• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 鳥取
  • 公立鳥取環境大学

公立鳥取環境大学で学んでみませんか?

公立鳥取環境大学の風景

環境と経営の視点から「人と社会と自然との共生」に貢献できる人材を育成

環境と経営をベースに、幅広い知識と深い専門性、そして人間性を磨き「人と社会と自然との共生」の実現に寄与する人材を育成。自然環境の保全と経済活動とのバランスを考えた、持続可能な社会の実現を目指します。

公立鳥取環境大学はこんな学校です

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

公立鳥取環境大学の特長1

問題発見・解決能力を養うプロジェクト研究とフィールドワークを重視した実践的な教育

調査・分析・プレゼンテーションの方法、そして問題発見から解決策を導き出す能力を磨く「プロジェクト研究」。1・2年次は学部の枠を超えた少人数のチームで、環境問題や地域の課題をテーマに、多彩な研究を行います。レポートのまとめ方、討論の仕方、共同研究の進め方など、社会で必要な基礎力を実践的に身につけます。また、美しい自然と豊かな文化・伝統がある鳥取を舞台に学ぶフィールドワークを重視した教育も展開。大学を飛び出し実践的な学びの中で、環境と経営の双方から「人と社会と自然との共生」の実現方法を探究します。3・4年次は2年次までに培った知識や能力を活かし、専門分野の研究を深めます。

教育方針や校風が魅力

公立鳥取環境大学の特長2

学部での学びに加えて、興味・関心のある学問分野を体系的に学べる「副専攻制度」

社会人になると、多角的な視点を持ち、応用・境界領域に強い人材が求められます。そこで本学では「副専攻制度」を創設しました。卒業時には副専攻を履修したことを証明する「修了証」が発行されます。具体的には、3つの分野別副専攻「環境学副専攻(経営学部生向け)」「経営学副専攻(環境学部生向け)」「AI・数理・データサイエンス分野副専攻(全学生向け)」と、2つの課題別副専攻「英語実践副専攻(全学生向け)」「地域実践副専攻(全学生向け)」で構成されています。

施設・設備が充実

公立鳥取環境大学の特長3

新たに完成した「実験研究棟」や擬似英語圏体験空間「英語村」

生物学・化学・地学・工学など環境保全について幅広い分野研究を行う「実験研究棟」が2016年に完成。また、グローバル社会において欠かすことのできない、世界共通語である英会話のスキルとコミュニケーション能力を身につけるため、学内に「英語村」を設置。村内での会話は英語オンリー。様々な国籍のスタッフとの会話だけでなく、世界各国の文化をクイズを交えて紹介したり、民族衣装や料理、踊りが体験できるアクティビティも充実。ハロウィンやクリスマスパーティーも開催されるなど、世界各国の文化などにも触れながら楽しく学ぶことができます。

公立鳥取環境大学の特長を詳しく見る

あなたは何を学びたい?
公立鳥取環境大学の学部学科、コース紹介

環境学部

環境学部

環境学科 (定員数:150人)

経営学部

経営学部

経営学科 (定員数:150人)

公立鳥取環境大学の就職・資格

卒業後の進路データ (2020年3月卒業生実績)

就職希望者数225名
就職者数222名
就職率98.7%(就職者数/就職希望者数)

一人ひとりのキャリアの希望や悩みを聞き、ゴールに向かってともに伴走します

教職員だけでなく、就職に関する専門家も学生の就職活動をサポートし、学生一人ひとりの相談に親身に対応します。1年次の進路ガイダンスや各種資格・検定の取得支援に始まり、3年次には全員に個人面談を行うなど、小規模大学ならではの手厚いバックアップを実施しています。具体的には4つの柱「きめ細かなガイダンスと面談」「就職活動への経済的な支援」「資格取得の奨励とサポート」「求人開拓とパイプづくり」があります。さらに、就活の際に必要な交通費の補助制度や、東京・大阪・広島・福岡の4拠点でパソコンや更衣室の利用、荷物の一時預かりを行う「セカンドキャンパス」も設置しています。

公立鳥取環境大学の就職についてもっと見る

公立鳥取環境大学の所在地・アクセス

所在地 アクセス 地図・路線案内
鳥取県鳥取市若葉台北1-1-1 JR山陰本線「鳥取」駅からバスで約20分

地図

 

路線案内

公立鳥取環境大学で学ぶイメージは沸きましたか?

つぎは気になる学費や入試情報をみてみましょう

公立鳥取環境大学の学費や入学金は?
初年度納入金をみてみよう

【2021年度納入金】72万3800円~81万7800円(入学金/鳥取県内からの入学者18万8000円、鳥取県外からの入学者28万2000円 授業料/53万5800円) ※入学時には別途、学生教育研究災害傷害保険、学生教育研究賠償責任保険、学生生活・学外学修交通システム負担金等の諸経費として約2万5000円程度が必要となります。

すべて見る

公立鳥取環境大学の入試科目や日程は?
入試種別でみてみよう

下記は全学部の入試情報をもとに表出しております。

【注意】昨年度の情報の可能性がありますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。

入試情報を見る

公立鳥取環境大学の入試難易度は?
偏差値・入試難易度

公立鳥取環境大学の学部別偏差値・センター得点率

現在表示している入試難易度は、2021年5月現在、2022年度入試を予想したものです。 偏差値・合格難易度情報: 河合塾提供
偏差値: 45.0~50.0
センター得点率: 56%~67%
  • BF
  • 30
  • 40
  • 50
  • 60
  • 70〜
45.0~50.0
47.5~50.0

公立鳥取環境大学に関する問い合わせ先

入試広報課

〒689-1111 鳥取県鳥取市若葉台北1-1-1
TEL:0857-38-6720

公立鳥取環境大学(公立大学/鳥取)
RECRUIT