがメインなので、噛み砕いてわかりやすい言葉で話し、できない場合は何度も同じことを繰り返すところが異なります。

学童保育

学童保育は自治体が運営しているところが多く、昼間に保護者が不在となる子どもが授業終了後に通うところです。授業終了後に通う点では放課後等デイサービスとよく似ていますが、学童保育は対象が主に小学生であることに対して、放課後等デイサービスは小学生から18歳までとなります。また、放課後等デイサービスは発達障害の子ども向けであることが大きな違いです。

子ども食堂

何らかの理由により一人で食事をとらなければならない子どもに、無料もしくは低価格で食事を提供する場所で、近年、社会活動の一環としておこなわれています。NPO団体や民間の運動として広がっていて、食後に勉強を教えるボランティアがいるところもあります。
放課後等デイサービスでも学習支援をしていますし、夕食を提供しているところもあるので似た点はありますが、放課後等デイサービスでは障がいを抱えた子どもが対象であり、資格や認可が必要という点と、食事をさせることがメインではないことが大きく異なります。

取材協力

金/放課後等デイサービス

明星大学教育学部教育学科小学校教員コースを卒業。特別支援教育を専攻。学生時代は、地域の子ども会活動や小学校、特別支援学校など多くのボランティアに参加し、そこで出会った子達に影響を受け現在の放課後等デイサービスに、児童指導員として 勤務。

児童指導員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
RECRUIT