• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 児童指導員
  • ズバリ!将来性は?
児童指導員のズバリ!将来性は?

児童指導員のズバリ!将来性は?

児童養護施設に入所する子どもたちの多くが虐待を受けているなど、子どもたちを取り巻く環境は、ますます複雑に変化しています。そのなかで、子どもたちを受け入れ、養育できる施設の必要性が高まり、児童指導員の活躍の場も増えていくと考えられます。こうした現状がある一方で、現場ではハードな仕事であることなどから離職する人も多く、慢性的な人手不足を解消するためにさまざまな環境整備が行われています。

人材不足を解消

各児童福祉施設で人材が不足しているというのが現状です。複雑な事情を抱えた成長期の子どもたちとの関わり合いの難しさに悩んだり、不規則なローテーション勤務により体調を崩したりして、就職して数年で離職してしまう人が多いというのが、ひとつの理由です。しかし、そうした現状を打破しようと、賃金のベースアップや待遇の改善が進められており、働きやすい環境が整備されつつあります。

施設の増加

親の虐待が増加しているという社会的背景から、子どもたちを養育できる施設の重要性も高まっており、施設の数は増加傾向にあります。それに伴い、児童指導員の需要も増えていくと考えられます。定期的に新卒を採用する施設はあまり多くありませんが、大学生などの実習を受け入れる施設もあるので、実際に現場を体験し、自分がやりたい仕事ができる施設を選ぶのがよいでしょう。

専門的な知識を積んでステップアップ

時代の変化に伴い、児童福祉施設で養育する子どもたちの背景も複雑化し、親の虐待が原因による発達障がいを抱えている場合もあります。子どもたちを保護者に代わってきちんと養育するという前提に加え、今後求められてくるのは、子どもたちのさまざまな障害に適切に対応できるような専門的な知識も有する人材です。キャリアアップをするためにも、現場で何が求められているのかを知り、身につける努力をすることが大切です。

全国のオススメの学校

関連する仕事の将来性もチェックしよう

児童指導員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路