• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 上野学園大学短期大学部
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音楽科

私立短期大学/東京

ウエノガクエンダイガクタンキダイガクブ

音楽科

定員数:
50人

音楽が好きという気持ちを大切にして、学生それぞれの個性や技術水準に応じた親身な指導を行っています

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • ピアニスト

    表現力豊かに演奏して聴衆に感動を与える

    鍵盤楽器のひとつであるピアノの演奏家。高度な演奏技術に加えて、音楽理論の理解も求められるため、幼少期から個人レッスンを受けていた人が多いようです。クラシックのほか、ジャズやロック、ポップス、イージーリスニングなどのジャンルでも多くのピアニストが活躍しています。また、ピアノ教室や大学、専門学校などで生徒を指導しながら、演奏会などに出演するピアニストもいます。曲の理解力や表現力を高めて有名コンクールなどで優勝し、卓越したテクニックと豊かな表現力が認められると、クラシック曲を中心に演奏するピアニストとして活躍できる道が開けるでしょう。

  • ブライダルプレイヤー

    結婚式を演奏で盛り上げる

    結婚式でピアノ、電子オルガンなどの楽器演奏をする。入場、退場やケーキ入刀、花束贈呈など式の進行に合わせたBGM以外に、出席者の披露する出し物の伴奏なども担当。演奏技術はもちろん幅広いレパートリーとアレンジ力、その場の雰囲気に応じて臨機応変に対処するサービス精神が必要だ。

  • トランペッター

    ジャズにポップスにクラシックに、さまざまなジャンルで活躍するトランペット奏者

    ジャズバンドのメンバーになる、オーケストラの団員になる、フリーのトランペッターとしてさまざまな楽団で客演する、ソリストになる、スタジオミュージシャンになる…演奏家としてのスタイルはさまざま。いずれも実力がすべての狭き門。音楽教師などを並行して行い生計を立てているケースも多い。

  • サックスプレイヤー

    ジャズやポップスの世界でバンドメンバーとして、ソリストとしてサックスを演奏

    主にジャズやポップス界で活躍。ソリストとして有名なプレイヤーになる以外にも、バンドのメンバーとして、スタジオミュージシャンとしての働き方がある。

  • パーカッショニスト

    さまざまな打楽器をレパートリーに、広い音楽ジャンルで活躍

    ティンパニーなどの打楽器のほかに、和太鼓やラテン系民族楽器からマリンバまで、打楽器奏者として多彩に操る。

  • 楽器演奏者

    楽器の高い演奏技術をもち、音楽を創り上げる

    コンサートや楽曲のレコーディングの際に、楽器を演奏する。ジャンルはクラシック音楽やジャズ、ロックなどさまざま。ソロで演奏したり、バンドやオーケストラのメンバーや、レコーディングスタジオのミュージシャンとなって楽器を演奏する。楽器演奏の技術に加え、その楽器をよい音色で奏でるための理論と、楽曲に関する幅広い知識をあわせ持てば、音楽学校の講師として働く道もある。

  • 楽器インストラクター

    専門の楽器について、演奏技術を教える

    ポピュラーやジャズ、クラシックなどさまざまな教室があるが、初心者からプロ志向の人向きまでそれぞれのレベルに応じた指導をする仕事。これらの教室は、従来の基礎から入る指導から、個人の希望を取り入れる方向に変わってきている。そこで生徒の希望を取り入れつつ、専門的な知識と技術を教えなければならない。

  • 音楽教師

    音楽に親しむ喜びを教え、豊かな心を育てる

    児童・生徒に歌うこと、楽器を弾くこと、名曲を聴くことなどを通して、音楽に親しむ喜びを教える。学校教師の場合、音楽の時間だけでなく地域との交流、合唱の発表会、クラブ活動などで果たす役割も大きい。また個人で教室を開く場合もある。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 音楽療法士

    音楽の力で、患者さんの身体と心を元気に!心身の障がいの回復、生活の質の向上をサポート

    音楽を“リハビリテーション”の一環ととらえ、病気や障がいをもつ人や、高齢者に対して、音楽を「聴く」または「奏でる」などのプログラムを実施。音楽の力を活用し、不安やうつ状態を和らげたり、認知・運動機能の維持・改善をサポートしたり、人間関係を築いたりと、誰もが社会で生き生きと暮らすための手助けをするのが、音楽療法士の役割です。国家資格はありませんが、専門性の高い仕事になるため、音楽療法士として働くには、日本音楽療法学会など民間団体の認定資格を目指すのが一般的です。この認定資格は、高校卒業後、学会の認定校を卒業することで、「学会認定音楽療法士(補)資格審査(筆記試験)」の受験資格を得ることができます。その後、「学会認定音楽療法士資格審査(面接試験)」を受験し、合格すると、「学会認定音楽療法士」として認められます。音楽療法士が働く場所は、病院・リハビリテーションセンター・高齢者福祉施設・障がい者福祉施設・特別支援学校などさまざま。心の病、認知症、発達障がいなどが社会的に大きくクローズアップされるなかで、音楽療法士のニーズは年々高まりを見せており、特に福祉分野、療育分野でのさらなる活躍が期待されています。

初年度納入金:2018年度納入金(参考) 165万7600円 

学科の特長

学ぶ内容

個性と可能性を引き出す週50分の個人レッスンと、AO入学生向けの補習授業「基礎和声」を開講
学生全員に毎週50分間の個人レッスンを実施。学生の個性に合わせた課題の設定を可能にし、学習の進度をより確かなものとしています。AO入試で入学した学生を対象に補習授業「基礎和声」を開講。「和声法」や「ソルフェージュ」、「楽曲分析」など、短大の正規の授業に必要な音楽理論の基礎をしっかりと学ぶための授業です。

先生

世界で活躍する先生による、充実の週50分の個人レッスン
世界に通用する演奏家をめざして、世界で活躍する先生による個人レッスンが行われています。【教員】ピアノ:藤井孝子、フルート:飯島和久、声楽:細谷美直、音楽基礎科目:三宅康弘などを迎えています。

卒業後

音楽関連をはじめ、幅広い分野で活躍。進学する学生もいます
主な就職先としては音楽教室講師をはじめ、一般企業で活躍している卒業生も多くいます。また卒業後、進学する学生もおり、様々です。

制度

長期履修学生制度
職業をもっているなどの事情により標準修業年限(2年間)を超えて、3年間で計画的に教育課程を履修し修了できる制度を2015年度より導入。週3日程度の通学で短大を卒業でき、通常は2年で納める費用を3年かけて納めるので、年単位での経済的な負担も軽減できます。出願時に申請すれば、どの入試方式でも利用可能。

募集学科・コース

  • ピアノ専門

  • 器楽専門

  • 声楽専門

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【音楽】<国> (2種) 、
  • 音楽療法士 (2種<全国音楽療法士養成協議会認定資格>)

目標とする資格

    ヤマハ音楽能力検定ピアノ演奏グレード(4級・5級)
    カワイピアノグレードテスト演奏グレード(5級・6級)

就職率・卒業後の進路 

大学や専攻科への進学、海外留学、音楽教室の講師、楽器店、音楽関連業界および一般企業への就職

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒110-8642 東京都台東区東上野4-24-12
TEL 0120-186-234(入試広報部)

所在地 アクセス 地図・路線案内
上野キャンパス : 東京都台東区東上野4-24-12 「上野」駅からJR入谷改札口を出て徒歩 8分
「上野」駅から東京メトロ改札口を出て徒歩8分
「京成上野」駅から徒歩 10分
つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内


上野学園大学短期大学部(私立短期大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る