• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 北海道ハイテクノロジー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 救急救命士学科

北海道認可/専修学校/北海道

ホッカイドウハイテクノロジーセンモンガッコウ

救急救命士学科

定員数:
100人

救急救命士制度設立当初、日本で最初に開設された伝統校。道内救急救命士の約7割(約1600名)が北海道ハイテクの卒業生

学べる学問
  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 救急救命士

    救急車の中や救急現場で救急救命処置を行うスペシャリスト

    心肺機能が停止状態になった重症患者に対する救急処置を、救急車の中などで、医師と連絡をとりながら行う仕事。従来は医師でなければ行えなかった処置が、平成3年の救急救命士法によって、救急隊員が行えるようになった。現在のところ、各地の消防本部に消防官に採用されることが条件。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 136万円  (入学金・授業料・実習費を含む。教科書代や資格検定料など別途)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

道内救急救命士の約7割がハイテク卒業生!確かな実績があります
救急救命士学科は、全国初の救急救命士養成学科として1992年に開設。道内消防の救急救命士有資格者2163人(2016年4月1日現在)、そのうち約1600人が本学科の卒業生です。割合にして約7割。公務員である消防にも高い就職率を誇ります。(2018年3月卒業生実績:就職率100%:就職希望者数56名)

実習

事故や災害が発生するのに決まったシチュエーションは存在しません!
救急医療が必要とされる様々な状況に的確に対処できるよう、実習を繰り返し行い、知識・技術・判断力を磨きます。広い実習室でのシミュレーション実習に加え、道内外の病院、北海道全域での救急車同乗実習などを行います。さらに、ドローン操作を学び災害現場で活躍する救急救命士を目指します。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    実習は実践さながら!救急救命士の使命を実感しながら学んでいます

    この学校のオープンキャンパスに足を運び、先生と学生の距離が近く、しっかり学べそうだと思ったのが志望の理由です。日本初の救急救命士養成校で、数多くの救命士を輩出してきた実績と歴史も決め手になりました。

    北海道ハイテクノロジー専門学校の学生

卒業後

道内の消防本部の97%に卒業生(全道消防本部58カ所中56カ所に在籍 2019年1月現在)
消防職員採用試験を突破するための公務員対策授業が、1年生の時からカリキュラムに組み込まれています。さらに体力試験や面接対策も充実。高い就職率を誇り、道内58消防本部のうち56消防本部に卒業生が在籍しています。

資格

2018年3月卒業生は78名が救急救命士<国>を受験、74名が合格
近年難しくなってきている国家試験において、毎年高い合格実績。2018年3月卒業生は、受験者のうち74名が合格しました。本学園が開発した国家試験・就職試験のための「CBTシステム」による試験対策などのカリキュラムも充実しています。

イベント

学んだことをアウトプットする機会がいっぱい!
北海道マラソン、函館マラソン、千歳JAL国際マラソンなど、多くのイベントの救護スタッフ(AED隊)として、選手の安全を守るのと同時に医療人としての責任感を養います。また、高校、町内会、介護施設などの方への救命講習指導で実践力を高めます。

オープンキャンパスに行こう

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 救急救命士<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数56名/就職希望者数56名 )

主な就職先/内定先

    札幌市消防局、北広島市消防本部 、 千歳市消防本部、江別市消防本部 、 恵庭市消防本部、苫小牧市消防本部 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒061-1396 北海道恵庭市恵み野北2-12-1
フリーダイヤル 0120-8119-17
info@hht.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道恵庭市恵み野北2-12-1 「恵み野」駅から徒歩 12分
「恵み野」駅から無料スクールバス 3分

地図

 

路線案内


北海道ハイテクノロジー専門学校(専修学校/北海道)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る