• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 宮崎学園短期大学

私立短期大学/宮崎

ミヤザキガクエンタンキダイガク

実習や参加型学習で社会に出てすぐ通用する「仕事のプロ」を育成する男女共学短期大学

豊富な実習と参加型学習によって、福祉の心を持つ保育者、教養と実務能力を兼ね備えた社会人を育んでいきます。

宮崎学園短期大学の特長

学校の特長1

建学の精神「礼節・勤労」を大切にした学風は、社会に踏み出す元気を育てます。

人と人とがつながる上で不可欠なのが礼儀と節度、まずはさわやかな挨拶からコミュニケーションを学びます。相手に配慮した言葉遣い、思いやりを身につけると、社会に出て行く自信につながっていきます。勤労は他に貢献する喜び、社会に貢献する喜びです。体験型授業や実習を通して自分を成長させ、責任を担える人材になっていきます。卒業後に卒業生たちが口を揃えて「自分に役立った」と言います。

学校の特長2

半世紀の歴史が送り出した卒業生は1万9千人以上、地元に信頼されています。

本学は地域密着型短大として発展し、地元の保育園、幼稚園、学校、企業等で卒業生が活躍しています。そうした卒業生の活躍が地元の信頼を築いてきました。1998年からは教職員の「日本一の地方短大」を目指した全学的FD活動が始まり、文部科学省からは「優れた取組」として3度も選定され、全国からも注目を浴びるようになりました。

学校の特長3

伝統と実績が求人を呼びます。学生一人ひとりの強みを育て就職率100%を目指します。

就職に強い資格や免許の取得に力を入れるとともに、教職員は学生一人ひとりを大切に、その成長を見守り、丁寧にアドバイスしていきます。就職率100%を目指すことはもちろん、「本学に入学して良かった」「2年間の自分の成長がうれしい」「学友をはじめ、先生、事務のかたとの出会いに感謝」そんな卒業を迎えることを目指して教職員は頑張っています。卒業時の学校満足度は平均約85.9%(2016年3月卒業生・回答者285名)です。

右へ
左へ
学校の特長1

建学の精神「礼節・勤労」を大切にした学風は、社会に踏み出す元気を育てます。

人と人とがつながる上で不可欠なのが礼儀と節度、まずはさわやかな挨拶からコミュニケーションを学びます。相手に配慮した言葉遣い、思いやりを身につけると、社会に出て行く自信につながっていきます。勤労は他に貢献する喜び、社会に貢献する喜びです。体験型授業や実習を通して自分を成長させ、責任を担える人材になっていきます。卒業後に卒業生たちが口を揃えて「自分に役立った」と言います。

学校の特長2

半世紀の歴史が送り出した卒業生は1万9千人以上、地元に信頼されています。

本学は地域密着型短大として発展し、地元の保育園、幼稚園、学校、企業等で卒業生が活躍しています。そうした卒業生の活躍が地元の信頼を築いてきました。1998年からは教職員の「日本一の地方短大」を目指した全学的FD活動が始まり、文部科学省からは「優れた取組」として3度も選定され、全国からも注目を浴びるようになりました。

学校の特長3

伝統と実績が求人を呼びます。学生一人ひとりの強みを育て就職率100%を目指します。

就職に強い資格や免許の取得に力を入れるとともに、教職員は学生一人ひとりを大切に、その成長を見守り、丁寧にアドバイスしていきます。就職率100%を目指すことはもちろん、「本学に入学して良かった」「2年間の自分の成長がうれしい」「学友をはじめ、先生、事務のかたとの出会いに感謝」そんな卒業を迎えることを目指して教職員は頑張っています。卒業時の学校満足度は平均約85.9%(2016年3月卒業生・回答者285名)です。

右へ
左へ
学校の特長1

建学の精神「礼節・勤労」を大切にした学風は、社会に踏み出す元気を育てます。

人と人とがつながる上で不可欠なのが礼儀と節度、まずはさわやかな挨拶からコミュニケーションを学びます。相手に配慮した言葉遣い、思いやりを身につけると、社会に出て行く自信につながっていきます。勤労は他に貢献する喜び、社会に貢献する喜びです。体験型授業や実習を通して自分を成長させ、責任を担える人材になっていきます。卒業後に卒業生たちが口を揃えて「自分に役立った」と言います。

学校の特長2

半世紀の歴史が送り出した卒業生は1万9千人以上、地元に信頼されています。

本学は地域密着型短大として発展し、地元の保育園、幼稚園、学校、企業等で卒業生が活躍しています。そうした卒業生の活躍が地元の信頼を築いてきました。1998年からは教職員の「日本一の地方短大」を目指した全学的FD活動が始まり、文部科学省からは「優れた取組」として3度も選定され、全国からも注目を浴びるようになりました。

学校の特長3

伝統と実績が求人を呼びます。学生一人ひとりの強みを育て就職率100%を目指します。

就職に強い資格や免許の取得に力を入れるとともに、教職員は学生一人ひとりを大切に、その成長を見守り、丁寧にアドバイスしていきます。就職率100%を目指すことはもちろん、「本学に入学して良かった」「2年間の自分の成長がうれしい」「学友をはじめ、先生、事務のかたとの出会いに感謝」そんな卒業を迎えることを目指して教職員は頑張っています。卒業時の学校満足度は平均約85.9%(2016年3月卒業生・回答者285名)です。

右へ
左へ

宮崎学園短期大学からのメッセージ

入試相談会のお知らせ

下記の日程で入試相談会を開催いたします。
6月17日(土)13:00~16:00 本学、小林市中央公民館、日南テクノセンター
6月18日(日)10:00~13:00 延岡市社会教育センター、都城市コミュニティセンター
6月24日(土)10:00~13:00 宮崎大学まちなかキャンパス、日向市文化交流センター
7月9日 (日)・8月6日(日) 10:00~12:00 本学(オープンキャンパス)
各会場では随時説明を行っています。

(4/12更新)

宮崎学園短期大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

幼稚園教諭

入佐 ひかりさん

昨日できなかったことが、今日はできるように。子どもたちの日々の成長がうれしい!

他の卒業生一覧を見る

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】 ■保育科/109万9980円 ■現代ビジネス科/108万3880円 ※入学金 20万円、授業料 54万円、施設費 23万円、図書費 1万円、実験実習費 4万8000円、その他諸費、委託徴収金を含む ※保育科は 1万5000円のピアノ実習費を含む (年2回に分納)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数291名
就職希望者数248名
就職者数243名
就職率98.0%(就職者数/就職希望者数)
進学者数37名

就職支援

キャリア支援カリキュラムと充実した就職支援体制が高い就職率を強力サポート!

現代ビジネス科では1年次から必修科目キャリアガイダンスを1年間実施。学生ごとに明確なキャリア形成と社会人となる自信獲得を支援します。クラス主任・就職指導課・担当教員・卒業生が一丸となって、志望分野別の集中講義、特別講座、試験後指導等、学生の希望と適性に合う個別指導・支援を行います。ほかにも一般企業向け就職模試・公務員模試・保育士模試・幼稚園教諭登録模試と多岐にわたる課外講座・模試を無料で実施。就職活動に意欲的な学生が多数受験し、それぞれの採用試験突破に向けた実力養成に励んでいます。企業情報から過去3年間の求人票や先輩の就職活動体験記等、資料が充実。実りある就職活動を制度と資料の両面から支えます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報部

〒889-1605 宮崎県宮崎市清武町加納丙1415番地
TEL:0120-310-796 (フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮崎県宮崎市清武町加納丙1415番地 「清武」駅から徒歩 15分
「宮崎」駅からバス 学園短大 国際大前下車 約30分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年10月17日 12:00

    下に要素を追加

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/882

  • 2017年10月16日 08:42

    平成29年10月12日、本学は開学52周年、本学の母体である学校法人宮崎学園は創立78周年を迎えました。   この日は学園傘下の各教育機関では夫々に記念式典が行われました。   本学は新館大講義室で式典を行い、その他の各部屋では、モニターを通じて式典の模様を視聴しました。   「建学の精神を受け継ぐ」というタイトルで、宗和学長の講話。   宗和学長の講話に続いて、学友会会長の柴春菜さんのあいさつ。   式典の最後は校歌の斉唱。学生の伸びやかな歌声が聞かれました。   続いての記念講演はUMKテレビ宮崎アナウンサー 高橋巨典氏をお迎えして行いました。   高橋氏はこれまでのご自身の経験を語り、未来を担う学生たちに「本来の日本語を大切にし、自らの生き方に誇りをもち、社会のために貢献できる人になってほしい。」と自らの願いを語られました。   また、高橋氏が各地で行っている絵本の読み聞かせも披露していただき、相手に気持ちを伝える努力が大切だと教えていただきました。   終始軽妙なトークで学生たちの笑顔が絶えませんでした。   最後に、学友会副会長の小玉七夏海さんから高橋氏へ、お礼のことばと花束を贈呈しました。 貴重な講演をありがとうございました。   宗和学長とのツーショット    

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/881

  • 2017年10月06日 17:10

    下に要素を追加

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/880

  • 2017年10月05日 13:46

    「2017年度第1回宮短フォト575コンテスト」を開催しました。 このコンテストは保育科2年生対象科目の「視聴覚教育」で行っているフォト575 (自ら撮影した写真をパソコンに取り込み、その写真に川柳(575)を加えて作品を制作) を本学関係者を対象として作品を募集したものです。 今回も多くの応募があり、3つのお題の写真にそれぞれ大賞1名、優秀賞1名、優良賞3名を選考し、表彰式を行いました。 大賞と優秀賞受賞者は宗和学長より表彰状と景品を授与されました。   「みなさんの爽やかでユーモアのあるフォト575、本学の新しい文化が誕生したことを実感いたしました。この活動をさらに発展させ、本学の魅力を発信できたらと思います。これからもみなさんの気持ちをフォト575に乗せて、学内外に発信していきましょう。」と宗和学長から励ましの言葉がありました。   それでは、応募総数447点から選りすぐられた受賞作品をご覧ください。     大賞       無理だから UFO呼ぶとか ムリだから (保育科1年 田中 南)   優秀賞         今いびつ 卒業するとき 一等星 (保育科2年 森田 明日香)   優良賞      透き通る 空に輝け みんなの夢 (保育科2年 石﨑 菜穂)   青空に 夏の思い出 五つ星 (保育科1年 入佐 佳小里)   独り身も 周りをみれば 友がいる (保育科2年 上村 七海)       大賞       海越えて 山を越えると 日南よ (保育科2年 中村 千隼)   優秀賞         透き通る 雲を眺めて 深呼吸 (保育科2年 信國 百理)   優良賞      3時電 乗るはずだった あの電車 (保育科2年 原田 由羽奈)   青い空 君もどこかで 見てるかな (保育科2年 善倉 綾菜)   恋人いない 俺の気持ちも ガタンゴトン (保育科2年 渡邊 祥樹)       大賞       楽しさは あっという間に とけてゆく (保育科2年 小玉 七夏海)   優秀賞         カキゴオリ 一気早食い コオリゴリ (保育科1年 丸山 彩花)   優良賞      かき氷 撮るだけなのに 美肌加工 (保育科2年 杉田 里絵)   それ頂戴 食べ比べても 同じ味 (保育科1年 藤澤 里沙)   こんにちは 黄色いあなたに 一目惚れ (保育科2年 黒木 彩夏)   いかがでしょうか。お気に入りの作品はありましたでしょうか。 第2回も開催予定ですので、どうぞお楽しみに!

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/879

  • 2017年09月25日 11:26

    親子あそびを楽しむ中で子どもとの関わり方や子育てへの理解を深めるとともに、保護者同士交流していただくことを目的として毎年実施している子育て支援セミナー、今年も9月21日(木)・22日(金)の2日間に亘って開催しました。 会場は本学新館23教室「音楽表現室」。   両日ともに三宅浩子教授(中央)と後藤祐子准教授(左)が音楽とあそびを担当しました。   まずはみなさんにご挨拶。みんな人形に興味津々。   お母さんといっしょに身体を動かします。   紙芝居がはじまるよ~!   オーガンジーとシャボン玉に大喜び!   学生によるパネルシアター「ひよこちゃんのこんなんなっちゃった」   学生といっしょに楽器で遊びます。友達になれたかな?   今年も沢山のお母さん、お子さんと触れあうことができました。 学生ボランティアにとっても学び多い2日間だったと思います。 ★★参加者の皆さんの感想をご紹介します。★★ ・おもちゃや音楽あそびにたくさん興味を示してくれて、笑顔がたくさんだったので、参加して良かった。 ・たくさんのママさんと交流できたり、普段遊べないおもちゃや遊び方を教えて頂いて良かった。 ・楽しかった。学生の皆さんもニコニコ対応も良く、雰囲気も良かった。 ・色々やってもらって楽しかった。一つ一つの時間がもう少し長くても良かった。 ・楽器を効果的に使われていて、家ではできない体験がたくさんできた。手作りのおもちゃもたくさんあって、すごくよかった。 ・バルーンにとびつくようにハイハイする娘をみて、こんな一面があるんだと新たなことが分かり楽しかった。また参加したいと思った。 ・途中で寝てしまったのがもったいないくらい楽しい内容だった。楽器と紙芝居を合わせていたのが面白かった。 ・参加してよかった。先生に個人的に相談もできてよかった。 ・学生さん、先生、スタッフみなさんのお陰で、安心して楽しめた。安全な場所でおもいきり体を動かせた娘も大満足の様子だった。 ・たくさんのお友達と一緒に遊びやお芝居が見られて楽しかった。 ・音や歌遊びに楽しそうにしてくれてよかった。子育てするママさん達とお話しできて楽しかった。 ★★★ 参加して下さった皆さん、ありがとうございました!★★★ ★★★ 10/21、12/17の保育フェスティバルにも是非ご参加ください!★★★

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/878

宮崎学園短期大学(私立短期大学/宮崎)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    航空・金融・医療分野での高い就職実績を誇ります!

  • Photo

    地域に根ざし、教職員と学生の距離が近く、コミュニケーションをとりながら楽しく学ぶ

  • Photo

    2学科6コースの多彩な専門分野と実践的な学びで、新しい未来を創造!

  • Photo

    キリスト教精神に基づいた教育で、生きるための広い視点と社会に有用なる人材を育成。

  • Photo

    各種資格・免許を取得し、共同体で生きていくための社会的スキルも身につけます

  • Photo

    “自ら考え、学び、行動する”生きるチカラや心を学び、社会の幅広い分野で役立つ人に

  • Photo

    医療・福祉・保育の専門職を目指す、あなたへ。35年の信頼と実績

  • Photo

    「英語での授業と海外研修で真の国際人」と「子どもの成長を育む先生」を養成

  • Photo

    教育の枠を超え、人と人が繋がる場所。スキルを磨き、現代社会で活躍する人材になる!

  • Photo

    本学独自の実践的プログラムを通し、あなたの『学ぶ力』を引き出します。

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる