• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 群馬
  • 太田情報商科専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • テクノロジー系分野

太田情報商科専門学校 テクノロジー系分野

定員数:
325人 (入学定員合計)

機械部品から自動車のボディーまで、コンピュータを利用してさまざまな部品の設計と作図を行うCADをマスター。

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信工学とは、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究する学問です。通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。数学と電磁気学を基礎とし。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。IoT化が進むことを考えると、卒業後の活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気工学とは、電気にかかわるありとあらゆることを研究する学問です。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。まずは高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、専門の研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • サーチャー

    情報検索のスペシャリスト

    データベース台帳にある膨大な量の情報の中からパソコンを使って必要な情報を検索し、依頼者に提供する仕事。情報化、国際化が進展するなかでデータベースの数は増加する一方。短時間で必要な情報を探しださないとデータベースの使用料金や電話料金がかさむため、スペシャリストとしてサーチャーが注目。

  • 情報工学研究者

    大学や専門の研究機関で、コンピュータや情報機器などに関する専門的な研究・開発を行う。

    コンピュータやさまざまな情報機器の現状を踏まえ、さらに将来的にどのように進化していくか、科学的に研究する。テーマはそれぞれの研究者が専門にこだわった研究を行っている。例えば「情報」をどのように解析させていけばいいか、その手順についての研究を行う人もいる一方で、ロボットと人とのコミュニケーションに注目して「情報」をどのように捉えていくかを研究している人もいる。また、あらゆる場面でコンピュータが使われている社会がどのような変貌を遂げていくか、人にどのような影響をもたらすかを考察している研究者もいる。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

  • セキュリティ技術者

    不法なアクセスや破壊行為から情報を守る

    企業などのネットワークを管理する部門や、専門のセキュリティ会社のスペシャリストとして顧客名簿や機密資料など企業の大切な情報を守る。外部から違法アクセスされるようなセキュリティの欠陥を作らないよう、ネットワークを管理・監視する。

初年度納入金:2020年度納入金 102万円  (教材費別途)
年限:2年制

太田情報商科専門学校 テクノロジー系分野の学科の特長

テクノロジー系分野の学ぶ内容

機械部品や自動車のボディーの設計と作図をコンピュータで行うCADをマスター
コンピュータを利用してデザインや設計を行うのがCAD。3D CADコースでは、機械部品から自動車のボディーまで、さまざまな部品の設計と作図を行う。さらに、CADで作成した画面をもとに、機械のパーツを作成するCAMと連携させるCAD/CAMシステムも学ぶ

テクノロジー系分野の授業

設計・デザインソリューションの世界標準企業であるAutodesk社のCADソフトを使用
多くの企業に導入されているAutodesk社の2Dソフト「AutoCAD」、3Dソフト「Inventor」を使用。3D CADコースでは、メカ(機械)のデザイン(設計)のみではなく動かす技術である「制御」についての科目を設定している。教材を組み立てプログラミングすることで「制御」の基礎を学ぶとともに、創造性・論理的思考を養う

テクノロジー系分野の卒業後

大企業から中小企業まで需要がとくに多いCAD/CAMオペレーター
機械部品などの設計には今や欠かせないCAD/CAM技術は、大企業だけではなく中小企業にも急速に導入されつつあり、その需要は多い。卒業後は、設計事務所、各種機器メーカー、デザイン関連会社、電気・電子・機械・自動車・通信など幅広い分野で活躍できる

テクノロジー系分野の資格

CAD操作を習得してCAD利用技術者の取得をめざす
3D CADコースで学ぶ学生なら、正しい製図、コンピュータ、CAD操作の知識を持つ者を認定する「CAD利用技術者試験1・2級」は取得しておきたい。その他に本校では、MOS検定やITパスポート試験、日商簿記検定、ビジネス実務検定なども取得可能

テクノロジー系分野の施設・設備

3DCAD&3Dプリンターを備えた学習環境
建築物の設計など、様々な分野で使用されている3Auto CAD(2D・3D)及びInventor(3D)を導入。さらには3Dプリンターを加工・栽培も学ぶことができる。

テクノロジー系分野の制度

入学後コースを変更・選択できる。目標に合わせたコース選択が可能
入学後、選んだコースが自分に合わないことに気づいたり、進路目標が変わったり、将来プランを決定する時には、迷いがつきもの。後悔しないためにも本校では進学後にコースを変更できるチャンスを設けている

太田情報商科専門学校 テクノロジー系分野の募集コース・専攻一覧

  • 3D CADコース(2年制) (定員数 : 325人) 入学定員合計

太田情報商科専門学校 テクノロジー系分野の学べる学問

太田情報商科専門学校 テクノロジー系分野の目指せる仕事

太田情報商科専門学校 テクノロジー系分野の資格 

テクノロジー系分野の目標とする資格

    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

    トレース技能検定
    QC検定

太田情報商科専門学校 テクノロジー系分野の就職率・卒業後の進路 

CAD/CAM技術者、機械加工・機械組立技術者、メカトロニクス技術者、3Dモデラ―、プロダクトモデラ― 他

太田情報商科専門学校 テクノロジー系分野の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒373-0812 太田市東長岡町1361
フリーダイヤル0120-168109 (携帯又はPHSからもOK)
ojspost@ojs.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
群馬県太田市東長岡町1361 「足利」駅からスクールバス 20分
「太田(群馬県)」駅からスクールバス 10分
「籠原」駅からスクールバス 45分
「韮川」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内


太田情報商科専門学校(専修学校/群馬)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る