• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛媛
  • 河原電子ビジネス専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ITイノベーション科(4年制)

愛媛県認可/専修学校/愛媛

カワハラデンシビジネスセンモンガッコウ

ITイノベーション科(4年制)(2020年4月設置予定(認可申請中))

定員数:
30人

IT専門技術に加え、産業界やマーケティングにも対応できる幅広い能力を備えたスーパーエンジニアを育成

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • システムアナリスト

    効率アップのためのシステムを企画

    事務処理のスピードアップや、無駄のない生産体制を作るため、コンピュータによる情報活用が進んでいる。そうしたコンピュータシステムの導入や改善のため、現場を調査し、問題点を見つけ、どんなシステムを作ればいいか決めるのがシステムアナリストだ。この計画をもとに中・長期の情報戦略を立て、期待される効果も算出する。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • アプリケーションエンジニア

    企業の情報システムを構成する個別システムの設計・開発を担当

    コンサルティング会社やシステム開発を行うIT系企業が、顧客(企業)に対して新たな情報システムを提案する際、システム全体の大まかな企画・設計はシステムコンサルタントやシステムアナリストが担当する。ただし、企業の情報システムは数多くのシステムの集合体なので、個別のシステムをどう設計するかも重要。この個別のシステムの設計・開発を担当するのがアプリケーションエンジニアだ。システムの役割や目的を理解し、適切な設計をして、システムエンジニア、プログラマーなどで構成される開発チームに指示をするのが仕事。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • データサイエンティスト

    大量のデータを分析して消費者の行動パターンなどを読み取る

    例えば、顧客の購買履歴など、今、企業はマーケット分析や消費者行動などを読み取るために活用できるさまざまなデータを大量に蓄積している。「ビッグデータ」といわれるこれらの膨大で多種多様なデータを分析するのがこの仕事。どのような切り口や角度からデータを取り上げるかを考え、統計学の手法を使ってデータを分析し、事業に役立つ情報を見極めていく。数学やITなど理系の知識も非常に重要だが、同時に、分析の前提になる仮説を立てたり、分析の結果を事業に生かしたりするためには経営やマーケティングなどの知識も必要となる。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

初年度納入金:2020年度納入金(予定) 102万円  (入学金15万円、学費87万円)
年限:4年制

学科の特長

カリキュラム

ITのチカラでビジネスに革新を!
IT技術の進歩と共に、革新的なサービスが次々と創り出されています。システム開発を基盤とし、「AI」「ビッグデータ」「IoT」などのITトレンドを総合的に学習。専門技術だけでなく、実社会に直結した経営・マーケティングを新たに導入し、「ITコンサルタントでシステムエンジニア」というスーパーエンジニアを育成します。
専門学校+大学の学びを4年間で -産業能率大学併修制度-
産業能率大学との教育連携により、通信制で大学のカリキュラムを受講することが可能です。さらに、ITイノベーション科のカリキュラムが大学の単位として認められています。卒業時には4年制専門学校卒業の「高度専門士」と大学卒業の「学士」が得られ、将来のキャリア形成に大きく役立ちます。

実習

チーム開発演習で実務に即した開発技術が身につく!
システム開発の技術は、基礎知識に加え多くの開発演習を通じて身につきます。IT企業による特別授業やシステム開発案件の共同開発により、在学中に多様なシステム経験を積むことができます。学年が上がるにつれてより複雑なシステムやグループ開発ができるようになり、コミュニケーション力やチームワーク力も身につきます。

施設・設備

最新IT関連製品・ソフトウェアの開発に対応した「実習室」
スマートフォンやタブレット端末などのIT関連製品を使用するユーザーの増加に伴い、機種に応じたOS環境下で使えるソフトウェアやシステム開発ができる実習室を完備。様々な開発環境を経験することができ、即戦力としての技術を磨けます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • ネットワークスペシャリスト試験<国> 、
    • データベーススペシャリスト試験 <国> 、
    • 情報処理安全確保支援士試験<国> 、
    • XMLマスター 、
    • ORACLE MASTER 

    Oracle社 Oracle認定Javaプログラマ ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)ルーシップ、(株)ISIDインターテクノロジー 、 (株)ディ・アイ・システム、(株)ヅノー、富士ソフト(株) 、 セキ(株)、(株)明幸フォーラム、(株)アビックシステム 、 、(株)インフォコム西日本、(株)スカイネットシステム 、 (株)日本プレースメントセンター 、 (株)ヘルメスシステムズ、(株)エム・ソフト ほか

※ 内定先一覧

2019年3月卒業予定者(2018年12月時点・前身であるITエンジニア科全体の実績)※SE、プログラマほか

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒790-0014 愛媛県松山市柳井町3-3-31
TEL089-931-8555
hello@kawahara.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
河原電子ビジネス専門学校 : 愛媛県松山市柳井町3-3-31 「松山市」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内