• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本映画大学

私立大学/神奈川

ニホンエイガダイガク

日本映画大学の風景

映画を通じ、表現力、リーダーシップを磨き、多彩な分野で自分を生かす人になる。

小規模な大学だからできる、ひとりひとりのキャラクターに合った学びのプランを用意しています。

日本映画大学のトピックス

日本映画大学の特長

日本映画大学の特長1

学生自らが作っていく授業。映画づくりに集中できるカリキュラム

映画制作の演習や実習の期間は、集中して時間を費やす時間割を設定。映画づくりのことだけを考える濃厚な日々の中で、グループの仲間たちとの関係も密接になり、覚えたばかりの技術や知識をしっかりと身につけることができます。また、教員と事務局スタッフの全員が学生の相談に個別に応じ、アドバイスするきめ細やかなサポート体制を整えています。共同作業の中での悩みや将来の進路についての疑問など、大学生活のさまざまな面で困ったことがあったら、いつでも相談できます。環境の変化に慣れるのに時間がかかる1年生にはクラス担任制度を設けており、担任の教員が1年間を通じてサポートします。

日本映画大学の特長2

映画・テレビの第一線で活躍するプロが、納得がいくまでマンツーマンで教えます

教員は全員第一線で活躍中の映画監督、脚本家、キャメラマン、編集者や文芸批評家です。1年生から始まる実習では、各界で著名な講師を揃え、広い分野の専門家が様々な角度から映画と映像にアプローチ。4年間を通じ一人ひとりの顔が見えるナノクラスを実現しています。〈教員の最新作〉『花戦さ』(編集)阿部亙英、WOWOW『この街の命に』(監督)緒方明、BS朝日『新陰流 上泉伊勢守信綱』(撮影)さのてつろう、『いしぶみ』(録音)弦巻裕、舞台『陰獣』(作・演出)天願大介、『A2完全版』(プロデュース)安岡卓治、『「坊ちゃん」の時代』(著作)関川夏央

日本映画大学の特長3

44年にわたり、日本の映画・映像業界をささえる人材を送り出しています

本学の前身は、カンヌ映画祭で最高賞を2度受賞した今村昌平監督が1975年に創設した「日本映画学校(設立時:横浜放送映画専門学院)」。44年にわたり、多くの卒業生を映画・テレビ業界に送り出してきました。日本映画学校OB 【映画監督】『ラプラスの魔女』三池崇史、『コードギアス 復活のルルーシュ』谷口悟朗 【脚本】TBS『アンナチュラル』野木亜紀子、『純平、考え直せ』吉川菜美、『空飛ぶタイヤ』林民夫 【撮影】『無限の住人』北信康、『春待つ僕ら』小松高志 【編集】『来る』小池義幸、『コーヒーが冷めないうちに』宮島竜治 【録音】『響 HIBIKI』柳屋文彦 、 『あの頃、君を追いかけた』尾崎聡  ほか

右へ
左へ
日本映画大学の特長1

学生自らが作っていく授業。映画づくりに集中できるカリキュラム

映画制作の演習や実習の期間は、集中して時間を費やす時間割を設定。映画づくりのことだけを考える濃厚な日々の中で、グループの仲間たちとの関係も密接になり、覚えたばかりの技術や知識をしっかりと身につけることができます。また、教員と事務局スタッフの全員が学生の相談に個別に応じ、アドバイスするきめ細やかなサポート体制を整えています。共同作業の中での悩みや将来の進路についての疑問など、大学生活のさまざまな面で困ったことがあったら、いつでも相談できます。環境の変化に慣れるのに時間がかかる1年生にはクラス担任制度を設けており、担任の教員が1年間を通じてサポートします。

日本映画大学の特長2

映画・テレビの第一線で活躍するプロが、納得がいくまでマンツーマンで教えます

教員は全員第一線で活躍中の映画監督、脚本家、キャメラマン、編集者や文芸批評家です。1年生から始まる実習では、各界で著名な講師を揃え、広い分野の専門家が様々な角度から映画と映像にアプローチ。4年間を通じ一人ひとりの顔が見えるナノクラスを実現しています。〈教員の最新作〉『花戦さ』(編集)阿部亙英、WOWOW『この街の命に』(監督)緒方明、BS朝日『新陰流 上泉伊勢守信綱』(撮影)さのてつろう、『いしぶみ』(録音)弦巻裕、舞台『陰獣』(作・演出)天願大介、『A2完全版』(プロデュース)安岡卓治、『「坊ちゃん」の時代』(著作)関川夏央

日本映画大学の特長3

44年にわたり、日本の映画・映像業界をささえる人材を送り出しています

本学の前身は、カンヌ映画祭で最高賞を2度受賞した今村昌平監督が1975年に創設した「日本映画学校(設立時:横浜放送映画専門学院)」。44年にわたり、多くの卒業生を映画・テレビ業界に送り出してきました。日本映画学校OB 【映画監督】『ラプラスの魔女』三池崇史、『コードギアス 復活のルルーシュ』谷口悟朗 【脚本】TBS『アンナチュラル』野木亜紀子、『純平、考え直せ』吉川菜美、『空飛ぶタイヤ』林民夫 【撮影】『無限の住人』北信康、『春待つ僕ら』小松高志 【編集】『来る』小池義幸、『コーヒーが冷めないうちに』宮島竜治 【録音】『響 HIBIKI』柳屋文彦 、 『あの頃、君を追いかけた』尾崎聡  ほか

右へ
左へ
日本映画大学の特長1

学生自らが作っていく授業。映画づくりに集中できるカリキュラム

映画制作の演習や実習の期間は、集中して時間を費やす時間割を設定。映画づくりのことだけを考える濃厚な日々の中で、グループの仲間たちとの関係も密接になり、覚えたばかりの技術や知識をしっかりと身につけることができます。また、教員と事務局スタッフの全員が学生の相談に個別に応じ、アドバイスするきめ細やかなサポート体制を整えています。共同作業の中での悩みや将来の進路についての疑問など、大学生活のさまざまな面で困ったことがあったら、いつでも相談できます。環境の変化に慣れるのに時間がかかる1年生にはクラス担任制度を設けており、担任の教員が1年間を通じてサポートします。

日本映画大学の特長2

映画・テレビの第一線で活躍するプロが、納得がいくまでマンツーマンで教えます

教員は全員第一線で活躍中の映画監督、脚本家、キャメラマン、編集者や文芸批評家です。1年生から始まる実習では、各界で著名な講師を揃え、広い分野の専門家が様々な角度から映画と映像にアプローチ。4年間を通じ一人ひとりの顔が見えるナノクラスを実現しています。〈教員の最新作〉『花戦さ』(編集)阿部亙英、WOWOW『この街の命に』(監督)緒方明、BS朝日『新陰流 上泉伊勢守信綱』(撮影)さのてつろう、『いしぶみ』(録音)弦巻裕、舞台『陰獣』(作・演出)天願大介、『A2完全版』(プロデュース)安岡卓治、『「坊ちゃん」の時代』(著作)関川夏央

日本映画大学の特長3

44年にわたり、日本の映画・映像業界をささえる人材を送り出しています

本学の前身は、カンヌ映画祭で最高賞を2度受賞した今村昌平監督が1975年に創設した「日本映画学校(設立時:横浜放送映画専門学院)」。44年にわたり、多くの卒業生を映画・テレビ業界に送り出してきました。日本映画学校OB 【映画監督】『ラプラスの魔女』三池崇史、『コードギアス 復活のルルーシュ』谷口悟朗 【脚本】TBS『アンナチュラル』野木亜紀子、『純平、考え直せ』吉川菜美、『空飛ぶタイヤ』林民夫 【撮影】『無限の住人』北信康、『春待つ僕ら』小松高志 【編集】『来る』小池義幸、『コーヒーが冷めないうちに』宮島竜治 【録音】『響 HIBIKI』柳屋文彦 、 『あの頃、君を追いかけた』尾崎聡  ほか

右へ
左へ

日本映画大学からのメッセージ

【日本映画大学 大学案内2020 完成!】
 新年度の大学案内(パンフレット)が完成いたしました!
 「パンフを請求する」ボタンよりお取り寄せください★

(4/8更新)

日本映画大学の学部・学科・コース

日本映画大学のオープンキャンパスに行こう

イベント

アクセス・デイの詳細

アクセス・デイ

【イベント概要】 「映画の大学ってどんな授業があるの?」  簡単な授業体験をしてみませんか?  また…

続きを見る

オープンキャンパスの詳細

オープンキャンパス

【イベント概要】  ・特別企画(スペシャルトーク等)  ・入試説明  ・在学生、教員、職員による相談…

続きを見る

日本映画大学の入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しております。
また、昨年度の情報の可能性がありますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。

  • 試験実施数 エントリー・出願期間 試験日 検定料
    4 8/1〜3/4 8/11〜3/7 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    1 11/1〜11/14 11/18 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    3 1/7〜3/20 2/3〜3/22 入試詳細ページをご覧ください。
入試情報を見る

合格難易度

日本映画大学の学費(初年度納入金)

【2019年度納入金】 188万円

日本映画大学の就職・資格

就職支援

実務に直結した授業で実践力が身につき、現場の体験ができます

本学の特長は、毎日の授業それ自体が、就職に直結していることです。創作系の教員は、全員が映画業界のプロフェッショナルです。実習では、演出の仕方、脚本の書き方、機材の使い方はもちろん、現場の回し方、プロデューサーとしての製作費管理、スケジュール調整や取材対象との交渉などの実務を学びます。その経験を経て、在学中からインターンシップやプロの現場に入って働いている学生も、少なくありません。また、配給や宣伝のような、映像コンテンツを人に届ける仕事についても、国際映画祭のディレクターや事務局にたずさわる教員たちが、授業内外で実践的なアドバイスをできる体制を万全に整えています。

日本映画大学の問い合わせ先・所在地・アクセス

入試事務室

〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30
TEL:044-951-2511

所在地 アクセス 地図・路線案内
新百合ヶ丘キャンパス : 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30 「新百合ケ丘」駅北口徒歩 約1分

地図

 

路線案内

白山キャンパス : 神奈川県川崎市麻生区白山2-1-1 「新百合ケ丘」駅南口からバス 5分 「日本映画大学」前下車徒歩 1分

地図

 

路線案内

日本映画大学のブログ・インフォ

  • 2019年04月18日 09:33 facebook

    【卒業生の活躍|4.19(金)公開『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』】 脚本は本学園OGのうえのきみこ(日本映画学校9期 1997年卒)さんが担当しています✍️ 映画の公開を記念して、主題歌を書き下ろしたあいみょんの楽曲を使用した“スペシャル映像”がYouTubeにアップされました。 主題歌:あいみょん「ハルノヒ」   https://youtu.be/EfmNV46YQ80 今週末に公開を控えた本作とあわせてご覧ください!

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/2546076025403175

  • 2019年04月18日 09:02 facebook

    【撮影照明コースの学生たちが「特機講習」を受講しました】   https://www.eiga.ac.jp/news/20190417-01.html 4月15日、今村昌平記念スタジオにて、撮影照明コースの3年生と4年生が特機オペレーションとレンタルを専門に扱う株式会社NKL様による特機講習を受講しました。 今回の特機講習ではレール、ジブ、クレーンの使用方法の説明に始まり、実際に模擬撮影し、その効果がどのように表れるかを体験しました。 ▶株式会社NKL公式サイト https://www.nkl.jp/

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/2546046198739491

  • 2019年04月16日 15:23 facebook

    OB柴田啓佑監督が日本映画大学にお越しになりました。 監督作『あいが、そいで、こい』が6月22日から新宿K's cinemaで公開されることが決定し、ポスタービジュアルを初披露✨ ぜひご鑑賞ください! ▼卒業生スタッフ  監督/柴田啓佑(日本映画学校24期 2012年卒)  撮影/神野誉晃(同21期 2009年卒)  照明/山田弘樹(日本映画大学 3期 2017年卒)  編集/菊池智美(日本映画学校21期 2009年卒) ▼映画.comでの記事 柴田啓佑監督の初長編「あいが、そいで、こい」は6月22日に公開決定 https://eiga.com/l/yb4Xe

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/2543435062333938

  • 2019年04月15日 20:51 facebook

    さて、毎年恒例の日本映画大学でのAVID編集によるプロフィール実習が始まりました。 先週に、AVIDの操作やできることをレクチャーをして、今週から実習本番です。今年の学生は割と真面目で、週末に素材を集めてきたようです。「習うより慣れろ!」 で、頑張れ!

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/2542246049119506

  • 2019年04月12日 10:21 facebook

    【天願学長と石坂学部長が南京大学に招かれて集中講義を行いました】 https://www.eiga.ac.jp/news/20190412-01.html 4月8日~9日、天願大介学長と石坂健治映画学部長が南京大学の外国語学部に招かれ、「今村昌平から日本映画を考える」と題した集中講義を行いました。 南京大学は、中華人民共和国江蘇省南京市鼓楼区に本部を置く国立大学で、世界で最も古い大学の一つとされています。 1日目は石坂学部長が『にっぽん昆虫記』(1963)を中心に、今村昌平が戦前・戦後の日本社会をどのような視座から見つめているかを検証。 2日目は天願学長が自作『AIKI』(2002)について語り、最後に全体討議となりました。

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/2536951739648937

日本映画大学(私立大学/神奈川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 日本大学

    130年の伝統と116万人を超える校友パワーが、夢を実現する皆さんを応援します。

  • 横浜美術大学

    『キソヲツクル』×『ミライヲツクル』。あなたの創造性を基礎から育む10コース

  • 洗足学園音楽大学

    幅広い音楽に触れて音楽的創造力アップ!一人ひとりに合ったレッスンで夢をカタチに

  • 昭和音楽大学

    劇場とコンサートホールがあるキャンパスで実践に学び、音楽・舞台芸術の世界へ!

  • 桜美林大学

    外国語が飛び交う国際的なキャンパスで、自分らしく学ぶ

  • 東京工芸大学

    高い専門性を活かし次代を担うエンジニアやメディアコンテンツ・クリエイターをめざす

  • 多摩美術大学

    社会に新たな価値を生み出し「AI時代を勝ち残る」進路選択

  • 東海大学

    文理融合の理念の基、海外留学制度、他分野も学べる履修制度、キャンパス間留学制度

  • 玉川大学

    8学部17学科、ワンキャンパスの総合大学で充実した学生生活を送る!

  • 大正大学

    90年以上の歴史を持つ地域密着型の文系大学。文学からメディアまで多彩な学びを展開

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる