• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪河崎リハビリテーション大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • リハビリテーション学部
  • 言語聴覚学専攻

私立大学/大阪

オオサカカワサキリハビリテーションダイガク

「崎」の右側のつくりは実際には”奇”ではなく”竒”です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻

定員数:
40人

ことば、聴こえ、飲み込みの機能を維持・向上し、その人らしさを取り戻してもらうための「言語聴覚士」を目指す!

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

初年度納入金:2020年度納入金 185万円  (※教科書・白衣等の費用については別途必要です。)

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の学科の特長

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の学ぶ内容

「ことば・聴こえ・飲み込み」の障がいから共に希望を見出すために
「話す・聴く・飲み込む」などに関しての支援や発達障害の方たちに対する療育、加齢による聴力低下や嚥下機能低下の予防・改善など、幅広く学修します。コミュニケーションをとることや食べることに障がいのある方に、その人らしさを取り戻すため、医師の指導のもと治療を行う技能を修得します。

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻のカリキュラム

子どもについてしっかり学べる環境
本専攻では子どもが発する言葉への関心を高めるための、生きた知識が得られるカリキュラムを用意しています。また、1・2年次から認定こども園や特別支援学校、大学併設クリニックなど、臨床現場を実際に見学する機会を数多く用意。子どもと接する多くの機会を設けています。

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の授業

子どものコミュニケーション障がいの1つ、言語発達障がいについて学ぶ「言語発達障害学」
生まれてきた子どもの言語が発達する過程で“何をどのように”獲得していくかを学びます。また、成長する過程や学習場面において言語獲得につまずきを示す子どもに対し、どのように支援や訓練を行うのかを学修します。

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の実習

河崎グループのバックアップで充実した臨床実習を経験
河崎関連病院や関連施設で医療現場の見学や実習関連授業を実施できるので、学修のみならず実習の対策も万全。さらに河泉会(OB・OG会)とも連携を取り河崎グループ全体で学生の学びを支援します。また、本学がこれまで培ってきた信頼と実績で臨床実習施設数が162施設あり、大学付近または自宅付近での実習が可能です。

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の学生

人が充実した生活を送るための「支援のプロ」を目指しています
話す・聴く・食べることは、人が楽しく生きるために最も大切なこと。それらの機能回復を行う言語聴覚士の仕事に魅力を感じています。日本語50音のしくみを学ぶ音声学、友人と互いに練習をする聴力検査法など、授業は興味のあることばかり。他専攻の学生との交流も多く、毎日が充実しています。
  • point キャンパスライフレポート

    患者様の心の声に寄り添えれるような言語聴覚士へ

    両親が医療職に就いているので、小さい頃から漠然と「人を助ける仕事をしたい」と考えていました。高校の時、担任の先生から「言語聴覚士」という仕事があると教えてもらい、自分に合っていると思いこの分野の道へ。

    大阪河崎リハビリテーション大学の学生

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    色々な人と出会い、困っている人を助ける仕事がしたいと思いました

    泉州地域に密着した病院で言語聴覚士として、主に脳卒中後の失語症などの高次脳機能障害、構音障害、嚥下障害の患者様に対して、日常生活の自立や職場復帰に向けてリハビリテーションを行っています。患者様と積極的にコミュニケーションをとり、患者様ひとりひとりのニーズに合わせてリハビリテーショ…

    大阪河崎リハビリテーション大学の卒業生

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の卒業後

自閉症・学習障がいを支援する小児施設などにも広がる言語聴覚士の活躍の場
医療施設(大学病院・総合病院など)、肢体・言語聴覚障がい児施設(小児療育センターなど)、社会福祉施設(老人福祉施設・児童福祉施設など)、教育・研究施設(特別支援学校・幼稚園・小学校・言語聴覚士養成校など)、行政関連施設(保健所など)、コミュニケーション機器関連企業などでの活躍が見込まれます。

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部のオープンキャンパスに行こう

リハビリテーション学部のOCストーリーズ

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の学べる学問

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の目指せる仕事

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の資格 

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の受験資格が得られる資格

  • 言語聴覚士<国>

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の目標とする資格

    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R) 、
    • 園芸療法士 、
    • 障がい者スポーツ指導員 (初級)

    認知症ケア准専門士
    認定ダンス指導員(初級)
    認知症サポーター ほか

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の就職率・卒業後の進路 

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の就職率/内定率 100 %

( 就職希望者11名中11名就職 )

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の主な就職先/内定先

    市立吹田市民病院、阪南市民病院、愛仁会リハビリテーション病院、富永病院、馬場記念病院、阪和第一泉北病院、琴の浦リハビリテーションセンター、貴志川リハビリテーション病院、和歌山つくし医療福祉センター ほか

※ 2019年3月卒業生実績

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の入試・出願

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒597-0104 大阪府貝塚市水間158
TEL 072-446-7400(入試センター)
nyushi@kawasakigakuen.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府貝塚市水間158 水間鉄道「水間観音」駅から徒歩5分
JR阪和線「熊取」駅から無料スクールバス約10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

大阪河崎リハビリテーション大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る