• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 児童指導員
  • 必要な試験と資格は?
児童指導員の必要な試験と資格は?

児童指導員の必要な試験と資格は?

児童指導員の資格を取得するには、大学または大学院で必要な科目を履修するなど、いくつかのルートがあります。実際に児童指導員として働くには、資格を取得したうえで、公立の施設の場合は公務員試験、民間施設の場合は各施設の採用試験を受験し、合格する必要があります。

児童指導員任用資格を取得するには特別な試験はありませんが、以下のいずれかの条件に該当することが法律で定められています。
・ 大学または大学院で、社会福祉学、心理学、教育学、社会学を履修して卒業する。
・ 小・中学校、高校などの教員免許を取得したうえで都道府県知事に適当であると認められる。
・ 厚生労働大臣指定の児童指導員養成学校を卒業する。
・ 社会福祉士または精神保健福祉士の資格を取得する(※)。
・ 高校卒業後、児童福祉事業における実務を2年以上経験する。
・ 児童福祉事業における実務経験が3年以上で、都道府県知事に適当であると認められる。
※社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取得するためには、福祉系の4年制大学などを修了し、国家試験に合格することが必要です。
なお、児童指導員は任用資格のため、児童指導員として採用され、勤務して初めて児童指導員としての資格を得ることができます。任用資格とは、取得すればその職業名を名乗れるというものではなく 任用資格を取得後、該当する職務に任命されて初めて効力を発揮するものです。児童指導員として働くには、公立施設であれば公務員試験に合格、民間であれば採用試験に合格して児童指導員として採用される必要があります。

全国のオススメの学校

関連する仕事の必要な試験と資格もチェックしよう

児童指導員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路