• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本映画大学

私立大学/神奈川

ニホンエイガダイガク

映画を通じ、表現力、リーダーシップを磨き、多彩な分野で自分を生かす人になる。

小規模な大学だからできる、ひとりひとりのキャラクターに合った学びのプランを用意しています。

日本映画大学の特長

学校の特長1

学生自らが作っていく授業。映画づくりに集中できるカリキュラム

映画制作の演習や実習の期間は、集中して時間を費やす時間割を設定。映画づくりのことだけを考える濃厚な日々の中で、グループの仲間たちとの関係も密接になり、覚えたばかりの技術や知識をしっかりと身につけることができます。また、教員と事務局スタッフの全員が学生の相談に個別に応じ、アドバイスするきめ細やかなサポート体制を整えています。共同作業の中での悩みや将来の進路についての疑問など、大学生活のさまざまな面で困ったことがあったら、いつでも相談できます。環境の変化に慣れるのに時間がかかる1年生にはクラス担任制度を設けており、担任の教員が1年間を通じてサポートします。

学校の特長2

映画・テレビの第一線で活躍するプロが、納得がいくまでマンツーマンで教えます

教員は全員第一線で活躍中の映画監督、脚本家、キャメラマン、編集技師や文芸批評家です。1年生から始まる実習では、各界で著名な講師を揃え、広い分野の専門家が様々な角度から映画と映像にアプローチ。4年間を通じ一人ひとりの顔が見えるナノクラスを実現しています。〈教員の最新作〉WOWOW『撃てない警官』(編集)阿部亙英、『この国の空』(脚本・監督)荒井晴彦、WOWOW『この街の命に』(監督)緒方明、『この国の空』 (撮影)川上皓市、『再会 禁じられた大人の恋』(撮影)さのてつろう、『海よりもまだ深く』(録音)弦巻裕、『赤の女王』(監督)天願大介、『A2完全版』(プロデュース)安岡卓治

学校の特長3

42年にわたり、日本の映画・映像業界をささえる人材を送り出しています

本学の前身は、カンヌ映画祭で最高賞を2度受賞した今村昌平監督が1975年に創設した「日本映画学校(設立時:横浜放送映画専門学院)」。42年にわたり、多くの卒業生を映画・テレビ業界に送り出してきました。日本映画学校OB■映画監督:『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』三池崇史、『怒り』李相日 ■脚本:『百円の恋』足立紳、TBS『逃げるは恥だが役に立つ』野木亜紀子、日本テレビ『黒い十人の女』バカリズム、日本テレビ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』川崎いづみ ■撮影:『シン・ゴジラ』山田康介 ■編集:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』坂東直哉 ■録音:『海賊とよばれた男』藤本賢一 ほか

右へ
左へ
学校の特長1

学生自らが作っていく授業。映画づくりに集中できるカリキュラム

映画制作の演習や実習の期間は、集中して時間を費やす時間割を設定。映画づくりのことだけを考える濃厚な日々の中で、グループの仲間たちとの関係も密接になり、覚えたばかりの技術や知識をしっかりと身につけることができます。また、教員と事務局スタッフの全員が学生の相談に個別に応じ、アドバイスするきめ細やかなサポート体制を整えています。共同作業の中での悩みや将来の進路についての疑問など、大学生活のさまざまな面で困ったことがあったら、いつでも相談できます。環境の変化に慣れるのに時間がかかる1年生にはクラス担任制度を設けており、担任の教員が1年間を通じてサポートします。

学校の特長2

映画・テレビの第一線で活躍するプロが、納得がいくまでマンツーマンで教えます

教員は全員第一線で活躍中の映画監督、脚本家、キャメラマン、編集技師や文芸批評家です。1年生から始まる実習では、各界で著名な講師を揃え、広い分野の専門家が様々な角度から映画と映像にアプローチ。4年間を通じ一人ひとりの顔が見えるナノクラスを実現しています。〈教員の最新作〉WOWOW『撃てない警官』(編集)阿部亙英、『この国の空』(脚本・監督)荒井晴彦、WOWOW『この街の命に』(監督)緒方明、『この国の空』 (撮影)川上皓市、『再会 禁じられた大人の恋』(撮影)さのてつろう、『海よりもまだ深く』(録音)弦巻裕、『赤の女王』(監督)天願大介、『A2完全版』(プロデュース)安岡卓治

学校の特長3

42年にわたり、日本の映画・映像業界をささえる人材を送り出しています

本学の前身は、カンヌ映画祭で最高賞を2度受賞した今村昌平監督が1975年に創設した「日本映画学校(設立時:横浜放送映画専門学院)」。42年にわたり、多くの卒業生を映画・テレビ業界に送り出してきました。日本映画学校OB■映画監督:『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』三池崇史、『怒り』李相日 ■脚本:『百円の恋』足立紳、TBS『逃げるは恥だが役に立つ』野木亜紀子、日本テレビ『黒い十人の女』バカリズム、日本テレビ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』川崎いづみ ■撮影:『シン・ゴジラ』山田康介 ■編集:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』坂東直哉 ■録音:『海賊とよばれた男』藤本賢一 ほか

右へ
左へ
学校の特長1

学生自らが作っていく授業。映画づくりに集中できるカリキュラム

映画制作の演習や実習の期間は、集中して時間を費やす時間割を設定。映画づくりのことだけを考える濃厚な日々の中で、グループの仲間たちとの関係も密接になり、覚えたばかりの技術や知識をしっかりと身につけることができます。また、教員と事務局スタッフの全員が学生の相談に個別に応じ、アドバイスするきめ細やかなサポート体制を整えています。共同作業の中での悩みや将来の進路についての疑問など、大学生活のさまざまな面で困ったことがあったら、いつでも相談できます。環境の変化に慣れるのに時間がかかる1年生にはクラス担任制度を設けており、担任の教員が1年間を通じてサポートします。

学校の特長2

映画・テレビの第一線で活躍するプロが、納得がいくまでマンツーマンで教えます

教員は全員第一線で活躍中の映画監督、脚本家、キャメラマン、編集技師や文芸批評家です。1年生から始まる実習では、各界で著名な講師を揃え、広い分野の専門家が様々な角度から映画と映像にアプローチ。4年間を通じ一人ひとりの顔が見えるナノクラスを実現しています。〈教員の最新作〉WOWOW『撃てない警官』(編集)阿部亙英、『この国の空』(脚本・監督)荒井晴彦、WOWOW『この街の命に』(監督)緒方明、『この国の空』 (撮影)川上皓市、『再会 禁じられた大人の恋』(撮影)さのてつろう、『海よりもまだ深く』(録音)弦巻裕、『赤の女王』(監督)天願大介、『A2完全版』(プロデュース)安岡卓治

学校の特長3

42年にわたり、日本の映画・映像業界をささえる人材を送り出しています

本学の前身は、カンヌ映画祭で最高賞を2度受賞した今村昌平監督が1975年に創設した「日本映画学校(設立時:横浜放送映画専門学院)」。42年にわたり、多くの卒業生を映画・テレビ業界に送り出してきました。日本映画学校OB■映画監督:『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』三池崇史、『怒り』李相日 ■脚本:『百円の恋』足立紳、TBS『逃げるは恥だが役に立つ』野木亜紀子、日本テレビ『黒い十人の女』バカリズム、日本テレビ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』川崎いづみ ■撮影:『シン・ゴジラ』山田康介 ■編集:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』坂東直哉 ■録音:『海賊とよばれた男』藤本賢一 ほか

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

アクセス・デイ [1日映画大生体験]

【イベント概要】※参加は高校生限定 「日本映画大学ってどんな授業があるの?」 高校生のみなさん!映画…

続きを見る

詳細を見る

オープンキャンパス

【イベント概要】  ・在学生、教員、職員による相談コーナー  ・入試説明  ・撮影スタジオ見学   …

続きを見る

日本映画大学からのメッセージ

■ 日本映画大学 秋のイベント情報 ■

★オープンキャンパス 予約不要
 10/15(日)特別企画「卒業制作上映祭 ~“卒制”を知れば映画大のすべてが見えてくる~」

★アクセス・デイ(1日映画大生体験)要予約
 9/30(土)
 11/3(金・祝)
 12/9(土)
 

(8/23更新)

日本映画大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

ラジオ・テレビ番組ディレクター

大竹 紀郎さん

やりたいことを自由に提案。自分の企画次第で、何でもできるのが魅力。

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

【2018年度納入金】 188万円

就職・資格

就職支援

実務に直結した授業で実践力が身につき、現場の体験ができます

本学の特徴は、毎日の授業それ自体が、就職に直結していることです。創作系の教員は、全員が映画業界のプロフェッショナルです。実習では、演出の仕方、脚本の書き方、機材の使い方はもちろん、現場の回し方、プロデューサーとしての製作費管理、スケジュール調整や取材対象との交渉などの実務を学びます。その経験を経て、在学中からインターンシップやプロの現場に入って働いている学生も、少なくありません。また、配給や宣伝のような、映像コンテンツを人に届ける仕事についても、国際映画祭のディレクターや事務局にたずさわる教員たちが、授業内外で実践的なアドバイスをできる体制を万全に整えています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試事務室

〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30
TEL:044-951-2511

所在地 アクセス 地図・路線案内
新百合ヶ丘キャンパス : 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30 「新百合ケ丘」駅北口徒歩 約1分

地図

 

路線案内

白山キャンパス : 神奈川県川崎市麻生区白山2-1-1 「新百合ケ丘」駅南口からバス 5分 「日本映画大学」前下車徒歩 1分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年10月20日 18:20 facebook

    【次回11/19オープンキャンパスの特集はズバリ映画美術❗】 ◆特別企画:映画美術で見る「世界」のつくり方✨ http://www.eiga.ac.jp/event/20171119-00000120.html 日本映画大学にはスタジオで学生たちが自らセットを組み立てる独自の授業があります。 次回のオープンキャンパス特別企画ではその「美術」をテーマにし、美術監督の稲垣尚夫さんと映画監督の中原俊さんとがトークを行い、実際に一からセットを造る様子を紹介しながら映画美術の魅力をお伝えいたします! 【日 時】 11/19(日)13:00~(受付12:30~) 【会 場】 日本映画大学 白山キャンパス 【登壇者】 稲垣尚夫(美術監督/本学客員教授) 中原俊(本学教授/映画監督) 映画・映像に関心がある方だけでなく、美術、舞台、デザイン等に興味がある方にもお勧めのイベントです! 多くのご来場をお待ちしております!

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/1819907584686693

  • 2017年10月19日 01:21 facebook

    【特色ある授業|CM制作実習 part2】 撮影照明コースの3年生たちが取り組んでいるCM制作 現場レポート動画の続編です❗️ カメラクレーンも出てきましたね。 どんなCMができるのでしょう…!? #日本映画大学

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/1818313954846056

  • 2017年10月17日 12:21 facebook

    【原恵一監督が日本映画大学で特別講義を行いました❗】 http://www.eiga.ac.jp/news/20171016-01.html 映画・映像文化コースの3年生が取り組んでいる授業「上映企画ワークショップ」の一環として、映画監督の原恵一さんが日本映画大学を訪れ特別講義を行いました。 原監督の作品群は10/25より開催される今年の東京国際映画祭で特集上映が組まれています✨ ▼第30回東京国際映画祭 アニメーション特集「映画監督 原恵一の世界」 http://2017.tiff-jp.net/news/ja/?p=43726 いま最も忙しく活躍される原監督をお招きするため、学生たちは自ら設営、受付、司会、進行などを考え合い、入念に準備をしてきたうえで各役割を務めました。 講義を聴きに来た学生たちからは監督の作品解説を求める声の他にも、「アニメと実写の現場の違い」「原監督が敬愛する木下恵介監督の作品論やその影響」「社員監督またはフリーランスで活動する際の苦労や利点」など次々と手が挙がり、原監督のご厚意もあり講義時間を延長して質疑応答が行われることに。 講義終了後にはなんとパンフレットにサインをいただけることとなり、長蛇の列ができました! 最後は原恵一監督を囲んでの記念撮影 学生の皆さん、お疲れさまでした。そしてお忙しいなかお越しいただき学生たちにメッセージを発信いただいた原監督には厚く御礼申し上げます。

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/1816861968324588

  • 2017年10月16日 14:20 facebook

    【特色ある授業|CM制作実習】 日本映画大学の学生たち(3年撮影照明コース)が今年も大学を紹介・宣伝するCMを制作中です❗️ 企画の段階から自主的に取り組んでくれています。とてもありがたいです。 完成、公開は年明け以降とまだ先ですが、撮影現場の様子をお届けします

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/1815987565078695

  • 2017年10月16日 01:21 facebook

    【10.15オープンキャンパス|卒制上映祭を開催しました✨】 生憎の雨にもかかわらず多くの方々に「卒業制作上映祭」にご来場いただきましたこと、厚く御礼申し上げます。 上映作品は日本映画大学第3期卒制として制作された映画『沢のぼり』と『ひいくんのあるく町』 劇場公開もされた『ひいくんのあるく町』上映後には監督の青柳拓さんがゲストに訪れ(写真)、制作背景のみならず、本学へ入学した理由やドキュメンタリーコースの魅力等もお話しいただき、映画を志す高校生や留学生に温かいメッセージをお送りいたしました! 同作は全国ロードショー中で近くでは11月に大阪へ、12月には長野へと公開が続きます。 ▼映画公式サイト http://hikun.mizukuchiya.net/ 鑑賞をご希望で見逃された方は、今後の劇場情報をチェックしてみて下さい。また本日ご覧になった方々におかれましても、お住まいの地域で上映する機会がございましたら、ご友人等にぜひお声かけいただけましたら幸いです❗ 卒業制作映画は目にすることが限られておりますが、第2回「卒制上映祭」も開催する運びとなりましたら、またどうぞよろしくお願いいたします。

    https://www.facebook.com/599503770060420/posts/1815486328462152

請求できるパンフ・願書はこちら

無料
大学案内と募集要項(願書含む)(2018年度版)
日本映画大学(私立大学/神奈川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    自主性を重視した体験型カリキュラム。基礎力を身につけ無理なく適性を見極める!

  • Photo

    高い専門性を活かし次代を担うエンジニアやメディアコンテンツ・クリエイターをめざす

  • Photo

    音楽、芸能、芸術、スポーツ、教育、公務員分野など、卒業後の活躍の場は多岐にわたる

  • Photo

    音楽、舞台芸術の専門分野を実践重視で追求。未来を切り開く豊かな人間力を育みます。

  • Photo

    幅広い音楽に触れて音楽的創造力アップ!一人ひとりに合ったレッスンで夢をカタチに

  • Photo

    あえて選ぶ「短大」。好きなことを好きなだけやれる演劇・音楽浸けの濃密な2年間

  • Photo

    想像力と表現力、課題解決力を身につけ、世界で活躍するデザイナー・クリエイターに

  • Photo

    デザイン・美術の領域から社会に新しい価値を提案するデザイナー、表現者を育成します

  • Photo

    外国語が飛び交う国際的なキャンパスで、自分らしく学ぶ

  • Photo

    「造形表現」を通じて思考力と創造力を磨き、多分野で活躍できる、創造的な人間になる

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる