• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北里大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 海洋生命科学部
  • 海洋生命科学科

私立大学/神奈川・青森・東京

キタサトダイガク

海洋生命科学科

定員数:
180人

環境を守りながら海洋の生物資源の確保と利用法を探り学ぶ

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

目指せる仕事
  • 水族館スタッフ

    水族館で、水生生物や魚などの世話や観察をする

    水槽を巡回し、病気の兆候を発見したり、魚の産卵行動の異常をチェックする観察業務から、利用者のために、観覧通路や展示についてのチェック業務もある。日常の世話や飼育的な仕事は、知識や経験も必要になるので、種別ごとになったり、専属としてやる場合もある。

  • 水産技術者・研究者

    水産物資源や養殖技術の開発・研究を行い、漁業の現場支援や水産加工品などの技術開発・研究を行う。

    水産会社や養殖の現場で、水産加工品の開発や製品化のための技術研究をしたり生産管理を行ったり、水産試験場などで孵化や養殖などの新しい試みを行うのが水産技術者。一方、大学の研究室や公的な研究機関などで水産学研究を行っている人々は、さらに学術的に、水質改善のための研究を行ったり、人工飼育した際の魚の孵化から稚魚になる過程の細かいデータ収集をベースとした研究で、養殖を行う人々への基礎的な研究データを提供するなどして、間接的に水産業への貢献をしている。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • 環境アセスメント調査員

    地域開発が自然に与える影響を事前に調査する

    道路開発や、工場建設など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価する。現地の川や雑木林などの利用状況、またそこにいる生物の生息状況などを調査する。事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための提案も行う。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

初年度納入金:2018年度納入金 135万円  (分割納入の場合、前期分80万円を入学手続期間内に、後期分55万円は10/1~10/31までに納入)

学科の特長

学ぶ内容

地球環境保全と海洋生物資源利用の両立をトータルに学ぶ
海の環境保全と海洋生物資源を人間の生活に役立てる方法を研究することがテーマです。このテーマに沿って、基礎・専門知識の学習と、新しい学びの場である相模原キャンパスという環境の中で多種多様な海洋生物の実験を行い、トータルに最先端の海洋生命科学を学びます

カリキュラム

海の環境保全などを学ぶユニークなカリキュラム
環境を守りながら海洋生物資源を人間の生活に役立てる方法や考え方を学習する、私学ではまれな学部です。1年次は基礎的な科目やコンピュータを用いた情報科学などを履修します。2~3年次の2年間は海洋生物とその環境に関する学習を深め、4年次には各々の希望の研究室で卒業研究を仕上げます

先生

教授陣は未知なる海に魅せられた科学者の一群!
海洋生命科学部の教授陣は学生と一緒に日夜研究活動に取り組んでいます。世界的に高い評価を受けた先生がたくさんいることが自慢のひとつです。学会での研究報告や学術論文の発表が盛んであり、研究成果は新聞にもよく取り上げられています。国内外での幅広い研究活動の成果をもとに、丁寧な指導を行うのが特徴です

実習

さまざまな施設で共同研究・インターンシップ等の協調を進めます!
相模原キャンパスを中心として、東京大学大学院の附属実験所や横浜国立大学附属実習施設などにおいて、共同利用により臨海教育・研究を展開します

施設・設備

研究に熱中できる最新の設備
相模原キャンパスに2012年秋、1階は水槽室や標本展示エリア、2階は図書閲覧室やキャリア形成支援室、3階以上には学生実験室や研究室などを備えた5階建ての「MB号館」が完成しました

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 食品衛生管理者<国> (任用資格) 、
  • 食品衛生監視員 (任用資格) 、
  • 学芸員<国>

・修習技術者

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 98.4 %

( 就職者 123名 )

主な就職先/内定先

    魚力、中島水産、イオンリテール 、 江東微生物研究所、東京一番フーズ 、 林養魚場、弓ケ浜水産 、 日本郵便(日本郵政グループ)、ANAエアポートサービス 、 Meiji Seikaファルマ、キッコーマンソイフーズ 、 タマノイ酢、フィード・ワン、マリンフーズ 、 旭化成、くらコーポレーション、大都魚類 、 京都水族館<オリックス不動産> 、 伊豆三津シーパラダイス<伊豆箱根企業> 、 公務員(警視庁・消防局・東京都職員) ほか

※ 2017年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒252-0373 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
入学センター TEL 042-778-9760

所在地 アクセス 地図・路線案内
相模原キャンパス : 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
(1年次)
「相模大野」駅から北口1番乗場発バス 25分 北里大学病院・北里大学下車
「相模原」駅から南口2番乗場発バス 25分 北里大学病院・北里大学下車

地図

 

路線案内


北里大学(私立大学/神奈川・青森・東京)