• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 宮崎学園短期大学

私立短期大学/宮崎

ミヤザキガクエンタンキダイガク

実習や参加型学習で社会に出てすぐ通用する「仕事のプロ」を育成する男女共学短期大学

豊富な実習と参加型学習によって、福祉の心を持つ保育者、教養と実務能力を兼ね備えた社会人を育んでいきます。

宮崎学園短期大学の特長

学校の特長1

建学の精神「礼節・勤労」を大切にした学風は、社会に踏み出す元気を育てます。

人と人とがつながる上で不可欠なのが礼儀と節度、まずはさわやかな挨拶からコミュニケーションを学びます。相手に配慮した言葉遣い、思いやりを身につけると、社会に出て行く自信につながっていきます。勤労は他に貢献する喜び、社会に貢献する喜びです。体験型授業や実習を通して自分を成長させ、責任を担える人材になっていきます。卒業後に卒業生たちが口を揃えて「自分に役立った」と言います。

学校の特長2

半世紀の歴史が送り出した卒業生は1万9千人以上、地元に信頼されています。

本学は地域密着型短大として発展し、地元の保育園、幼稚園、学校、企業等で卒業生が活躍しています。そうした卒業生の活躍が地元の信頼を築いてきました。1998年からは教職員の「日本一の地方短大」を目指した全学的FD活動が始まり、文部科学省からは「優れた取組」として3度も選定され、全国からも注目を浴びるようになりました。

学校の特長3

伝統と実績が求人を呼びます。学生一人ひとりの強みを育て就職率100%を目指します。

就職に強い資格や免許の取得に力を入れるとともに、教職員は学生一人ひとりを大切に、その成長を見守り、丁寧にアドバイスしていきます。就職率100%を目指すことはもちろん、「本学に入学して良かった」「2年間の自分の成長がうれしい」「学友をはじめ、先生、事務のかたとの出会いに感謝」そんな卒業を迎えることを目指して教職員は頑張っています。卒業時の学校満足度は平均約85.9%(2016年3月卒業生・回答者285名)です。

右へ
左へ
学校の特長1

建学の精神「礼節・勤労」を大切にした学風は、社会に踏み出す元気を育てます。

人と人とがつながる上で不可欠なのが礼儀と節度、まずはさわやかな挨拶からコミュニケーションを学びます。相手に配慮した言葉遣い、思いやりを身につけると、社会に出て行く自信につながっていきます。勤労は他に貢献する喜び、社会に貢献する喜びです。体験型授業や実習を通して自分を成長させ、責任を担える人材になっていきます。卒業後に卒業生たちが口を揃えて「自分に役立った」と言います。

学校の特長2

半世紀の歴史が送り出した卒業生は1万9千人以上、地元に信頼されています。

本学は地域密着型短大として発展し、地元の保育園、幼稚園、学校、企業等で卒業生が活躍しています。そうした卒業生の活躍が地元の信頼を築いてきました。1998年からは教職員の「日本一の地方短大」を目指した全学的FD活動が始まり、文部科学省からは「優れた取組」として3度も選定され、全国からも注目を浴びるようになりました。

学校の特長3

伝統と実績が求人を呼びます。学生一人ひとりの強みを育て就職率100%を目指します。

就職に強い資格や免許の取得に力を入れるとともに、教職員は学生一人ひとりを大切に、その成長を見守り、丁寧にアドバイスしていきます。就職率100%を目指すことはもちろん、「本学に入学して良かった」「2年間の自分の成長がうれしい」「学友をはじめ、先生、事務のかたとの出会いに感謝」そんな卒業を迎えることを目指して教職員は頑張っています。卒業時の学校満足度は平均約85.9%(2016年3月卒業生・回答者285名)です。

右へ
左へ
学校の特長1

建学の精神「礼節・勤労」を大切にした学風は、社会に踏み出す元気を育てます。

人と人とがつながる上で不可欠なのが礼儀と節度、まずはさわやかな挨拶からコミュニケーションを学びます。相手に配慮した言葉遣い、思いやりを身につけると、社会に出て行く自信につながっていきます。勤労は他に貢献する喜び、社会に貢献する喜びです。体験型授業や実習を通して自分を成長させ、責任を担える人材になっていきます。卒業後に卒業生たちが口を揃えて「自分に役立った」と言います。

学校の特長2

半世紀の歴史が送り出した卒業生は1万9千人以上、地元に信頼されています。

本学は地域密着型短大として発展し、地元の保育園、幼稚園、学校、企業等で卒業生が活躍しています。そうした卒業生の活躍が地元の信頼を築いてきました。1998年からは教職員の「日本一の地方短大」を目指した全学的FD活動が始まり、文部科学省からは「優れた取組」として3度も選定され、全国からも注目を浴びるようになりました。

学校の特長3

伝統と実績が求人を呼びます。学生一人ひとりの強みを育て就職率100%を目指します。

就職に強い資格や免許の取得に力を入れるとともに、教職員は学生一人ひとりを大切に、その成長を見守り、丁寧にアドバイスしていきます。就職率100%を目指すことはもちろん、「本学に入学して良かった」「2年間の自分の成長がうれしい」「学友をはじめ、先生、事務のかたとの出会いに感謝」そんな卒業を迎えることを目指して教職員は頑張っています。卒業時の学校満足度は平均約85.9%(2016年3月卒業生・回答者285名)です。

右へ
左へ

宮崎学園短期大学からのメッセージ

宮崎県内就職・進学体験フェアに出展いたします!

日時:平成29年12月19日(火) 10:00~16:00

場所:シーガイアコンベンションセンター サミットホール


県内の高校1年生および保護者の方が対象です。
保育科・現代ビジネス科が出展いたします。この機会に大学の学びを体験してみてはいかがでしょうか。
皆様のお越しをお待ちしております。

(11/16更新)

宮崎学園短期大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

銀行員

佐田 彩夏さん

お客様に頼りにしていただける銀行員が目標。しっかりと信頼関係を築いていきたい!

他の卒業生一覧を見る

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】 ■保育科/109万9980円 ■現代ビジネス科/108万3880円 ※入学金 20万円、授業料 54万円、施設費 23万円、図書費 1万円、実験実習費 4万8000円、その他諸費、委託徴収金を含む ※保育科は 1万5000円のピアノ実習費を含む (年2回に分納)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数291名
就職希望者数248名
就職者数243名
就職率98.0%(就職者数/就職希望者数)
進学者数37名

就職支援

キャリア支援カリキュラムと充実した就職支援体制が高い就職率を強力サポート!

現代ビジネス科では1年次から必修科目キャリアガイダンスを1年間実施。学生ごとに明確なキャリア形成と社会人となる自信獲得を支援します。クラス主任・就職指導課・担当教員・卒業生が一丸となって、志望分野別の集中講義、特別講座、試験後指導等、学生の希望と適性に合う個別指導・支援を行います。ほかにも一般企業向け就職模試・公務員模試・保育士模試・幼稚園教諭登録模試と多岐にわたる課外講座・模試を無料で実施。就職活動に意欲的な学生が多数受験し、それぞれの採用試験突破に向けた実力養成に励んでいます。企業情報から過去3年間の求人票や先輩の就職活動体験記等、資料が充実。実りある就職活動を制度と資料の両面から支えます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報部

〒889-1605 宮崎県宮崎市清武町加納丙1415番地
TEL:0120-310-796 (フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮崎県宮崎市清武町加納丙1415番地 「清武」駅から徒歩 15分
「宮崎」駅からバス 学園短大 国際大前下車 約30分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年11月17日 15:16 BLOG

    下に要素を追加

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/891

  • 2017年11月15日 12:17 BLOG

    保育科1年生が製作した手作りおもちゃを展示しています。 場所は宮崎学園図書館1F西側です。 今週はBクラスの展示です。   1 2 3 4 5 6   この他にも多数展示しています。 学生たちの幼児の発育を願う優しい気持ちがいっぱい詰まった手作りおもちゃ。是非ご覧ください。

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/890

  • 2017年11月10日 09:18 BLOG

     10月11日に宮崎大学において行われた、宮崎県中小企業家同友会主宰「第26回みやざき中小企業経営フォーラム」に、現代ビジネス科の1年生が参加しました。  地域の大学生、短大生、専門学校生の若者たちと中小企業家の方たちが「宮崎をもっとよくするためにはどうすればいいのか」について、真剣に意見の交換をしました。現代ビジネス科の学生達も、緊張しながらも笑顔で、自分の意見を参加者に伝えようと頑張りました。    グループ討議では、企業家の方たちの「人を育てる」という熱意に触れ、就職先として中小企業を選ぶという選択肢を考えた学生もいたようでした。また、人生の先輩として助言をしてくださる場面もあり、学内での学び以上に学生達の得たものは大きいようでした。   帰りのバス車中では緊張もとれ、笑顔溢れる学生の表情が印象的でした。   学生の感想より <ビジネスコース1年> 西本瑠美華 (宮崎学園高等学校出身)  今回、このような貴重な経験をさせていただきとても勉強になりました。普段あまり話を聞けない経営者の方の話を聞くことができ、また、自分の意見を言う場面がたくさんあり、しっかりと自分の意見を伝えることができました。また同じような機会があればぜひ参加したいと思いました。 米田 有希 (高鍋高等学校出身)  今回の体験で、企業の方々や他の大学の方の意見を聞いて、自身の中小企業への見方が変わったように感じました。とても良い体験になりました。 吉野 友菜 (宮崎学園高等学校出身)  普段は、企業の経営者の方とお話する機会がないので貴重な体験ができました。経営者の方の考え、他の大学生の考えを知ることができ、また、自分の考えも伝えることができました。これからの就職活動に活かせるものばかりだったので、また機会があれば参加したいです。 <医療事務・医療秘書コース1年> 堰口 葵衣 (延岡商業高等学校出身)  普段話す機会の少ない経営者の方々や学生との討論会を通して、視点の違いや価値観の違いがあることを感じました。また、お互いの気付きを得ることができたので良かったです。この討論会で学んだことや意見を将来に活かしていきたいと思います。 谷口 りか子 (宮崎西高等学校出身)  今回、討論会に参加して他の大学の人や経営者の方の考え方や価値観を知ることができて自分にプラスになる経験でした。今まで、企業のことを知らないままでしたが、自分から情報を得にいく事がとても大切だと思いました。 川上 留奈 (妻高等学校出身)  私が参加して感じたことは、私たち若者たちが、宮崎をより良くするために動かなければならないということです。企業家の方たちは、様々なことに自分の意思でチャレンジし、今に至るのだと話していました。しかし、今の若者たちは、誰かに指示されたことはできるが、自ら行動することができない人が多いように感じます。だから、私たち自身がもっと自分の未来に対して好奇心を持ち、宮崎をより良くするための考えや精神を持つことが必要だと感じました。

    http://www.mwjc.ac.jp/sub_news/archives/294

  • 2017年11月09日 09:18 BLOG

     「秋の忍ヶ丘祭」が行われた10月21日(土)、学内交流センターにて『第1回保育フェスティバル』が行われました。  『保育フェスティバル』は、保育科や専攻科の学生にとって、子どもとの触れ合いからたくさんの笑顔や学びを得られるとともに、授業で学んだ専門知識を披露する機会ともなるイベントです。115名のお客様にご来場いただき、多くの子どもたちと楽しい時間を過ごすことができました。 【参加した保育科2年生の感想です】  当日は雨でしたが、思っていたよりもたくさんの子ども達が来てくれたので嬉しかったです。活動の間に時間があると子ども達もとまどってしまうことがあることを学び、活動を行う時にはスムーズに出来るようにするのが大事であると思いました。また、その為には、事前準備を念入りにするとともに、子どもの動きを予想しながら計画をしていくことが必要だと気づきました。  保育実習と少し違う雰囲気の中で行う保育は、準備など大変でしたが、とても楽しく良い経験ができたと思います。反省としては、保護者の方も笑顔で最後まで楽しめるものがあるともっと良かったのではないかと思います。次の保育フェスティバルは1年生が中心ですが、お互い支え合いながら協力し、その場にいる全員が楽しめるようにしたいです。 杉野汐里(延岡商業高等学校出身)  たくさんの保護者、子どもさんが来てくださいました。私は進行をつとめました。とても緊張したけど笑顔でできたと思います。行いたい内容は全てできましたが、終わる時間が早すぎて、自由時間が多めになってしまったのが反省です。もっと活動を増やしておけばよかったと思います。次回の宮交シティでの保育フェスティバルも頑張りたいです。 西田朱里(日章学園高等学校)     今回初めて保育フェスティバルに参加してみて、とても楽しく勉強になりました。普段、保護者の方と関わる機会がないので、保育フェスティバルの中で、お子様のことや子育てのことについて話をさせていただき、大変勉強になりました。また、0,1歳児の子どもたちと接してみて発達段階について知ることができ、大変有意義な経験となりました。 平岡麻衣(高鍋高等学校)     次回の『第2回保育フェスティバル』は12月17日(日)10:00~15:00に、 宮交シティ紫陽花ホールにて開催いたします。入場料は無料で、参加の申込は不要です。皆様のご来場をお持ちいたしております。

    http://www.mwjc.ac.jp/sub_news/archives/293

  • 2017年11月09日 09:18 BLOG

    保育科1年生が製作した手作りおもちゃを展示しています。 場所は宮崎学園図書館1F西側です。 今週はAクラスの展示です。   1 2 3 4 5 クラス毎の展示を週替わりで行いますので、是非ご覧ください。

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/889

宮崎学園短期大学(私立短期大学/宮崎)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    航空・金融・医療分野での高い就職実績を誇ります!

  • Photo

    地域に根ざし、教職員と学生の距離が近く、コミュニケーションをとりながら楽しく学ぶ

  • Photo

    2学科6コースの多彩な専門分野と実践的な学びで、新しい未来を創造!

  • Photo

    キリスト教精神に基づいた教育で、生きるための広い視点と社会に有用なる人材を育成。

  • Photo

    各種資格・免許を取得し、共同体で生きていくための社会的スキルも身につけます

  • Photo

    “自ら考え、学び、行動する”生きるチカラや心を学び、社会の幅広い分野で役立つ人に

  • Photo

    医療・福祉・保育の専門職を目指す、あなたへ。35年の信頼と実績

  • Photo

    「英語での授業と海外研修で真の国際人」と「子どもの成長を育む先生」を養成

  • Photo

    教育の枠を超え、人と人が繋がる場所。スキルを磨き、現代社会で活躍する人材になる!

  • Photo

    本学独自の実践的プログラムを通し、あなたの『学ぶ力』を引き出します。

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる