• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都職業能力開発短期大学校

文部科学省以外の省庁所管の学校/京都

キョウトショクギョウノウリョクカイハツタンキダイガッコウ

京都職業能力開発短期大学校の風景

充実のキャリア教育で就職率100%を達成!少人数制の個別指導でものづくりの専門職へ

少人数制であるからこそできる、各科指導員や進路アドバイザーによる学生一人ひとりに応じた細やかなサポートを実施。ものづくりの専門職である技術者として設計製作に携わるための基盤、技能、技術を身につけます。

京都職業能力開発短期大学校のトピックス

京都職業能力開発短期大学校の特長

京都職業能力開発短期大学校の特長1

キャリア支援プログラムによる個人サポートを実施

少人数制であるからこそできる、各科指導員や支援アドバイザーによる学生一人ひとりに応じたきめ細やかなサポートを行う体制が整っています。各企業の内容と学生の資質を知り尽くした指導員が一丸となって対応。カリキュラムにも「キャリア形成概論」や「職業社会概論」といった内容を組込み、社会人になるために不可欠なマナーなど、技術面以外でのサポートも行っています。また、各科指導員や支援アドバイザーによる職業理解を深めるためのアドバイスにも力を入れ、課題解決能力などを含めた基礎力育成にも力を入れています。

京都職業能力開発短期大学校の特長2

少人数できめ細やかな指導

学生ひとりひとりの理解度を確かめながら、授業を進められる少人数制クラス。細かい指導ができるため、難易度の高い専門知識の理解には、大きな効果をもたらします。高度な技能の習得には、さらに効果を発揮。感覚的な作業を必要とする工具の使い方や高度な技能の伝達など、きめの細かなアドバイスがあるからスキルアップも容易になります。

京都職業能力開発短期大学校の特長3

実践を重視した実習内容

高度な技能を身につけるには、理論的な学習とその知識をベースにした実習のバランスが重要だといわれています。そのため本校の実習では「学生が主体となって作業を経験する」ことに重点を置き、安全を確保した上で、可能な限り実際の現場に近い環境で、実習経験を重ねていきます。手ほどきするのは、現場を熟知した講師たち。習熟度が俄然違ってきます。

右へ
左へ
京都職業能力開発短期大学校の特長1

キャリア支援プログラムによる個人サポートを実施

少人数制であるからこそできる、各科指導員や支援アドバイザーによる学生一人ひとりに応じたきめ細やかなサポートを行う体制が整っています。各企業の内容と学生の資質を知り尽くした指導員が一丸となって対応。カリキュラムにも「キャリア形成概論」や「職業社会概論」といった内容を組込み、社会人になるために不可欠なマナーなど、技術面以外でのサポートも行っています。また、各科指導員や支援アドバイザーによる職業理解を深めるためのアドバイスにも力を入れ、課題解決能力などを含めた基礎力育成にも力を入れています。

京都職業能力開発短期大学校の特長2

少人数できめ細やかな指導

学生ひとりひとりの理解度を確かめながら、授業を進められる少人数制クラス。細かい指導ができるため、難易度の高い専門知識の理解には、大きな効果をもたらします。高度な技能の習得には、さらに効果を発揮。感覚的な作業を必要とする工具の使い方や高度な技能の伝達など、きめの細かなアドバイスがあるからスキルアップも容易になります。

京都職業能力開発短期大学校の特長3

実践を重視した実習内容

高度な技能を身につけるには、理論的な学習とその知識をベースにした実習のバランスが重要だといわれています。そのため本校の実習では「学生が主体となって作業を経験する」ことに重点を置き、安全を確保した上で、可能な限り実際の現場に近い環境で、実習経験を重ねていきます。手ほどきするのは、現場を熟知した講師たち。習熟度が俄然違ってきます。

右へ
左へ
京都職業能力開発短期大学校の特長1

キャリア支援プログラムによる個人サポートを実施

少人数制であるからこそできる、各科指導員や支援アドバイザーによる学生一人ひとりに応じたきめ細やかなサポートを行う体制が整っています。各企業の内容と学生の資質を知り尽くした指導員が一丸となって対応。カリキュラムにも「キャリア形成概論」や「職業社会概論」といった内容を組込み、社会人になるために不可欠なマナーなど、技術面以外でのサポートも行っています。また、各科指導員や支援アドバイザーによる職業理解を深めるためのアドバイスにも力を入れ、課題解決能力などを含めた基礎力育成にも力を入れています。

京都職業能力開発短期大学校の特長2

少人数できめ細やかな指導

学生ひとりひとりの理解度を確かめながら、授業を進められる少人数制クラス。細かい指導ができるため、難易度の高い専門知識の理解には、大きな効果をもたらします。高度な技能の習得には、さらに効果を発揮。感覚的な作業を必要とする工具の使い方や高度な技能の伝達など、きめの細かなアドバイスがあるからスキルアップも容易になります。

京都職業能力開発短期大学校の特長3

実践を重視した実習内容

高度な技能を身につけるには、理論的な学習とその知識をベースにした実習のバランスが重要だといわれています。そのため本校の実習では「学生が主体となって作業を経験する」ことに重点を置き、安全を確保した上で、可能な限り実際の現場に近い環境で、実習経験を重ねていきます。手ほどきするのは、現場を熟知した講師たち。習熟度が俄然違ってきます。

右へ
左へ

京都職業能力開発短期大学校の学部・学科・コース

京都職業能力開発短期大学校のオープンキャンパスに行こう

イベント

オープンキャンパスの詳細

オープンキャンパス

京都職業能力開発短期大学校のオープンキャンパスです

続きを見る

オープンキャンパス(学校祭と同時開催)の詳細

オープンキャンパス(学校祭と同時開催)

京都職業能力開発短期大学校のオープンキャンパスです

続きを見る

京都職業能力開発短期大学校の学費(初年度納入金)

初年度納入金2019年度(参考)55万9200円
(入校料16万9200円[情報通信サービス科不要]、授業料39万円。教科書、用具費等経費別途)

京都職業能力開発短期大学校の就職・資格

卒業後の進路データ (2018年3月卒業生実績)

卒業者数28名
就職希望者数19名
就職者数19名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)
進学者数9名

就職支援

学生一人ひとりをバックアップ!キャリア支援プログラム

少人数制であるからこそできる、各科指導員や支援アドバイザーによる学生一人ひとりに応じたきめ細やかなサポートを行う体制が整っています。各企業の内容と学生の資質を知り尽くした指導員が一丸となって対応。カリキュラムにも「キャリア形成概論」や「職業社会概論」といった内容を組込み、社会人になるために不可欠なマナーなど、技術面以外でのサポートも行っています。また、各科指導員や支援アドバイザーによる職業理解を深めるためのアドバイスにも力を入れ、課題解決能力などを含めた基礎力育成にも力を入れています。

京都職業能力開発短期大学校の問い合わせ先・所在地・アクセス

学務援助課 学務係

〒624-0912 京都府舞鶴市上安1922
TEL:0773-75-7609

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府舞鶴市上安1922 JR舞鶴線「西舞鶴」駅下車、東西循環線(右回り)京都交通バス「倉谷口」停留所下車(乗車時間約4分)、北へ徒歩2分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内・学生募集要項(願書含む)
京都職業能力開発短期大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/京都)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる