• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本映画大学
Photo

私立大学/神奈川

ニホンエイガダイガク

映画を通じ、表現力、リーダーシップを磨き、多彩な分野で自分を生かす人になる。

小規模な大学だからできる、ひとりひとりのキャラクターに合った学びのプランを用意しています。

日本映画大学の特長

学校の特長1

学生自らが作っていく授業。映画づくりに集中できるカリキュラム

映画制作の演習や実習の期間は、集中して時間を費やす時間割を設定。映画づくりのことだけを考える濃厚な日々の中で、グループの仲間たちとの関係も密接になり、覚えたばかりの技術や知識をしっかりと身につけることができます。また、教員と事務局スタッフの全員が学生の相談に個別に応じ、アドバイスするきめ細やかなサポート体制を整えています。共同作業の中での悩みや将来の進路についての疑問など、大学生活のさまざまな面で困ったことがあったら、いつでも相談できます。環境の変化に慣れるのに時間がかかる1年生にはクラス担任制度を設けており、担任の教員が1年間を通じてサポートします。

学校の特長2

映画・テレビの第一線で活躍するプロが、納得がいくまでマンツーマンで教えます

教員は全員第一線で活躍中の映画監督、脚本家、キャメラマン、編集技師や文芸批評家です。1年生から始まる実習では、各界で著名な講師を揃え、広い分野の専門家が様々な角度から映画と映像にアプローチ。4年間を通じ一人ひとりの顔が見えるナノクラスを実現しています。〈教員の最新作〉WOWOW『撃てない警官』(編集)阿部亙英、『この国の空』(脚本・監督)荒井晴彦、WOWOW『この街の命に』(監督)緒方明、『この国の空』 (撮影)川上皓市、『再会 禁じられた大人の恋』(撮影)さのてつろう、『海よりもまだ深く』(録音)弦巻裕、『赤の女王』(監督)天願大介、『A2完全版』(プロデュース)安岡卓治

学校の特長3

42年にわたり、日本の映画・映像業界をささえる人材を送り出しています

本学の前身は、カンヌ映画祭で最高賞を2度受賞した今村昌平監督が1975年に創設した「日本映画学校(設立時:横浜放送映画専門学院)」。42年にわたり、多くの卒業生を映画・テレビ業界に送り出してきました。日本映画学校OB■映画監督:『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』三池崇史、『怒り』李相日 ■脚本:『百円の恋』足立紳、TBS『逃げるは恥だが役に立つ』野木亜紀子、日本テレビ『黒い十人の女』バカリズム、日本テレビ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』川崎いづみ ■撮影:『シン・ゴジラ』山田康介 ■編集:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』坂東直哉 ■録音:『海賊とよばれた男』藤本賢一 ほか

右へ
左へ
学校の特長1

学生自らが作っていく授業。映画づくりに集中できるカリキュラム

映画制作の演習や実習の期間は、集中して時間を費やす時間割を設定。映画づくりのことだけを考える濃厚な日々の中で、グループの仲間たちとの関係も密接になり、覚えたばかりの技術や知識をしっかりと身につけることができます。また、教員と事務局スタッフの全員が学生の相談に個別に応じ、アドバイスするきめ細やかなサポート体制を整えています。共同作業の中での悩みや将来の進路についての疑問など、大学生活のさまざまな面で困ったことがあったら、いつでも相談できます。環境の変化に慣れるのに時間がかかる1年生にはクラス担任制度を設けており、担任の教員が1年間を通じてサポートします。

学校の特長2

映画・テレビの第一線で活躍するプロが、納得がいくまでマンツーマンで教えます

教員は全員第一線で活躍中の映画監督、脚本家、キャメラマン、編集技師や文芸批評家です。1年生から始まる実習では、各界で著名な講師を揃え、広い分野の専門家が様々な角度から映画と映像にアプローチ。4年間を通じ一人ひとりの顔が見えるナノクラスを実現しています。〈教員の最新作〉WOWOW『撃てない警官』(編集)阿部亙英、『この国の空』(脚本・監督)荒井晴彦、WOWOW『この街の命に』(監督)緒方明、『この国の空』 (撮影)川上皓市、『再会 禁じられた大人の恋』(撮影)さのてつろう、『海よりもまだ深く』(録音)弦巻裕、『赤の女王』(監督)天願大介、『A2完全版』(プロデュース)安岡卓治

学校の特長3

42年にわたり、日本の映画・映像業界をささえる人材を送り出しています

本学の前身は、カンヌ映画祭で最高賞を2度受賞した今村昌平監督が1975年に創設した「日本映画学校(設立時:横浜放送映画専門学院)」。42年にわたり、多くの卒業生を映画・テレビ業界に送り出してきました。日本映画学校OB■映画監督:『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』三池崇史、『怒り』李相日 ■脚本:『百円の恋』足立紳、TBS『逃げるは恥だが役に立つ』野木亜紀子、日本テレビ『黒い十人の女』バカリズム、日本テレビ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』川崎いづみ ■撮影:『シン・ゴジラ』山田康介 ■編集:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』坂東直哉 ■録音:『海賊とよばれた男』藤本賢一 ほか

右へ
左へ
学校の特長1

学生自らが作っていく授業。映画づくりに集中できるカリキュラム

映画制作の演習や実習の期間は、集中して時間を費やす時間割を設定。映画づくりのことだけを考える濃厚な日々の中で、グループの仲間たちとの関係も密接になり、覚えたばかりの技術や知識をしっかりと身につけることができます。また、教員と事務局スタッフの全員が学生の相談に個別に応じ、アドバイスするきめ細やかなサポート体制を整えています。共同作業の中での悩みや将来の進路についての疑問など、大学生活のさまざまな面で困ったことがあったら、いつでも相談できます。環境の変化に慣れるのに時間がかかる1年生にはクラス担任制度を設けており、担任の教員が1年間を通じてサポートします。

学校の特長2

映画・テレビの第一線で活躍するプロが、納得がいくまでマンツーマンで教えます

教員は全員第一線で活躍中の映画監督、脚本家、キャメラマン、編集技師や文芸批評家です。1年生から始まる実習では、各界で著名な講師を揃え、広い分野の専門家が様々な角度から映画と映像にアプローチ。4年間を通じ一人ひとりの顔が見えるナノクラスを実現しています。〈教員の最新作〉WOWOW『撃てない警官』(編集)阿部亙英、『この国の空』(脚本・監督)荒井晴彦、WOWOW『この街の命に』(監督)緒方明、『この国の空』 (撮影)川上皓市、『再会 禁じられた大人の恋』(撮影)さのてつろう、『海よりもまだ深く』(録音)弦巻裕、『赤の女王』(監督)天願大介、『A2完全版』(プロデュース)安岡卓治

学校の特長3

42年にわたり、日本の映画・映像業界をささえる人材を送り出しています

本学の前身は、カンヌ映画祭で最高賞を2度受賞した今村昌平監督が1975年に創設した「日本映画学校(設立時:横浜放送映画専門学院)」。42年にわたり、多くの卒業生を映画・テレビ業界に送り出してきました。日本映画学校OB■映画監督:『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』三池崇史、『怒り』李相日 ■脚本:『百円の恋』足立紳、TBS『逃げるは恥だが役に立つ』野木亜紀子、日本テレビ『黒い十人の女』バカリズム、日本テレビ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』川崎いづみ ■撮影:『シン・ゴジラ』山田康介 ■編集:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』坂東直哉 ■録音:『海賊とよばれた男』藤本賢一 ほか

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

オープンキャンパス

【イベント概要】  ・特別企画「世界で活躍する若き先輩たち ~国際映画祭参加レポート~」  ・受験生…

続きを見る

詳細を見る

高校生のための映画上映会 >>3/24(土)は『金メダル男』

■ 一緒に映画を観て語り合おう!3/24(土)は『金メダル男』! 映画大生が高校生と一緒に観たい映…

続きを見る

日本映画大学からのメッセージ

■日本映画大学 入試情報

・AO入学試験 リベロ6
 出願期間:2018年1月9日(火)~1月23日(火)
 試験日:2018年1月28日(日)

・一般入学試験 A日程
 出願期間:2018年1月5日(金)~1月30日(火)
 試験日:2018年2月4日(日)

★詳細は募集要項をご確認ください。

(12/11更新)

日本映画大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

ラジオ・テレビ番組ディレクター

大竹 紀郎さん

やりたいことを自由に提案。自分の企画次第で、何でもできるのが魅力。

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

【2018年度納入金】 188万円

就職・資格

就職支援

実務に直結した授業で実践力が身につき、現場の体験ができます

本学の特徴は、毎日の授業それ自体が、就職に直結していることです。創作系の教員は、全員が映画業界のプロフェッショナルです。実習では、演出の仕方、脚本の書き方、機材の使い方はもちろん、現場の回し方、プロデューサーとしての製作費管理、スケジュール調整や取材対象との交渉などの実務を学びます。その経験を経て、在学中からインターンシップやプロの現場に入って働いている学生も、少なくありません。また、配給や宣伝のような、映像コンテンツを人に届ける仕事についても、国際映画祭のディレクターや事務局にたずさわる教員たちが、授業内外で実践的なアドバイスをできる体制を万全に整えています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試事務室

〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30
TEL:044-951-2511

所在地 アクセス 地図・路線案内
新百合ヶ丘キャンパス : 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30 「新百合ケ丘」駅北口徒歩 約1分

地図

 

路線案内

白山キャンパス : 神奈川県川崎市麻生区白山2-1-1 「新百合ケ丘」駅南口からバス 5分 「日本映画大学」前下車徒歩 1分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年01月19日 09:30 facebook

    【第72回毎日映画コンクール|佐藤忠男名誉学長に特別賞】 第72回毎日映画コンクールの各賞が発表され、日本映画大学の名誉学長である佐藤忠男先生に特別賞が贈られました✨ ▼受賞結果一覧 https://mainichi.jp/mfa/history/072.html その他、本学園の教員・卒業生が携わる受賞作をあわせて紹介いたします。 【日本映画優秀賞】 『あゝ、荒野』(脚本/港岳彦) 【女優助演賞】 田中 麗奈『幼な子われらに生まれ』(脚本/荒井晴彦 特任教授 編集/加藤ひとみ) 【スポニチグランプリ新人賞(女優)】 伊東蒼『島々清しゃ』(監督/新藤風) 【TSUTAYA×Filmarks映画ファン賞】 『忍びの国』(撮影/相馬大輔 録音/松本昇和・石田記理) 表彰式は2018年2月15日(木)にミューザ川崎シンフォニーホールで開催されます。

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/1915972218413562

  • 2018年01月17日 14:43 facebook

    【第4回 卒業制作上映会の詳細を発表しました】 2/11(日・祝)にイオンシネマ新百合ヶ丘で開催する「第4回卒業制作上映会」のホームページを公開いたしました! http://www.eiga.ac.jp/sotsusei/jimi04/ 作品紹介、プログラム、スケジュール等の情報をご確認いただけます 【スケジュール概要】 ■ 2.11(日・祝) 12:50 受付開始 | 13:00 開場 ■ 入場無料・事前申込不要(開映の15分前にはご入場ください。) ① 13:40開映『ハッピーサッド』(ドラマ|32min) ② 14:45開映『ばちあたり』(ドキュメンタリー|56min) ③ 16:10開映『牛の後ろ』(ドラマ|32min) ④ 17:05開映『山河の子』(ドキュメンタリー|56min) 当日まで随時、卒制情報をお知らせしてまいります❗

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/1914065738604210

  • 2018年01月16日 10:55 facebook

    【第41回日本アカデミー賞優秀賞決定|阿部亙英教授に優秀編集賞】 第41回日本アカデミー賞の各部門優秀賞が発表され、以下、本学園の教員・卒業生が受賞しましたことお報せいたします✨ 優秀編集賞 ・阿部亙英 教授(映画『花戦さ』) ・太田義則(映画『アウトレイジ 最終章』 ※北野武監督と共同) 優秀録音賞 ・尾崎聡(映画『花戦さ』) 皆様、おめでとうございます‼️ ▼受賞結果は公式サイトよりご確認いただけます。 http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/41.html 映画『花戦さ』におきまして、阿部亙英教授は優秀編集賞を、OB尾崎聡さんは優秀録音賞を受賞しましたが、本作はプロデューサーほか多くの卒業生がスタッフとして参加しております❗️ プロデューサー/加藤悦弘 編集/阿部亙英 録音/尾崎聡 スクリプター/森直子 編集助手/古川達馬 作品は優秀作品賞をはじめとし8部門での受賞です✨㊗️ 授賞式は3/2都内で開催されます。

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/1912982858712498

  • 2018年01月15日 11:30 facebook

    【教員&卒業生の活躍|2.3初日❗細野監督の最新舞台情報】 細野辰興監督が主宰する「スタニスラフスキー探偵団」が、『貌斬り KAOKIRI』につづくプロジェクトとして製作する舞台『レプリカントは芝居ができない?』の稽古・公演情報をお届けします✨ 本作には監督をはじめとし本学園OBスタッフが名を連ねています。 ■ 撮影・照明/道川昭如(日本映画学校10期卒) ■ 演出助手/有馬達之介(日本映画学校24期卒) ■ 録音・音響/若林大介(日本映画学校13期卒) 写真は会場となる新宿ニューベリーで稽古に励む細野監督、道川さん、有馬さんの様子です 「タイトルからご想像ください」とフライヤーにはありますが、稽古からは、①演出家、②演出助手、③“レプリカント”の三人が登場しーーこれを女優の田山由紀さんが独りで演じるわけですがーー劇中劇を通して“レプリカント”に芝居ができるかどうかの判断を下すといった物語がうかがえました。 追加公演が発表されましたが、まだ予約を受け付けている回もあるようですので、添付のチラシを参照の上ぜひこの実験的試みをご覧ください‼️ 【会 場】Newbury(新宿区西新宿7-11-3 平田ビルB1) 【日 程】2.3(土) 2.10(土) 2.11(日) 2.18(日) 2.24(土) 【予 約】stanis2011@gmail.com(スタニスラフスキー探偵団)

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/1911926432151474

  • 2018年01月11日 17:25 facebook

    【授業紹介|キャリア・サポートⅠ✍️】 1年生を対象に「映像業界で働くとはどういうことか。映像関係にはどのような仕事があるか」といった見取り図を示す授業、キャリア・サポートⅠ。きょう年度最後の講義が行われ、石坂健治教授を講師に「国際映画祭プログラム・ディレクターの仕事」をテーマにトークが繰り広げられました。 東京国際映画祭のプログラミング・ディレクター(PD)を長く務める石坂教授は、各国の写真や映像資料を織り交ぜながら、「PDの仕事」の全体像を提示️ 一方、本授業を担当する緒方明教授は、アルフレッド・バウアー賞を受賞したベルリン国際映画祭をはじめとし、作り手として参加し見た国際映画祭の様子や業務を学生たちに語り聞かせます。 それを聴講した学生たちからは、より詳しく知りたい点について質問が飛び交うなど、これからのキャリアを考えるうえで勉強になった模様です。 日本映画大学では学生たちの就職・就業に向けたさまざまな授業やサポートを用意しております✨

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/1908107805866670

日本映画大学(私立大学/神奈川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    自主性を重視した体験型カリキュラム。基礎力を身につけ無理なく適性を見極める!

  • Photo

    高い専門性を活かし次代を担うエンジニアやメディアコンテンツ・クリエイターをめざす

  • Photo

    音楽、芸能、芸術、スポーツ、教育、公務員分野など、卒業後の活躍の場は多岐にわたる

  • Photo

    音楽、舞台芸術の専門分野を実践重視で追求。未来を切り開く豊かな人間力を育みます。

  • Photo

    幅広い音楽に触れて音楽的創造力アップ!一人ひとりに合ったレッスンで夢をカタチに

  • Photo

    あえて選ぶ「短大」。好きなことを好きなだけやれる演劇・音楽浸けの濃密な2年間

  • Photo

    想像力と表現力、課題解決力を身につけ、世界で活躍するデザイナー・クリエイターに

  • Photo

    デザイン・美術の領域から社会に新しい価値を提案するデザイナー、表現者を育成します

  • Photo

    外国語が飛び交う国際的なキャンパスで、自分らしく学ぶ

  • Photo

    「造形表現」を通じて思考力と創造力を磨き、多分野で活躍できる、創造的な人間になる

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる