• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東放学園映画専門学校
東放学園映画専門学校の風景

映画・ミュージックビデオ・CM・アニメ・小説…次世代を担うクリエイターになろう!

『十二人の死にたい子どもたち』の堤幸彦監督や『リバーズ・エッジ』の行定勲監督はじめ、映画・ミュージックビデオ・CM・アニメ・小説の世界で卒業生が活躍中!“人に感動を与えられるクリエイター”をめざそう!

東放学園映画専門学校の特長

東放学園映画専門学校の特長1

現役で活躍するプロから学べる!確かな技術と感性を身につけよう

本校が大切にしているのは本物の実践教育。映画制作科では、映画撮影実習を多数実施。プロの映画監督を講師に迎え、最新の4Kデジタルカメラ「RED」などを使った撮影技術を習得します。プロモーション映像科では、プロのアーティストのミュージックビデオを制作・撮影します。アニメーション映像科ではアニメ映像の全制作工程を学び、アニメに関わる様々な職種をめざすことが可能。小説創作科ではレベルにあわせた個別指導で新人賞通過をめざします。各学科とも即戦力となる人材を育てます。

東放学園映画専門学校の特長2

プロ仕様の撮影スタジオや設備で学び、現場で必要とされる実践力を習得できる

1、2階吹き抜けのスタジオは、映画・ミュージックビデオ・CMなど、多目的撮影が可能です。Digital Design Roomには、アニメ制作ソフト「RETAS STUDIO」、「CLIP STUDIO PAINT」、3DCGソフト「3ds Max」、アニメのデジタル撮影ソフト「After Effects」など、アニメやCG、グラフィック制作に欠かせないソフトを完備。そのほかにも、デジタルにもアナログにも柔軟に対応できるよう、あらゆるプロ仕様の設備をそろえています。またこれらの機材は学生たちに貸し出しされており、自主制作活動を全面的にバックアップしています。

東放学園映画専門学校の特長3

映画『リバーズ・エッジ』の行定勲監督をはじめ、多くの卒業生につづこう!

本校は、TBSの教育事業部を前身としてスタート。以来、テレビや映画業界に数多くの卒業生を送り出してきました。本校で特別講座も行っている行定勲さん(『リバーズ・エッジ』の映画監督・1989年卒)や堤幸彦さん(『十二人の死にたい子どもたち』映画監督・1979年卒)、磯部真彩さん(『黒子のバスケ』プロデューサー・2008年卒)、駒尾真子さん(『BLAZBLUE』小説家・2003年卒)をはじめ、数多くの卒業生たちが映画・映像・アニメの世界でクリエイターとして、また小説家として才能を発揮しています。

右へ
左へ
東放学園映画専門学校の特長1

現役で活躍するプロから学べる!確かな技術と感性を身につけよう

本校が大切にしているのは本物の実践教育。映画制作科では、映画撮影実習を多数実施。プロの映画監督を講師に迎え、最新の4Kデジタルカメラ「RED」などを使った撮影技術を習得します。プロモーション映像科では、プロのアーティストのミュージックビデオを制作・撮影します。アニメーション映像科ではアニメ映像の全制作工程を学び、アニメに関わる様々な職種をめざすことが可能。小説創作科ではレベルにあわせた個別指導で新人賞通過をめざします。各学科とも即戦力となる人材を育てます。

東放学園映画専門学校の特長2

プロ仕様の撮影スタジオや設備で学び、現場で必要とされる実践力を習得できる

1、2階吹き抜けのスタジオは、映画・ミュージックビデオ・CMなど、多目的撮影が可能です。Digital Design Roomには、アニメ制作ソフト「RETAS STUDIO」、「CLIP STUDIO PAINT」、3DCGソフト「3ds Max」、アニメのデジタル撮影ソフト「After Effects」など、アニメやCG、グラフィック制作に欠かせないソフトを完備。そのほかにも、デジタルにもアナログにも柔軟に対応できるよう、あらゆるプロ仕様の設備をそろえています。またこれらの機材は学生たちに貸し出しされており、自主制作活動を全面的にバックアップしています。

東放学園映画専門学校の特長3

映画『リバーズ・エッジ』の行定勲監督をはじめ、多くの卒業生につづこう!

本校は、TBSの教育事業部を前身としてスタート。以来、テレビや映画業界に数多くの卒業生を送り出してきました。本校で特別講座も行っている行定勲さん(『リバーズ・エッジ』の映画監督・1989年卒)や堤幸彦さん(『十二人の死にたい子どもたち』映画監督・1979年卒)、磯部真彩さん(『黒子のバスケ』プロデューサー・2008年卒)、駒尾真子さん(『BLAZBLUE』小説家・2003年卒)をはじめ、数多くの卒業生たちが映画・映像・アニメの世界でクリエイターとして、また小説家として才能を発揮しています。

右へ
左へ
東放学園映画専門学校の特長1

現役で活躍するプロから学べる!確かな技術と感性を身につけよう

本校が大切にしているのは本物の実践教育。映画制作科では、映画撮影実習を多数実施。プロの映画監督を講師に迎え、最新の4Kデジタルカメラ「RED」などを使った撮影技術を習得します。プロモーション映像科では、プロのアーティストのミュージックビデオを制作・撮影します。アニメーション映像科ではアニメ映像の全制作工程を学び、アニメに関わる様々な職種をめざすことが可能。小説創作科ではレベルにあわせた個別指導で新人賞通過をめざします。各学科とも即戦力となる人材を育てます。

東放学園映画専門学校の特長2

プロ仕様の撮影スタジオや設備で学び、現場で必要とされる実践力を習得できる

1、2階吹き抜けのスタジオは、映画・ミュージックビデオ・CMなど、多目的撮影が可能です。Digital Design Roomには、アニメ制作ソフト「RETAS STUDIO」、「CLIP STUDIO PAINT」、3DCGソフト「3ds Max」、アニメのデジタル撮影ソフト「After Effects」など、アニメやCG、グラフィック制作に欠かせないソフトを完備。そのほかにも、デジタルにもアナログにも柔軟に対応できるよう、あらゆるプロ仕様の設備をそろえています。またこれらの機材は学生たちに貸し出しされており、自主制作活動を全面的にバックアップしています。

東放学園映画専門学校の特長3

映画『リバーズ・エッジ』の行定勲監督をはじめ、多くの卒業生につづこう!

本校は、TBSの教育事業部を前身としてスタート。以来、テレビや映画業界に数多くの卒業生を送り出してきました。本校で特別講座も行っている行定勲さん(『リバーズ・エッジ』の映画監督・1989年卒)や堤幸彦さん(『十二人の死にたい子どもたち』映画監督・1979年卒)、磯部真彩さん(『黒子のバスケ』プロデューサー・2008年卒)、駒尾真子さん(『BLAZBLUE』小説家・2003年卒)をはじめ、数多くの卒業生たちが映画・映像・アニメの世界でクリエイターとして、また小説家として才能を発揮しています。

右へ
左へ

東放学園映画専門学校の学部・学科・コース

映画監督

シナリオライター

映画カメラマン

照明技師

録音技師

編集

ミュージックビデオディレクター

CMディレクター

撮影技術スタッフ

映像エディター

アニメ監督

アニメーター

CGクリエイター

小説家

ライトノベル作家

東放学園映画専門学校の学費(初年度納入金)

2019年度納入金 138万3610円
(その他、教科書・教材費など)

社会人・大学生・短大生・専門学校生の方へ

東放学園映画専門学校の既卒者向け画像
映画・MV・CM・アニメ・小説の世界で活躍するクリエイターに!

映画『十二人の死にたい子どもたち』の堤幸彦監督、映画『リバーズ・エッジ』行定勲監督ほか、数多くの卒業生を送り出してきた東放学園。第一線で活躍中の映画監督やアニメ監督、作家などを講師に迎えた「本物の実践教育」で技術とセンスを習得します。また、エンタメ業界との強いつながりを活かし、独自の就職サポートを展開。キャリアサポートセンターを設置し、就職講座、企業説明会の開催や企業研修などを実施しています。

東放学園映画専門学校の就職・資格

就職支援

TBS教育事業本部が前身。業界との太いパイプを活かし、就職からキャリアアップの転職までサポート

東放学園の卒業生がエンターテインメント業界の現場で数多く活躍している背景には、学園の優れた就職支援体制があります。東放学園は、TBSの教育事業本部が設立した専門学校。エンターテインメント業界から生まれた学校ならではの独自のカリキュラムと、業界との太いパイプを活かした企業研修制度(インターンシップ)のほか、就職セミナー、就職講座、各企業の人事担当者を招いての就職企業説明会も開催。「キャリアサポートセンター」では業界各企業からの求人情報を幅広く収集し、専門アドバイザーが個別相談に対応。在学中だけでなく卒業後や転職時にも利用できるなど、エンタメ業界への就職を志望する学生を全面的にバックアップしています。

保護者の方へ

東放学園映画専門学校の保護者向け画像

東放学園映画専門学校の教育理念

映画・ミュージックビデオ・アニメ・小説…。 プロの現場で通用する即戦力を身につける

東放学園映画専門学校の教育理念を見る

東放学園映画専門学校の問い合わせ先・所在地・アクセス

学校法人東放学園 入学相談室

〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-5-2
TEL:0120-343-261 (フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区西新宿5-25-8 都営地下鉄大江戸線「西新宿五丁目」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内

東放学園映画専門学校のブログ・インフォ

  • 2019年03月22日 18:41 facebook

    京王プラザホテルで東放学園4校の卒業祝賀会を行いました。 3月13日(水)・14日(木)、新宿・京王プラザホテルのコンコードボールルームにて「平成30年度東放学園卒業祝賀会」を開催しました。 毎年、卒業式当日の夜に行う「卒業祝賀会」は、13日(水)に東放学園専門学校と東放学園音響専門学校、14日(木)に東放学園映画専門学校と専門学校東京アナウンス学院で2校ごとに開催。会の中盤では、入学式からはじまり、グリーンガイダンス(新入生宿泊研修)、スポーツ大会、校外セミナー、学園祭、授業の様子、そして祝賀会当日に行われた卒業式までを編集した映像が会場の大きなスクリーンに映し出され、多くの学生が涙していました。 東放学園での2年間で学んだこと、そして築き上げた仲間との友情を胸に、TOHO生たちは新しいスタートを切りました。今後のみなさんのご活躍に、教職員一同、期待しています! https://www.tohogakuen.ac.jp/movie/news/detail/876

    https://www.facebook.com/112868272104720/posts/2211960045528855

  • 2019年03月18日 15:59 facebook

    3/7(木) 下北沢CLUB251、3/8(金) 渋谷LUSHにて、プロモーション映像科主催の卒業イベント『TRACE FEAST』を開催しました。  『TRACE FEAST』は、今年で17年目を迎えるライブイベントで、プロモーション映像科がミュージックビデオを制作したバンドを中心に、学科ゆかりのアーティストが集結。会場では、学生たちが制作したミュージックビデオの上映もあり、本科ならではの構成でたいへん盛り上がりました!  また両日ともプロモーション映像科公式YouTubeチャンネル「Promotion movie dept PV de SHOW」にて、ライブの様子をライブ配信。撮影やカメラのスイッチング、VJ、web配信チームの演出・技術スタッフはもちろん全員、プロモーション映像科の学生たちが担当しました。 https://www.tohogakuen.ac.jp/movie/news/detail/873

    https://www.facebook.com/112868272104720/posts/2206250029433190

  • 2019年03月15日 14:06 facebook

    2018年度アニメーション映像科の卒業制作『おれたちの高校生活』(グループ制作)を公開しました。ぜひご覧ください! 『おれたちの高校生活』 Creator:アニメーション映像科(グループ制作)

    https://www.facebook.com/112868272104720/posts/2201953943196132

  • 2019年03月14日 16:56 facebook

    東放学園映画専門学校 卒業制作『#Reload』 Creator:アニメーション映像科(個人制作)

    https://www.facebook.com/112868272104720/posts/2200729319985261

  • 2019年03月13日 14:44 facebook

    avexのシンガーソングライター・MiyuuのMVスタジオ撮影現場に密着!  プロモーション映像科2年の卒業制作で制作し、先日公開になったavexシンガーソングライター・Miyuuさんのミュージックビデオ『closer again』の撮影は、11月都内のスタジオにて行われました。本作『closer again』は、フジテレビ系アニメ+Ultraで放送中の『リビジョンズ」挿入歌です。    撮影現場の様子を少しだけ紹介します!

    https://www.facebook.com/112868272104720/posts/2199574920100701

請求できるパンフはこちら

無料
「スクールガイド」「募集要項」(願書含む)
東放学園映画専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる