• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪保健医療大学

私立大学/大阪

オオサカホケンイリョウダイガク

医療・保健・福祉分野から工学やスポーツまで広い領域で活躍するリハビリをめざす!

通いやすい大阪の中心にある大学。医療・保健・福祉分野にとどまらず、工学やスポーツといった広い領域にも及ぶ新しいリハビリテーションの実現に向けた教育・研究を行っています。

大阪保健医療大学の特長

学校の特長1

目標は全員合格!万全のバックアップ体制で国家資格取得をサポート!

セラピストとして活躍するためには、国家資格の取得が必須です。1年次から国家試験の内容を各講義に取り入れています。3年次の早い時期から国家試験対策をスタート。過去の問題をもとに、出題の傾向を把握し、その対策に重点を置いて講義を行います。4年次の国家試験対策では、過去の出題傾向に基づく対策講義によって、これまでに学んだことを復習・確認します。そして模擬試験で一人ひとりの習熟度や苦手分野を分析し、弱点克服のためのグループ指導や個別指導を行います。2016年度の国家試験合格率は、理学療法士<国>81.6%(合格者40名)、作業療法士<国>88.9%(合格者24名)と高い実績を残しています。

学校の特長2

スポーツを通じてリハビリテーションを科学する附属の『彩都スポーツ医科学研究所』

リハビリテーションの重要なテーマに、スポーツ傷害の予防・健康増進があります。この研究に注力しているのが『彩都スポーツ医科学研究所』です。人工芝グラウンド、傾斜トレーニング用トラックフィールド、会議・セミナー室、情報処理室など充実の最新設備を整え、人の動きを解析・究明して、運動器リハビリテーションの実践・向上に役立てています。また、地域のスポーツクラブとも連携し、スポーツを取り入れた地域の健康モデル開発など、未来に開かれたリハビリテーション医療を創造しています。

学校の特長3

社会のさまざまな場面で、授業で学んだ知識や技術を生かし、成長する

大阪保健医療大学では、授業で学んだ知識や技術を生かし、社会のさまざまな場面で社会貢献をしています。知的障がい者サッカー普及と知的障がい者の健康促進・地域交流・社会参加の促進をはかるプログラムや、国家建設途上国の障がい者施設を訪れて福祉のあり方を考えるカンボジアスタディーツアー、介助犬使用者の想いを学ぶ機会、介助犬に関わるトレーナーセラピストの取り組みや課題などが学べる介助犬講義などを実施しています。

右へ
左へ
学校の特長1

目標は全員合格!万全のバックアップ体制で国家資格取得をサポート!

セラピストとして活躍するためには、国家資格の取得が必須です。1年次から国家試験の内容を各講義に取り入れています。3年次の早い時期から国家試験対策をスタート。過去の問題をもとに、出題の傾向を把握し、その対策に重点を置いて講義を行います。4年次の国家試験対策では、過去の出題傾向に基づく対策講義によって、これまでに学んだことを復習・確認します。そして模擬試験で一人ひとりの習熟度や苦手分野を分析し、弱点克服のためのグループ指導や個別指導を行います。2016年度の国家試験合格率は、理学療法士<国>81.6%(合格者40名)、作業療法士<国>88.9%(合格者24名)と高い実績を残しています。

学校の特長2

スポーツを通じてリハビリテーションを科学する附属の『彩都スポーツ医科学研究所』

リハビリテーションの重要なテーマに、スポーツ傷害の予防・健康増進があります。この研究に注力しているのが『彩都スポーツ医科学研究所』です。人工芝グラウンド、傾斜トレーニング用トラックフィールド、会議・セミナー室、情報処理室など充実の最新設備を整え、人の動きを解析・究明して、運動器リハビリテーションの実践・向上に役立てています。また、地域のスポーツクラブとも連携し、スポーツを取り入れた地域の健康モデル開発など、未来に開かれたリハビリテーション医療を創造しています。

学校の特長3

社会のさまざまな場面で、授業で学んだ知識や技術を生かし、成長する

大阪保健医療大学では、授業で学んだ知識や技術を生かし、社会のさまざまな場面で社会貢献をしています。知的障がい者サッカー普及と知的障がい者の健康促進・地域交流・社会参加の促進をはかるプログラムや、国家建設途上国の障がい者施設を訪れて福祉のあり方を考えるカンボジアスタディーツアー、介助犬使用者の想いを学ぶ機会、介助犬に関わるトレーナーセラピストの取り組みや課題などが学べる介助犬講義などを実施しています。

右へ
左へ
学校の特長1

目標は全員合格!万全のバックアップ体制で国家資格取得をサポート!

セラピストとして活躍するためには、国家資格の取得が必須です。1年次から国家試験の内容を各講義に取り入れています。3年次の早い時期から国家試験対策をスタート。過去の問題をもとに、出題の傾向を把握し、その対策に重点を置いて講義を行います。4年次の国家試験対策では、過去の出題傾向に基づく対策講義によって、これまでに学んだことを復習・確認します。そして模擬試験で一人ひとりの習熟度や苦手分野を分析し、弱点克服のためのグループ指導や個別指導を行います。2016年度の国家試験合格率は、理学療法士<国>81.6%(合格者40名)、作業療法士<国>88.9%(合格者24名)と高い実績を残しています。

学校の特長2

スポーツを通じてリハビリテーションを科学する附属の『彩都スポーツ医科学研究所』

リハビリテーションの重要なテーマに、スポーツ傷害の予防・健康増進があります。この研究に注力しているのが『彩都スポーツ医科学研究所』です。人工芝グラウンド、傾斜トレーニング用トラックフィールド、会議・セミナー室、情報処理室など充実の最新設備を整え、人の動きを解析・究明して、運動器リハビリテーションの実践・向上に役立てています。また、地域のスポーツクラブとも連携し、スポーツを取り入れた地域の健康モデル開発など、未来に開かれたリハビリテーション医療を創造しています。

学校の特長3

社会のさまざまな場面で、授業で学んだ知識や技術を生かし、成長する

大阪保健医療大学では、授業で学んだ知識や技術を生かし、社会のさまざまな場面で社会貢献をしています。知的障がい者サッカー普及と知的障がい者の健康促進・地域交流・社会参加の促進をはかるプログラムや、国家建設途上国の障がい者施設を訪れて福祉のあり方を考えるカンボジアスタディーツアー、介助犬使用者の想いを学ぶ機会、介助犬に関わるトレーナーセラピストの取り組みや課題などが学べる介助犬講義などを実施しています。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

2017年度オープンキャンパスのお知らせ♪【作業療法学専攻】

【イベント概要】 高齢者福祉に関わる仕事は、介護福祉士だけではありません!リハビリで高齢化に貢献★ …

続きを見る

詳細を見る

2017年度オープンキャンパスのお知らせ♪【理学療法学専攻】

【イベント概要】 高齢者福祉に関わる仕事は、介護福祉士だけではありません!リハビリで高齢化に貢献★ …

続きを見る

大阪保健医療大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

作業療法士

堀内 勇志さん

障がいを抱えている方たちと共に働き、共に成長する仕事

他の卒業生一覧を見る

キャンパスライフレポート

詳細を見る

保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻

尾形 茜里さん

「その人らしい、よりよい生活を送る支援」がしたい、と思いました。

他の先輩一覧を見る

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 【保健医療学部 リハビリテーション学科】●理学療法学専攻:195万5000円 ●作業療法学専攻:195万5000円 ※入学金含む

社会人・大学生・短大生・専門学校生の方へ

「人の役に立ちたい」「社会に貢献したい」そんな思いを形に

医療系資格を持った専門職の活躍フィールドは、工学やスポーツといった領域にまで広がっています。本学には社会人経験者をはじめ、様々なキャリアの学生が学んでいます。言語聴覚専攻科は「専門実践教育訓練」の指定講座に認定されており、教育訓練給付金の支給が受けられます。※給付には条件があります。詳細は厚生労働省のHP等をご覧ください。

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

就職希望者数63名
就職者数63名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)
進学者数1名

就職支援

理想の就職に向けて、学生一人ひとり個別にサポート

社会で活躍できる人材の育成をめざし、専門分野の知識と技術の習得はもちろん、マナーやコミュニケーション能力、豊かな人間性の育成にも力を注いでいます。社会人に必要な基本的なマナーを実習形式で身に付けるマナー研修や、外部講師を招いて就職活動のポイントを学ぶ学内セミナーなどを実施。学生一人ひとりの個性や状況、希望する進路に合わせ、さまざまな形で個別指導を行い、夢の実現に向けてサポートしています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報課

〒530-0043 大阪市北区天満1-9-27
TEL:0120-581-834

所在地 アクセス 地図・路線案内
天満橋キャンパス : 大阪府大阪市北区天満1-9-27 地下鉄谷町線・京阪「天満橋」駅から徒歩 8分
地下鉄堺筋線「南森町」駅から徒歩 10分
JR東西線「大阪天満宮」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

彩都キャンパス : 大阪府茨木市彩都あさぎ7-8015 「彩都西」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年10月10日 15:17 facebook

    【研修案内:災害時の障がい者の摂食を考えよう】 大阪JRAT(大阪府大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)主催の研修会「災害時の障がい者の摂食を考えよう」が11月3日(金・祝)に開催されます。 JRATは2011年の東日本大震災の際の被災者支援を始まりとする、災害時リハビリテーション支援に関する啓発活動や研修活動などをしている全国組織です。日本言語聴覚士協会も加盟しています。ご関心をお持ちの方はどうぞご参加ください。

    https://www.facebook.com/187438628067271/posts/1162106423933815

  • 2017年10月05日 00:16 facebook

    後期に入り、1年生は実技を学ぶ科目が多くなってきました。知識だけでなく技術を身につけるのもSTにとって大切なことです。 写真は嚥下障害の授業です。舌の硬さやボリューム感を確かめたり、舌の力を診たり。初めてのことに戸惑いながらも一生懸命に学んでいます。 そして、摂食嚥下機能の評価や訓練では、もちろん食べ物も使います。 食べたいものを食べられる幸せも一緒に味わっているのかもしれませんね。(大西)

    https://www.facebook.com/187438628067271/posts/1158835384260919

  • 2017年09月30日 15:17 facebook

    【阪神南ブロック勉強会のお知らせ】 兵庫県言語聴覚士会の阪神南ブロック勉強会のお知らせです。今回は本学客員教授 藤原百合先生によるご講演「構音障害の臨床‐話しことばを科学する‐」です。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

    https://www.facebook.com/187438628067271/posts/1156408391170285

  • 2017年09月27日 16:16 facebook

    【発達検査(実技)の授業(1年生)】 1年後期は様々な検査を学ぶ時期です。 9月中旬に2日間にわたって子どもの発達検査の実技演習を実施しました。実技をするにあたっては、今年もまた実際にお子さんの協力をいただきました。 通常、検査は全部1人で行いますが、今回はチームでの実施。学生数人で事前準備やロールプレイによる練習、部屋のセッティングから実施の時の役割分担を決め、検査に臨みました。 お子さんが楽しめるようにしっかり様子を見ながらチューニングしていくこと、反応を記録しておくこと、課題ができたかどうかを判定すること、次に実施する検査課題を倫理応変に準備することなど、検査場面ではいくつかのことを同時にやらなくてはいけません。今回は初めての実施。繰り返し何度も練習して実施していくうちに、どんどん身についていくはずです。やり方はもとより、それぞれの検査結果から何がわかるのかということに目を向け、同時に学んでいってほしいと思います。(工藤)

    https://www.facebook.com/187438628067271/posts/1154790914665366

  • 2017年09月20日 10:16 facebook

    【日本摂食嚥下リハビリテーション学会報告】 日に日に秋らしくなってきましたね。 先週末、幕張メッセ(千葉県)で日本摂食嚥下リハビリテーション学会が開催されました。 テーマは「広げよう!つなげよう!摂食嚥下リハビリテーションの輪」。 と、いうことで看板前の写真は、私が臨床でお世話になっている歯科医師の先生と同僚のSTとの一枚。 多職種が集まる学会ならではの光景ですね♪ そして、本年度もたくさんの卒業生さんとお会いしました。 皆さんの笑顔を見るとこちらも元気をもらいます。 自己研鑽に励む姿は本当に頼もしいです。 ひろげよう!つなげよう!摂食嚥下リハビリテーションの輪。 皆さんの輪がどんどん広がることを期待しています♪(中村)

    https://www.facebook.com/187438628067271/posts/1150731325071325

請求できるパンフはこちら

無料
(理学療法学専攻/作業療法学専攻)2018年度大学案内パンフレット・願書
無料
【社会人・大学生の方へ】(言語聴覚専攻科)2018年度大学案内パンフレット・願書
大阪保健医療大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる