• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 秋田公立美術大学

公立大学/秋田

アキタコウリツビジュツダイガク

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2017年8月時点)

秋田公立美術大学の学部・学科・コース

美術学科 (募集人数:100人)

入試情報

実施している前年度入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

学費(初年度納入金)に関しては、「すべて見る」からご確認ください。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒010-1632  秋田県秋田市新屋大川町12-3
TEL:018-888-8105

所在地 アクセス 地図・路線案内
秋田県秋田市新屋大川町12-3 JR羽越本線「新屋(秋田県)」駅から徒歩15分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年10月18日 09:17 facebook

    台南應用科技大学と国際交流協定を締結しました 平成29年10月11日(水)、台湾の台南應用科技大学と本学が、国際交流協定を締結しました。国外の大学と協定を結ぶのは、今回が初めてとなります。 この協定は、台南應用科技大学と秋田公立美術大学の両機関における学術的成果の向上と、教育機関としての目標達成能力の向上を目的とし、今後、教員や学生の交流を進め、双方の教育環境を充実させていくことを目指します。 【台南應用科技大学】 台南應用科技大学は、台湾国台南市にある私立総合大学で、デザイン学部、芸術学部のほか、観光や経済分野の学部の5学部から構成されています。デザイン学部および芸術学部は、陶芸工房や版画工房、コンピュータルーム、金属工作室、陶芸工作室、演奏ホールなどの施設を有しており、充実した教育環境にあることが特徴です。 海外の大学等との交流を深め、世界中に拠点を拡げることにも力を入れており、アジア、欧州各国からの留学生を始め、日本語を話せる学生や教員も多数在籍しています。また、キャンパス内に学生寮、託児施設などがあるほか、学生が授業の一環で管理に携わるホテルや食堂もあり、学外にもひらいた大学として、地域に根付いた教育を行っています。 【これまでの経緯】 台南應用科技大学とは、平成26年度以降、両大学の教員が互いに双方の大学を訪問するなどして、交流を重ねてきました。 今年4月には、両大学の学長が面会し協定締結の最終確認を行ったほか、台南應用科技大学で本学の教員2名(山本准教授、石倉准教授)が、本学の特徴や秋田の文化、さらには、それぞれの研究分野について、現地の学生に向けて特別講義を行いました。

    https://www.facebook.com/617395778313241/posts/1666109566775185

  • 2017年10月18日 01:18 facebook

    ビジュアルアーツ専攻の3年生が地道に準備を進めてきた初めての専攻課題展!なかなか面白くなりそうな予感です。タイトルは「総合格闘技」!まだその全貌は明らかになっていませんが、自分自身の総合力を駆使してアート表現と格闘するという意味なのか、それぞれの多彩なアート表現が競い合うということなのか、それとも、また他の意味があるのか・・・。ぜひ会場で、VA専攻3年生たちの「総合格闘技」の全貌をご確認ください。 秋田公立美術大学 ビジュアルアーツ専攻 3年生専攻専攻課題展「総合格闘技」 会期:2017年 10月25日(水)〜10月31日(火) 時間:11:00-17:00(最終日は、14:30まで) 会場:新屋NINO(秋田市新屋扇町84-27)

    https://www.facebook.com/617395778313241/posts/1665800253472783

  • 2017年10月13日 11:17 facebook

    「第1回 Crealab展」開催のお知らせ  秋田公立美術大学1年生による展示サークル「Crealab(クレアラボ)」の展覧会を開催します。  「Crealab」とは、ラテン語の「Creare-創造する」、「Laboratory-研究所」を合わせた造語です。今回は絵画、立体、インスタレーション、絵本など、多分野に渡り展示します。  学生の瑞々しい感性をぜひご覧ください。 【第1回 Crealab展】 開催日時: 11月5日(日)~11月17日(金)※月曜日休館       9:00~16:30(最終日のみ15:00まで) 開催場所:アトリエももさだ 住  所:秋田市新屋大川町12-3 電話番号:018-888-8137 【Crealab】 ホームページ  http://crealab01.businesscatalyst.com/index.html Facebook  https://www.facebook.com/crealab123/ Twitter  https://twitter.com/crealab3

    https://www.facebook.com/617395778313241/posts/1661563590563116

  • 2017年10月12日 16:17 facebook

    【アーツ&ルーツ・公開レクチャーのお知らせ】 映像人類学者/国立民族博物館准教授・川瀬慈氏をお招きし、『向三軒両隣』企画による映像を交えた公開レクチャーを開催致します。『精霊の馬』、『ドゥドゥイエー禁断の夜』などの上映の他、本専攻教員・石倉敏明が聞き手となり対話形式で進行致します。公開講座となりますので、皆様のご参加お待ちしております。 ============================ 映像制作と“リアリティ”へのダイビング Filmmaking and Diving into Reality 映像人類学の方法論は、21世紀に入って大きく変貌した。観察者や旅行者として異文化に出会う時、個人はどうやって人類学者やアーティストに「変容」するのだろうか。汎用性の高いデジタル機器を携行するようになり、他者の生きる現実への潜行(リアリティ・ダイビング)としての映像術とともに、民族誌のあり方も変容を遂げつつある。この講演では、革新的な民族誌映像を発表し続ける川瀬慈氏を招き、自らの感覚に根ざした身体的な即興性と高度なテクノロジーを並存させる方法を通して、映像制作に置ける超越性や「目に見えないもの」との接触・表象可能性について考察する。 ○日時:2017年10月16日(月)18:00-20:00 ○場所:秋田公立美術大学大学院棟1F(G1S)   出演:川瀬慈(映像人類学者、国立民族学博物館准教授)   聞き手:石倉敏明(人類学者、秋田公立美術大学准教授)   入場無料・先着40名(事前申し込み不要)

    https://www.facebook.com/617395778313241/posts/1660869837299158

  • 2017年10月07日 11:16 facebook

    「秋田空港“Recording of Akita Project”」作品展示のお知らせ 秋田空港1階パブリックスペースと手荷物受取所内にて、秋田公立美術大学大学院助手の草彅裕さんと宮本一行さんによる作品展示を行っています。 この展示は、公共的施設等の未利用空間を新たな情報発信の場と位置付け、美術大学らしい特色のある空間づくりを目指し、秋田空港ターミナルビル株式会社様と協働して今年7月から行っている事業です。 前回の本学卒業生の展示に引き続き、今回は本大学院助手2名による「秋田の川」を題材とした写真作品を展示し、草彅さんの「玉川」シリーズと宮本さんの「小阿仁川」シリーズを、期間ごとに入れ替えていきます。 秋田空港へお越しの際は、ぜひ足を止めてご鑑賞ください。 「秋田空港“Recording of AKITA Project”」 展示場所A:秋田空港1階 パブリックスペース内 展示期間:平成29年10月〜11月末 ※10月は草彅裕さんの作品、11月は宮本一行さんの作品を展示 展示場所B:秋田空港1階 手荷物受取所内 展示期間:平成29年7月~平成30年3月末 ※期間中は、定期的に展示内容を更新 お問い合わせ:秋田公立美術大学事務局企画課 TEL 018-888-8478 メール kikaku@nts.akibi.ac.jp ---------------------------------------------------------------------- 草彅裕/Kusanagi Yu 「玉川」 2017 秋田公立美術大学大学院助手着任 2007 東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科修了 生まれ育った秋田の自然、風土をテーマに写真を撮り続けている。 活動略歴 2016 秋田の雪夜を7年間撮り続けた写真集「SNOW」(FOIL出版)刊行 コニカミノルタ公募展審査通過 草彅裕写真展「SNOW」コニカミノルタプラザ(新宿) 2014 in between.ShaShin Book Award 2014 ベストセレクション選出 KYOTOGRAPHIE 国際写真フェスティバル「ネイチャー・イン・トーキョー」に日本の現代写真家13 人として森山大道、川内倫子、田附勝らと共に選出 2012 ペンタクスリコーイメージング主催「ペンタクスリコーフォトコンテ スト」準特選 2010 Canon 主催「2010 年度写真新世紀」佳作賞(蜷川実花選) 2007 コニカミノルタ主催「フォト・プレミオ」入賞・木村伊兵衛写真賞ノミネート 2004 第33 回日本広告写真家協会(APA)公募展文部科学大臣賞 他、個展、グループ展等多数。 http://yu-kusanagi.com/works/ ---------------------------------------------------------------------- 宮本一行/Miyamoto Kazuyuki 「小阿仁川」 2017 秋田公立美術大学大学院助手着任 2012 武蔵野美術大学大学院造形研究科デザイン専攻映像コース修了 環境の変化を新しい視点から観察することを題材に、映像・音響・電子メディアを用いながら作品制作を行う。 活動略歴 2016 American Architecture Prize 入選(Small Architecture, Professional) The IDA International Awards 銀賞(Architecture) Asia Digital Art Award 入賞(Interactive Art) 2015 A’ Design Award 銀賞(Interior Space and Exhibition Design) Design for Asia Awards 銀賞(Environmental Design) London International Creative Competition 佳作(Architectural Design, Professional) Core77 Design Award 優秀賞(Built Environment, Professional) テラダ・アート・アヴォード ファイナリスト DSA 日本空間デザイン賞 協会特賞 2014 東京デザイナーズウィークAsia Awards 入賞 DSA 日本空間デザイン賞 協会特別賞 Asia Digital Art Award 入賞(Moving Images) 2013 DSA 日本空間デザイン賞 審査員賞・協会特別賞 第47 回SDA 賞 入選(研究・開発・実験サイン部門) 2012 DSA 日本空間デザイン賞 優秀賞 2010 東京デザイナーズウィーク 入賞(International Container Museum) 2009 HKDA Asia Design Award 銅賞(Spatial Design) 神戸ビエンナーレ 奨励賞(グリーンアート展) 第43 回SDA 賞 入選(小型サイン部門) DDA ディスプレイデザイン賞 協会特別賞 2008 東京デザイナーズウィーク 入賞(International Container Museum) 他、芸術祭への作品入選歴多数。

    https://www.facebook.com/617395778313241/posts/1656061977779944

秋田公立美術大学(公立大学/秋田)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ