• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 浦和大学

私立大学/埼玉

ウラワダイガク

多様な社会に対応できるコミュニケーション力がつき、各分野で活躍できる人を育てます

充実した大学関連施設と広いキャンパスが自慢です。1年次から始まる一人ひとりの個性に対応したキャリアサポートが、高い就職率を達成しています。地域との交流も盛んで、様々なイベントに多数参加しています。

浦和大学の特長

学校の特長1

学内の「親子のひろば」では、1年次からこどもたちと触れ合う時間が多くあります。

本学は、学内外に実学教育を支える関連施設を持っています。親子のひろば『ぽっけ』は、0~3歳までのこどもとその保護者を対象にした学内にある施設です。学食や談話室などにも地域の親子の姿があり、学生たちにとってこどもや子育ての活きた学習を体験しながら、より実践的な学びを深められる貴重な場となっています。また近隣には、特別養護老人ホーム『スマイルハウス』があります。見学学習や高齢者福祉の本格的な実習のほか、音楽療法などの様々な活動を高齢者とともに学生が実践する場となっています。ここには多くの卒業生も勤務し、学生たちの実習を温かく見守っています。

学校の特長2

実習中心の教育を展開。実習は「知識」「技術」はもちろん、「心」も磨きます。

本学では実習中心の教育を展開しています。本学ならではの実習のポイントは次の5つ。(1)大学実習施設『スマイルハウス』『ぽっけ』で事前実習するので、学外実習も安心して取り組めます。(2)少人数クラスできめ細かい指導を行います。(3)短時間の見学から、長時間の実習へ、事前学習から事後指導、実践研究レポート作成へ、段階的に学びます。(4)『福祉教育センター』『こどもコミュニティセンター』をはじめ、教員による実習中の巡回指導など、サポート体制を整備しています。 (5)本学オリジナルの教材により、スムーズに実践することができます。こうした実習を通じ、知識や技術だけでなく心も磨いていきます。

学校の特長3

地域の方を招いて学内でイベントを開催するなど、地域との交流を大切にしています。

こども学部の学びの場である親子のひろば『ぽっけ』は、週に3回、学内こどもコミュニティセンター内に開設されます。窓の外に広がる「ぽっけの庭」では、こども学部主催の「桜祭り」が開かれ、地域の親子と学生が一緒に楽しみます。また、『エイサークル』では、『エイサー』の踊りを学内外の様々なイベントで踊ったりしています。総合福祉学部の宮寺ゼミでは、埼玉県が主催する「ほっと生活相談会」というホームレスの総合相談会に協力し、学生もボランティアとして活動しています。さらに毎年、さいたま市「緑区民まつり」には全学で協力し、100人近い学生が参加。様々な活動を通し地域と共生する人材を育てます。

右へ
左へ
学校の特長1

学内の「親子のひろば」では、1年次からこどもたちと触れ合う時間が多くあります。

本学は、学内外に実学教育を支える関連施設を持っています。親子のひろば『ぽっけ』は、0~3歳までのこどもとその保護者を対象にした学内にある施設です。学食や談話室などにも地域の親子の姿があり、学生たちにとってこどもや子育ての活きた学習を体験しながら、より実践的な学びを深められる貴重な場となっています。また近隣には、特別養護老人ホーム『スマイルハウス』があります。見学学習や高齢者福祉の本格的な実習のほか、音楽療法などの様々な活動を高齢者とともに学生が実践する場となっています。ここには多くの卒業生も勤務し、学生たちの実習を温かく見守っています。

学校の特長2

実習中心の教育を展開。実習は「知識」「技術」はもちろん、「心」も磨きます。

本学では実習中心の教育を展開しています。本学ならではの実習のポイントは次の5つ。(1)大学実習施設『スマイルハウス』『ぽっけ』で事前実習するので、学外実習も安心して取り組めます。(2)少人数クラスできめ細かい指導を行います。(3)短時間の見学から、長時間の実習へ、事前学習から事後指導、実践研究レポート作成へ、段階的に学びます。(4)『福祉教育センター』『こどもコミュニティセンター』をはじめ、教員による実習中の巡回指導など、サポート体制を整備しています。 (5)本学オリジナルの教材により、スムーズに実践することができます。こうした実習を通じ、知識や技術だけでなく心も磨いていきます。

学校の特長3

地域の方を招いて学内でイベントを開催するなど、地域との交流を大切にしています。

こども学部の学びの場である親子のひろば『ぽっけ』は、週に3回、学内こどもコミュニティセンター内に開設されます。窓の外に広がる「ぽっけの庭」では、こども学部主催の「桜祭り」が開かれ、地域の親子と学生が一緒に楽しみます。また、『エイサークル』では、『エイサー』の踊りを学内外の様々なイベントで踊ったりしています。総合福祉学部の宮寺ゼミでは、埼玉県が主催する「ほっと生活相談会」というホームレスの総合相談会に協力し、学生もボランティアとして活動しています。さらに毎年、さいたま市「緑区民まつり」には全学で協力し、100人近い学生が参加。様々な活動を通し地域と共生する人材を育てます。

右へ
左へ
学校の特長1

学内の「親子のひろば」では、1年次からこどもたちと触れ合う時間が多くあります。

本学は、学内外に実学教育を支える関連施設を持っています。親子のひろば『ぽっけ』は、0~3歳までのこどもとその保護者を対象にした学内にある施設です。学食や談話室などにも地域の親子の姿があり、学生たちにとってこどもや子育ての活きた学習を体験しながら、より実践的な学びを深められる貴重な場となっています。また近隣には、特別養護老人ホーム『スマイルハウス』があります。見学学習や高齢者福祉の本格的な実習のほか、音楽療法などの様々な活動を高齢者とともに学生が実践する場となっています。ここには多くの卒業生も勤務し、学生たちの実習を温かく見守っています。

学校の特長2

実習中心の教育を展開。実習は「知識」「技術」はもちろん、「心」も磨きます。

本学では実習中心の教育を展開しています。本学ならではの実習のポイントは次の5つ。(1)大学実習施設『スマイルハウス』『ぽっけ』で事前実習するので、学外実習も安心して取り組めます。(2)少人数クラスできめ細かい指導を行います。(3)短時間の見学から、長時間の実習へ、事前学習から事後指導、実践研究レポート作成へ、段階的に学びます。(4)『福祉教育センター』『こどもコミュニティセンター』をはじめ、教員による実習中の巡回指導など、サポート体制を整備しています。 (5)本学オリジナルの教材により、スムーズに実践することができます。こうした実習を通じ、知識や技術だけでなく心も磨いていきます。

学校の特長3

地域の方を招いて学内でイベントを開催するなど、地域との交流を大切にしています。

こども学部の学びの場である親子のひろば『ぽっけ』は、週に3回、学内こどもコミュニティセンター内に開設されます。窓の外に広がる「ぽっけの庭」では、こども学部主催の「桜祭り」が開かれ、地域の親子と学生が一緒に楽しみます。また、『エイサークル』では、『エイサー』の踊りを学内外の様々なイベントで踊ったりしています。総合福祉学部の宮寺ゼミでは、埼玉県が主催する「ほっと生活相談会」というホームレスの総合相談会に協力し、学生もボランティアとして活動しています。さらに毎年、さいたま市「緑区民まつり」には全学で協力し、100人近い学生が参加。様々な活動を通し地域と共生する人材を育てます。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

オープンキャンパスであなたのギモンを解消!!

事前申込不要・入退場自由・筆記用具不要・服装自由! 浦和大学では受験生・保護者の皆さんに大学での学…

続きを見る

浦和大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

保育士

若元 彩さん

こどもの成長を、間近に見られるのが喜びですね。

他の卒業生一覧を見る

キャンパスライフレポート

詳細を見る

こども学部 こども学科

尾崎 絢さん

こどもに関する仕事の選択肢が広がります

他の先輩一覧を見る

学費(初年度納入金)

●2017年度納入金 【総合福祉学部】140万円 【こども学部】133万円

就職・資格

就職支援

一人ひとりを大切に、1年次から「将来」を意識する就職支援。

本学は、専門分野が福祉・介護・児童関連であり、社会福祉の礎を築く意欲のある学生の多くが着実に実績をあげています。それぞれの学部・学科に特色があり、その分野の専門性を活かした学びがあります。その学びを基に、学生が自活するための「道」を学生生活の中で探し出すことをサポートするのが、就職支援センターです。学部・学科との連携を密に行い、学生一人ひとりを大切に、個別相談に力を入れ就職支援を行っています。5年、10年後の将来をイメージできるよう1年次から参加する「就職セミナー」を多数用意。学内での企業説明会や合同説明会、先輩の体験談を聞くセミナーや企業経営者との交流会、インターンシップなどを開催しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

浦和大学 入試広報課

〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎3551
TEL:048-878-5536

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県さいたま市緑区大崎3551 「東川口」駅からスクールバス 10分
「浦和美園」駅からスクールバス 5分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年11月17日 14:20 facebook

    【埼玉新聞(12面)2017/11/16】「地域福祉を育てたい 浦和大がコンサート」と題する記事で、学校教育学科開設記念プロジェクト第3回「金管五重奏団「N-crafts」コンサート」が紹介され、大久保秀子学長のコメントが掲載。 大久保秀子学長は「本学は心に響く本物の表現を学ぶことに重きを置いている。人と人とを結びつける、心の波動を経験できる力を身につけて欲しい」とコメントしています。

    https://www.facebook.com/216313605153137/posts/1618813601569790

  • 2017年11月12日 16:20 facebook

    浦大facebookファンのみなさん、こんにちは! 「長い記事の人」です。   先ほど埼玉国際マラソン終わりました。 今年も沿道応援として浦大ウインドオーケストラとエイサークルが大会を盛り上げました。   また総合福祉学部の中島先生が率いる浦大ボランティアチームも給水ポイントの設営・運営で大活躍。   さらにランナーとしてこども学部学校教育学科の内田先生が参加し、昨年に続き2年連続の完走を果たしました。今年は浦大の学生さんもランナーして参加しており、応援する側、される側の両方での参加となりました。   さすがにfacebookで全てを伝えるのは難しいので、後日大学HPの記事として紹介したいと思います。 なので、今日は写真も少し控えめです。   HPの記事にご期待ください!

    https://www.facebook.com/216313605153137/posts/1614431688674648

  • 2017年11月11日 12:20 facebook

    浦大facebookファンのみなさん、こんにちは。 「長い記事の人」です。   今日は土曜日出勤なのですが、何かと準備で忙しいです… 実は浦大では明日(11/12)からのイベントが3日続きなんです~ どんなイベントかというと…   ・11/12(日) 埼玉国際マラソン2017ボランティア&沿道応援 ・11/13(月) こども学部学校教育学科開設記念プロジェクト第3弾「NHK交響楽団メンバーによる金管五重奏団N-craftsコンサート」 ・11/14(火) 高校生のための大学通常授業体験プログラムウィークデー・キャンパス・ヴィジット(WCV)   が立て続けに行われます。そんなわけで、バタバタしている感じです。   とはいえ、埼玉国際マラソンは学生・就職課が中心、学校教育学科開設記念プロジェクトはこどもコミュニティセンターが中心となっているプロジェクトなので、私たち入試広報課はサポート役で、写真撮影が主な役割となっています。 (両部署のみなさん、お疲れさまです。入試広報課も全力サポートしますね)   一方、WCVの方は入試広報課が主体となっているので、こちらは印刷物の準備や前日の会場設営、当日の段取り確認などやることが多々あります。   いずれにしても、どのイベントも地域との交流や大学の学び、魅力を多くの人に向けて発信していく重要なイベントです。 埼玉国際マラソンは、近隣の方も大学前(4号館前)の沿道で一緒に応援していますので、もしお時間がある方は、一緒に盛り上げてみませんか? 大学まで行くのは難しい方は、TV中継もあるので、ぜひ浦大前の応援の様子に注目ください(^ ^)   上記3イベントの詳細は以下のとおりです。 ・埼玉国際マラソン https://saitama-international-marathon.jp/ ・こども学部学校教育学科開設記念プロジェクト http://www.urawa.ac.jp/news/34483.html ・ウィークデー・キャンパス・ヴィジット http://www.urawa.ac.jp/news/28487.html

    https://www.facebook.com/216313605153137/posts/1613322392118911

  • 2017年11月10日 15:20 facebook

    【読売新聞(埼玉版・29面)2017/11/10】中島悠介先生が「選手も裏方も熱く 第3回さいたま国際マラソン」でボランティアの声として紹介されました。 「実際に人を支える経験をして欲しい」と、第1回大会から総合福祉学部の学生に対してボランティアへの参加を推奨し、これまでに70名がボランティアとしてしている、と本学の活動が紹介され、3年後の2020年東京五輪・パラリンピックで、「さいたま国際マラソンのノウハウを、五輪にも生かしてもらえれば」とコメントしています。

    https://www.facebook.com/216313605153137/posts/1612492618868555

  • 2017年11月09日 18:20 facebook

    浦大facebookファンのみなさん、こんにちは! 「長い記事の人」です。   みなさんは、「学生会館」って知っていますか? 一人暮らしの人なら知っているかもしれませんが、自宅から通学している人には耳慣れないかと思います。   学生会館というのは、学生寮のような施設で、住居+食事の提供サービスがついている施設のことです。 マンションのような建物で、自分の部屋は個室ですが、食堂やお風呂、お手洗い、洗濯スペースなどが共有となっていたりします。(個室にお風呂とお手洗いがあり、食堂と洗濯スペースは共有といったタイプの施設もあります)   AO入試や推薦入試で合格が決まった方から、埼玉での一人暮らしについて質問いただくことが多くなる時期にさしかかってきました。ということで、ここは自分の目で一度、学生会館を見せてもらい、特色などを伝えられればと思い、昨日、4つの施設を見学させていただきましたので、その様子を紹介したいと思います。   ひとつひとつの物件について詳しく書くと「不動産の人」になってしまいそうなので、ポイントをまとめてみました。 あとは、写真をみてください。   ・部屋は基本的に個室で6~8畳程度 ・家具はベッド、クローゼット、収納タンス、勉強机が標準で備え付けてあり、費用は無料。 ・テレビと寝具(布団・まくらなど)は個人で持ち込むか、レンタルが可能。エアコンは標準で備え付けられています。 ・電気、ガス、水道料金が必要な物件もありますが、月額合計5,000円程度の定額制となっているケースが多いようです。 ・食事は食堂で決まった時間にとるようになっています。朝食は6:30~8:30、夕食は18:30~23:00くらいのところが多いですが、施設によって多少前後します。土、日は基本的に食事が出ないので自分で賄うようになります。 ・食事が不要の場合、事前に伝えておけば食費がかからないので、外食したり、コンビニで済ませたい時、アルバイトでまかない食がある場合などは、節約できると思います。 ・お風呂、洗面所、お手洗い、洗濯スペースが基本的に共同で使用となります。施設によっては、個室にユニットバスが備え付けられているものもありますが、その場合は少し費用(家賃)が高めのようです。 ・掃除機やアイロンを貸出ししてくれる施設も多いので、確認してみると良いでしょう。   ……… まだまだ学生会館の魅力はつきませんが、今日のところはこのへんまでで。 見学前は、共同生活ってどんな感じなんだろう?と思っていましたが、個人(プライバシー)と共同で利用するバランスが程よく、人間関係が広がる環境なのがよく分かりました。   もっと詳しく知りたい方は学生・就職課に相談してみてください。

    https://www.facebook.com/216313605153137/posts/1611721702278980

浦和大学(私立大学/埼玉)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    「面倒見のよい大学」だから「入って伸びる大学」

  • Photo

    「教員免許・資格取得」+「就職」に強い/分野:心理 経営 会計 史学 文学 教育 保育等

  • Photo

    「少人数」×「現場主義」 一人ひとりに目が行き届いた中で最前線を体験しながら学ぶ

  • Photo

    「思いやりのこころ」を大切にした、少人数ならではの教育を実践

  • Photo

    異文化を理解し多様性を認め、人、モノ、社会をつなげ、どこででも活躍できる人材へ!

  • Photo

    保育士・幼稚園教諭免許状の取得や進路に応じた授業選択で一人ひとりの目標を実現する

  • Photo

    公務員試験に強い!就職に強い!スポーツも強い!大学です。

  • Photo

    心理、保育、教育、経営を実践的に学ぶ。一人ひとりに合った個別フォローで成長を支援

  • Photo

    ホテル・ブライダル・観光・エアライン・経営・経済・福祉・看護などの専門を学ぶ

  • Photo

    少人数制の手厚いサポートで、文系も医療系も「育てて送り出す」大学

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる