• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 群馬
  • 太田情報商科専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 公務員系分野

群馬県認可/専修学校/群馬

オオタジョウホウショウカセンモンガッコウ

公務員系分野

定員数:
325人 (入学定員合計)

国家公務員、地方公務員など各種試験に向けて、少人数で学べる専門コース。

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • 刑務官

    服役中の人たちの生活指導や職業訓練に当たる

    刑務所や少年刑務所、拘置所などで、収容されている人たちに生活指導を行ったり、職業訓練指導を行う。施設の管理や保安・警備なども仕事の一つだ。

  • 国税専門官

    調査・指導で適正な納税を促す

    適正な納税額が申告されているか調査・検査を行う国税調査官、納期限までに納付されていない税金の催促や滞納処分を行う国税徴収官、悪質な脱税嫌疑者の家宅捜査など強制捜査を行い告発する国税査察官に分かれる。納税者の正しい申告についての指導も行う。

  • 入国審査官

    国際空港などで、不法入国などがないよう管理する

    全国の入国管理局や空港などで、入国審査を行う。外国からの不法入国者やパスポートの不備、ビザの有無などチェック管理や、法律に反する荷物の持ち込みなどを防ぐ監視役。

  • 海上保安官

    海の安全維持から、事故対応、救助作業まで。

    海を守る海上保安官の仕事はとても幅広いものです。密輸や密航など海の上で行われる犯罪の取り締まり、災害や事故が起こったときの救助活動、海洋調査、海図の作成、海の交通を整理することなど、多岐にわたります。海上保安官は、海上保安大学校、または海上保安学校を卒業して就くことができますが、これらの学校に入学したときから、国土交通省を上部組織とする海上保安庁の職員として採用されることになるため、国家公務員の待遇を受けます。

  • 自衛官

    日本の領土と国民を守り、国際社会の平和を担うプロ集団

    自衛官は、日本の領土、領海、領空を守ることを使命とした職業です。外部勢力から国を守る防衛、大規模災害などの事態への対処、国連平和協力活動(PKO)に代表される国際貢献がおもな任務です。防衛省の実動組織としての自衛隊には、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3つの組織があり、自衛官を志す人は、いずれかを志望先として選択することになります。高校卒業後の進路には、自衛隊の中核となる一般曹候補生、2年または3年の期間限定で勤務する自衛官候補生があります。さらに防衛省には、幹部自衛官を養成する機関があり、国家公務員の業務として学業に臨むコースもあります。

  • 国際公務員

    国連などの国際機関で世界のために働く職員

    平成28年(2016年)9月現在、193ヵ国が加盟する国連・国連機関、またその他の専門機関といった国際機関で働く正規職員のことを国際公務員といいます。国際機関とは、国際社会の共通の利益(平和や貧困の撲滅、繁栄など)のために、各国政府から独立した国際的な組織で、大きく分けて4種類あります。①6つの主要機関から成る国連(UN)、②国連児童基金(UNICEF)や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)など国連の下部機関、③国連教育科学文化機関(UNESCO)や世界保健機構(WHO)などの専門機関、④国際原子力機関(IAEA)などのその他の国際機関があります。国際公務員は、多くの国際機関の本部が置かれたニューヨークやジュネーブをはじめ、事務所や支部などが置かれた世界の主要都市で働くほか、発展途上国、紛争地帯に赴任することもあります。国際公務員になるにはいくつかの道がありますが、採用においては専門知識や語学力、修士号以上の学歴、専門領域での実務経験などが求められ、難易度は高いといえます。国際公務員は、専門職と一般職に分かれますが、一般職は現地採用で採用基準や待遇が機関や地域によって異なるため、ここでは主に専門職について取り上げます。

初年度納入金:2019年度納入金 98万円  (教材費別途)
年限:2年制(公務員2年制コースに加え、公務員1年制コースも設置)

学科の特長

学ぶ内容

公務員2年制コースでは、公務員試験対策中心の授業を、2年間かけてじっくり学ぶ
専門科目1年次は、講義形式で理論を中心に演習をまじえて学び、2年次は、問題演習をこなしたのち、模擬試験を受けて本番に備える。「文章理解」「数的推理」「判断推理」「資料解釈」といった専門科目以外に、公務員試験合格後は簿記会計、ワープロや表計算などのPC操作の基本も学べ、検定も取得できる
公務員1年制コースでは、1年間で合格を手にするための徹底的な受験対策授業
1年間の短期集中で、公務員試験対策をターゲットとした質の高い学習を行うのが特徴。専門科目は「文章理解」「数的推理」「判断推理」「資料解釈」のように、受験科目別に設定されていて密度が濃い。また合格後、簿記会計、ワープロや表計算などのコンピュータ操作の基本も学べる

カリキュラム

公務員試験合格に向けて2年間じっくりと学べる「専門コース」
国家公務員、地方公務員の各種試験対策中心にカリキュラムが構成されている。また、過去多くの合格者を輩出している本校では、蓄積された豊富なデータとベテラン講師陣がきめ細やかな指導を行っていて、個人個人のレベルに合わせてじっくりと学べるのもうれしい

授業

面接試験・体力試験[消防士・警察官]対策も万全
消防や警察の採用試験では体力試験も行われるが、本校では、体育館やジムなど、さまざまな施設設備を有し、授業の他にも自由にトレーニングできる環境が整っている。また、合否のカギを握る面接試験やディベート試験対策では、少人数制ならではの徹底した個別指導を行う

施設・設備

「マルチメディアセンター24」で公務員試験を突破
本校の心臓部「マルチメディアセンター24」は、24時間学生に開放。設備は、誰にも邪魔されず集中して公務員試験の勉強ができる「ゼミ室」や仲間と一緒に勉強ができる大型の「シアターホール」、その他にもPCルームや食堂、宿泊施設などが揃っている。公務員試験合格の秘密はここで学んだからという学生も多い

制度

一度受験に失敗してもフォローする、再チャレンジシステム
1年制コースで万一不合格になった場合、2年制Iコースへの進級が可能。さらに、2年間勉強し、万一不合格の場合、次回もう一度受験する「やる気のある学生」を支援するための再チャレンジシステムがある。これを利用すれば、次の公務員試験まで、本校の対策授業をもう1回無料で受講することができる

オープンキャンパスに行こう

募集コース・専攻一覧

  • 公務員コース(1・2年制) (定員数 : 325人) 入学定員合計

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 日商簿記検定試験 、
    • 日本漢字能力検定 、
    • ビジネス文書検定試験 、
    • サービス接遇検定

    数学検定
    ワープロ検定

就職率・卒業後の進路 

国家公務員(税務、裁判所事務官、刑務官他)、地方公務員(都道府県職員、市町村職員、警察官、消防官他)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒373-0812 太田市東長岡町1361
フリーダイヤル0120-168109 (携帯又はPHSからもOK)
ojspost@ojs.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
群馬県太田市東長岡町1361 「足利」駅からスクールバス 20分
「太田(群馬県)」駅からスクールバス 10分
「籠原」駅からスクールバス 45分
「韮川」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内