• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 桑沢デザイン研究所

東京都認可/専修学校/東京

センモンガッコウクワサワデザインケンキュウジョ

専門学校 桑沢デザイン研究所の風景

本気で学ぶなら〈桑沢〉が良い。本質を学ぶなら〈桑沢〉が良い。

1954年日本で初めて校名に「デザイン」を冠し設立。以来60年にわたり日本の、また世界のデザイン界の一端を力強く担ってきた〈桑沢〉はデザインを「本気で学ぶなら」「本質を学ぶなら」最適な選択肢の一つです。

専門学校 桑沢デザイン研究所の特長

専門学校 桑沢デザイン研究所の特長1

デザインの本質に迫る、創造性に富んだ人材を育成します

3年制の総合デザイン科(昼間部)、2年制のデザイン専攻科(夜間部)があります。昼間部では、1年次にデザインの「基礎」を学びながら複数の分野の課題を体験し、将来の方向性を探ります。2年次からはビジュアル/プロダクト/スペース/ファッションの各専攻に分かれ専門分野における表現力と思考力を高めます。3年次は具体的なテーマに対し自力で結論を導き出す能力を育て、プロ意識を高めます。夜間部は、入学時からビジュアル/プロダクト/スペース/ファッションの各デザインコースに分かれ、「基礎」から「専門性」までを習得していきます。いずれのコースも部分的、即効的な教育では身につかないデザインの本質に迫る能力と感性を育てます。

専門学校 桑沢デザイン研究所の特長2

デザインの現場の第一線で活躍する現役のデザイナーによる、プロの視点からの指導

〈桑沢〉の講師には、日本を代表するアートディレクターの浅葉克己 所長を筆頭に、有名企業のクリエイティブディレクターや、国際芸術祭のコミッショナーを務めるデザイナーなど、様々な分野の第一線で活躍する現役デザイナーに数多く参加頂いています。デザインテクニックや発想法だけでなく、現在のデザイン業界が直面する厳しい現実や、それを乗り越えるために身につけなければならない意識についても、プロの視点からの指導をおこないます。

専門学校 桑沢デザイン研究所の特長3

最先端のデザインに囲まれた、渋谷・原宿間に位置する抜群の立地条件

楔(くさび)をモチーフにデザインされた〈桑沢〉校舎は渋谷と原宿のちょうど中間に位置し、都心にありながら閑静な神南の地において、次世代を担うデザイナー育成の場として一際存在感を発揮しています(グッドデザイン賞[建築・環境部門/建築]受賞)。コンパクトな校舎内に大型アトリエ・工作室・コンピュータ室・図書室・多目的室・学生ホール等の各種設備が配置され、学生のデザイン活動を支えます。デザインに関するセミナーやイベント、展示会も頻繁に行われ、〈桑沢〉が教育空間だけでなく、学内外に向けたデザイン情報の発信地としての性格を持つことを強く意識させてくれます。

右へ
左へ
専門学校 桑沢デザイン研究所の特長1

デザインの本質に迫る、創造性に富んだ人材を育成します

3年制の総合デザイン科(昼間部)、2年制のデザイン専攻科(夜間部)があります。昼間部では、1年次にデザインの「基礎」を学びながら複数の分野の課題を体験し、将来の方向性を探ります。2年次からはビジュアル/プロダクト/スペース/ファッションの各専攻に分かれ専門分野における表現力と思考力を高めます。3年次は具体的なテーマに対し自力で結論を導き出す能力を育て、プロ意識を高めます。夜間部は、入学時からビジュアル/プロダクト/スペース/ファッションの各デザインコースに分かれ、「基礎」から「専門性」までを習得していきます。いずれのコースも部分的、即効的な教育では身につかないデザインの本質に迫る能力と感性を育てます。

専門学校 桑沢デザイン研究所の特長2

デザインの現場の第一線で活躍する現役のデザイナーによる、プロの視点からの指導

〈桑沢〉の講師には、日本を代表するアートディレクターの浅葉克己 所長を筆頭に、有名企業のクリエイティブディレクターや、国際芸術祭のコミッショナーを務めるデザイナーなど、様々な分野の第一線で活躍する現役デザイナーに数多く参加頂いています。デザインテクニックや発想法だけでなく、現在のデザイン業界が直面する厳しい現実や、それを乗り越えるために身につけなければならない意識についても、プロの視点からの指導をおこないます。

専門学校 桑沢デザイン研究所の特長3

最先端のデザインに囲まれた、渋谷・原宿間に位置する抜群の立地条件

楔(くさび)をモチーフにデザインされた〈桑沢〉校舎は渋谷と原宿のちょうど中間に位置し、都心にありながら閑静な神南の地において、次世代を担うデザイナー育成の場として一際存在感を発揮しています(グッドデザイン賞[建築・環境部門/建築]受賞)。コンパクトな校舎内に大型アトリエ・工作室・コンピュータ室・図書室・多目的室・学生ホール等の各種設備が配置され、学生のデザイン活動を支えます。デザインに関するセミナーやイベント、展示会も頻繁に行われ、〈桑沢〉が教育空間だけでなく、学内外に向けたデザイン情報の発信地としての性格を持つことを強く意識させてくれます。

右へ
左へ
専門学校 桑沢デザイン研究所の特長1

デザインの本質に迫る、創造性に富んだ人材を育成します

3年制の総合デザイン科(昼間部)、2年制のデザイン専攻科(夜間部)があります。昼間部では、1年次にデザインの「基礎」を学びながら複数の分野の課題を体験し、将来の方向性を探ります。2年次からはビジュアル/プロダクト/スペース/ファッションの各専攻に分かれ専門分野における表現力と思考力を高めます。3年次は具体的なテーマに対し自力で結論を導き出す能力を育て、プロ意識を高めます。夜間部は、入学時からビジュアル/プロダクト/スペース/ファッションの各デザインコースに分かれ、「基礎」から「専門性」までを習得していきます。いずれのコースも部分的、即効的な教育では身につかないデザインの本質に迫る能力と感性を育てます。

専門学校 桑沢デザイン研究所の特長2

デザインの現場の第一線で活躍する現役のデザイナーによる、プロの視点からの指導

〈桑沢〉の講師には、日本を代表するアートディレクターの浅葉克己 所長を筆頭に、有名企業のクリエイティブディレクターや、国際芸術祭のコミッショナーを務めるデザイナーなど、様々な分野の第一線で活躍する現役デザイナーに数多く参加頂いています。デザインテクニックや発想法だけでなく、現在のデザイン業界が直面する厳しい現実や、それを乗り越えるために身につけなければならない意識についても、プロの視点からの指導をおこないます。

専門学校 桑沢デザイン研究所の特長3

最先端のデザインに囲まれた、渋谷・原宿間に位置する抜群の立地条件

楔(くさび)をモチーフにデザインされた〈桑沢〉校舎は渋谷と原宿のちょうど中間に位置し、都心にありながら閑静な神南の地において、次世代を担うデザイナー育成の場として一際存在感を発揮しています(グッドデザイン賞[建築・環境部門/建築]受賞)。コンパクトな校舎内に大型アトリエ・工作室・コンピュータ室・図書室・多目的室・学生ホール等の各種設備が配置され、学生のデザイン活動を支えます。デザインに関するセミナーやイベント、展示会も頻繁に行われ、〈桑沢〉が教育空間だけでなく、学内外に向けたデザイン情報の発信地としての性格を持つことを強く意識させてくれます。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

学内説明会(渋谷校舎) 2018年度の詳細

学内説明会(渋谷校舎) 2018年度

【イベント概要】 〈桑沢〉学校説明会では、入学試験の参考作品や在校生の課題作品の展示、特色やカリキュ…

続きを見る

〈桑沢〉オープンキャンパス2018の詳細

〈桑沢〉オープンキャンパス2018

〈タイムスケジュール〉 午前の部(午前、午後とも内容は同一です) 10: 00 所長挨拶 10: 1…

続きを見る

専門学校 桑沢デザイン研究所の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2018年度納入金/<昼間部>158万円(入学金、授業料、維持費、施設拡充費)<夜間部>81万円(入学金、授業料、維持費、施設拡充費)※前掲の学費の他に同窓会終身会費(入学時)、自治(学生)会費(年1回)、学生災害傷害保険料(入学時)を徴収します。

就職・資格

就職支援

活躍する卒業生と定評ある教育に支えられた、数多くの企業からの高い評価を就職に活かす

〈桑沢〉では、全学年を対象に、以下の3点を中心にした就職支援を行っています。「就職セミナー/専門講師による就職活動のレクチャー」 「企業説明会/デザイナー、人事担当者による各企業の説明会」 「キャリアカウンセリング/有資格者による個別の就職相談」。また、就職支援誌の発行・配布。窓口では常に就職担当職員が相談を受け付けており、求人票や、先輩達の作成した完成度の高いポートフォリオについても随時閲覧できるようにしています。2016年度はデザイン分野にかかわる職種に限定した上で、773社の求人がありました(2017年3月卒業生対象)。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報セクション

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-17
TEL:03-3463-2431 (代表)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都渋谷区神南1丁目 4-17 JR、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩 約10分。
JR「原宿駅」より徒歩 約7分。
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」より徒歩 約7分。

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年05月30日 08:00 facebook

    5/28(月)より、本校エントランス展示コーナーにて、 SD専攻の学生による 第41回学生設計優秀作品展(レモン展)出品作品を展示しております。 是非ご覧ください。 ※展示は、~6/15(金)まで

    https://www.facebook.com/726286757451808/posts/1709083985838742

  • 2018年05月28日 17:06 facebook

    総合デザイン科3年 浅葉ゼミ 書道授業 全国のデザイン学校でも書道授業があるのは大変珍しいことですが、浅葉ゼミでは書道の授業があります。 グラフィックデザインの基本である文字の姿を学ぶために 中国唐の時代の楷書体「褚遂良のの雁塔聖教序」を臨書の手本にし、じっくりと一年間、「書」と向き合います。 また、年度末には「雁塔聖教序(約800字)」を ゼミ生全員のリレーにより、全臨を行います。 今日は、韓国 桂園芸術大学校から クォン総長さんら3名がおみえになり、書道授業を見学されました。 学生に「上手ですね」と、日本語で声をかける場面も。 ※指導教員:高根京子先生、青山眞先生

    https://www.facebook.com/726286757451808/posts/1708178122595995

  • 2018年05月24日 12:34 facebook

    《 桑沢特別講演会のお知らせ 》 6月4日(月)午後1時30分〜午後4時 本校1階にて ジョン・ソルト(JOHN SOLT)氏の講演会が開かれます。 「天才と狂気は紙一重」 知られざる日米の偉大な芸術家たち & ストリート・政治的・ゲリラアート 第2弾! というタイトルでユニークで旬な芸術家をご紹介していただきます。 ジョン・ソルト氏は詩人の「北園克衛」の研究家でも知られています。 今回の来日(来校)は2015年に続き、第2回目となります。 昼間部、夜間部、全ての学生が対象ですが、 授業に支障がないように参加してください。

    https://www.facebook.com/726286757451808/posts/1704186066328534

  • 2018年05月23日 14:30 facebook

    マグボトル & パッケージのデザイン募集の締め切りが近づいています! 株式会社 ドウシシャ 主催 インバウンド向けを視野に入れ 和のテイストを発想入れた マグボトル & パッケージのデザイン募集を 桑沢生を対象に行っています。 チャレンジしてみませんか。 いよいよデザインの応募締め切りが近づいています。 募集期間:2018年4月2日(月)~6月1日(金) 詳細は、1階エレベーター脇のチラシ置き場に、パンフレットとデザイン応募用紙を置いてありますのでご利用ください。 http://campusnet.kds.ac.jp/news/2018/003.html

    https://www.facebook.com/726286757451808/posts/1703336976413443

  • 2018年05月23日 10:36 facebook

    本校エントランスでの FD3Fクラス春休みの課題「ジャケット」 第二弾を展示中。 ※展示~5/26(土)まで(変更あり) 是非お立ち寄りください。

    https://www.facebook.com/726286757451808/posts/1703203513093456

請求できるパンフ・願書はこちら

無料
学校案内資料(願書含む)
専門学校 桑沢デザイン研究所(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 東京デザイナー学院

    好きなことをシゴトに。多様化するデザイン世界で活躍できるチカラを身につける!

  • 御茶の水美術専門学校

    「産学連携」「官学連携」課題をクリエイティブの力で解決する実践重視の美術専門学校

  • 東京デザイン専門学校

    デザイン力を就職力に。原宿でセンスを磨き、個性と技術をあわせ持つクリエイターに!

  • 東京モード学園

    希望者就職率100%!ゼロからプロにする。『完全就職保証制度』はモードの自信の証明

  • 日本工学院専門学校

    専門力と人間力を高める「教育設計図」で、確かな就職・デビューへと導く

  • 文化服装学院

    大正12年設立。本学院の歩みは、日本ファッション界の歴史。

  • 東京工学院専門学校

    多彩な分野がそろう総合学院。「やりたいこと」がきっと見つかる!

  • 阿佐ヶ谷美術専門学校

    全科共通の基礎学年から始まり、デザインと美術をバランスよく学べる3年制「アサビ」

  • 東洋美術学校

    デザイン&アートを志す人の架け橋になる。社会へ羽ばたくクリエイターを目指そう!

  • 日本デザイナー学院

    グラフィック・インテリア・イラスト・マンガの「今」を渋谷で学ぶ!

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる