• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都薬科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 薬学部

私立大学/京都

キョウトヤッカダイガク

薬学部

定員数:
360人

医療分野や製薬企業などで活躍する高度の専門能力と研究能力を合わせ持つ“ファーマシスト・サイエンティスト”を育成

学べる学問
  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問で、基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。薬学を学べる学部には、薬学部のほかに薬科学部があります。これは4年制の学部で、主に研究者の育成を目的としています。薬を扱ううえでは、細かな計測や厳重な安全管理が欠かせません。ですから、几帳面な性格の人は、薬学に向いているといえるでしょう。薬学を学んだ人の多くは、薬剤師として薬局や病院に就職します。そのほかにも、製薬会社での研究開発や、食品、化粧品会社での商品開発に携わる人、公務員として薬学の知識を生かせる職に就く人もいます。いずれにしても薬を通して、人々の健康や生活の安全にかかわっていく仕事です。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 麻薬取締官

    法学と薬学の知識を生かして違法薬物を取り締まる専門職

    麻薬取締官とは、麻薬や覚せい剤などの違法な薬物の流通や不正売買、それにともなう犯罪を取り締まる国家公務員です。犯罪を取り締まることから警視庁や警察庁が就職先と思われることがありますが、厚生労働省の所属になり、就職先は厚生労働省の地方支分部局である、地方厚生局内の麻薬取締部になります。そのため、麻薬取締官になるには、厚生労働省麻薬取締部の採用試験に合格して採用される必要があります。採用後は各種研修を受け、事務官などの経験を積んだ後に、麻薬取締官として任命されます。採用は不定期で、かつ若干名しか採用されない狭き門です。薬物を取り扱うことから薬学に、さらに、犯罪を取り締まることから法学に精通している必要があります。まずは4年制大学の法学部、または6年制の薬学課程がある大学を目指すことがスタートになるでしょう。麻薬取締官は特別司法警察職員ともよばれ、刑事と同様に犯罪者と対面したり、捜査や容疑者を逮捕したりする権限もあり、小型武器で武装することも認められています。そのため、体力、精神面ともにタフであることも必要です。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 大学教授

    専門の研究をもち、大学のゼミや講義で指導する

    大学教授になるまでには、助教→講師(専任・非常勤)→准教授→教授と順を追って昇進していくのが一般的。教授には研究室や研究予算が与えられるので、独自の専門分野の研究を続けつつ、学生の指導にもあたる。指導力も重要だが、定期的に学会などで論文を発表したり、研究成果を出していくことも大切な仕事だ。

  • 病理学研究者

    患者がどのような病気にかかっているか調べたり、病気にかかった細胞を観察・分析して病気を研究する。

    病理学研究者の役割は大きく二つに分かれる。ひとつは、患者の細胞を採取して、どのような病気にどの程度かかっているかを診断する「病理診断」。この場合、診断結果をカルテに記入して医師に渡すが、時には医師と話し合い、直接患者に病状の説明などを行い治療に強力することもある。そしてもうひとつの役割が、細胞などを観察・分析して、なぜ病気にかかるのか、どのように進行するのかなど、病気そのものを研究する「病理研究」の仕事がある。仕事場は、病院または大学などの研究室。研究結果を論文として発表し、医学会に貢献する。

  • 薬剤師

    正しく安全に薬を調剤、医療と患者の架け橋になる

    医師の指示にもとづき、薬局や病院、診療所で薬の調剤、薬品の管理や販売にあたる。活躍の場は幅広く、薬局や病院、診療所のほかに製薬会社に勤務して薬品の研究や開発に携わる場合もある。また薬局を開業するケースもある。薬剤師は不足傾向にあり、採用は広がっている。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 医薬情報担当者(MR)

    医師に薬品の情報を提供する

    MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業販売をする人。医療機関に出入りし、メーカーを代表して医師らに医薬品の情報を提供したり、情報を収集する仕事。また、各研究機関への委託研究の連絡や研究発表、シンポジウムを手伝うこともある。

bug fix
初年度納入金:2018年度納入金 226万5000円  (内訳:入学金40万円、授業料180万円、教育後援会費3万円、学生自治会費2万円、同窓会入会費1万5000円)
bug fix

募集学科・コース

6年間の一貫した教育プログラムでScience(科学)、Art(技術)、Humanity(人間性)のバランスのとれた人材を育成!

学部の特長

学ぶ内容

専門科目が1年次からスタート。専門英語を強化し、3年次後期には研究室に配属
一般的に教養科目の履修が中心となる1年次から「専門科目」を開講。早期から専門分野を学ぶことで、薬学への興味・関心を高めていきます。1・2年次で英語以外の第2外国語の履修が可能。3年次後期から全員が研究室に配属され、基礎手法から取り組み姿勢まで、研究に必要とされるさまざまな素養を身につけます。
4年次には1~4年次の知識の統合を行い、5年次では学外実務実習、6年次は6年間の総まとめを実施
薬学共用試験(CBT・OSCE)を控える4年次では1~4年次の学修成果を再確認します。5年次に“探求薬学コース”と“実践薬学コース”のいずれかを選択します。5年次は病院と薬局でそれぞれ11週間の実務実習を実施。また研究テーマをより深く掘り下げます。6年次前期は研究成果のまとめを行うとともに英語での卒論発表を行います。後期は国家試験合格に向けた対策を行っていきます。

カリキュラム

国際化にも力を入れたカリキュラム
●第2外国語の履修
1年次から2年次にかけて第2外国語を履修します。ドイツ語やフランス語、中国語を開講。文法・講読を中心としたものですが、それぞれの言語が用いられている国や地域の文化的背景などの知識も養います。
●英語教育
1年次から4年次まで科学英語および薬学英語を履修。医療人である薬剤師に必要な医療の進歩・変革に対応するための語学力やプレゼン能力を養成します。
●TOEIC(R)LISTENING AND READING TESTの受験で、レベルアップ
1・3・5年次の学生全員がTOEIC(R)LISTENING AND READING TESTを受験します(受験料は大学負担)。英語力の向上を意識づけるための機会を提供しています。
●クリニカルリサーチマネジメントプログラムで、実践的な英語力を養成
5年次の実践薬学コースのうち、医薬開発ユニットでは「クリニカルリサーチマネジメントプログラム(7週間)」を設けています。探究薬学コースを選択した場合でも希望すれば受講することができます。本プログラムの講義は医薬品開発業務受託機関(CRO)に勤める外国人講師により全て英語で行われ、グループディスカッションの時間も設けられています。治験に関する実践的な知識が身につくほか、英語力を向上させる良い機会となっています。
●英語で行う卒業論文発表(ポスター発表)
6年次では、各自の卒業論文に関するポスターの作成・発表・質疑応答を全て英語により行います。国際交流協定締結大学の教員や学生が発表内容について積極的に質問・意見交換を行っています。本学における卒業論文発表は1年次から積み上げてきた薬学の知識、外国語のスキル、そして研究で培った力を注ぎこんだ集大成となります。

研究室

3年次後期から始める研究活動で実践力を強化し、専門能力と研究能力を習得します
3年次後期という早い段階から全学生がいずれかの研究室に所属。5年次からは“探求薬学コース”と“実践薬学コース”にわかれ、自分が思い描く将来ビジョンに合わせた研究スタイルを決定します。研究活動を通じ、実験の手法はもちろん、課題や問題を発見・解決する能力を培っていきます。

資格

受験資格が得られる資格
薬剤師<国>

クチコミ

未来をつくる研究トピックス
●2017年6月に文部科学省の「多様な新ニーズに対応する『がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)』養成プラン」の選定を受け、大学院に「個別化がん薬物療法を専門とする薬剤師養成コース」を設置しました。
●文部科学省の「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に採択されており、2つのプロジェクトを推進しています。
●本学、京都工芸繊維大学、京都府立医科大学、京都府立大学の4大学が連携し、ヘルスサイエンス分野の教育研究を推進しています。

留学

夏季休暇を利用した「サマープログラム」
(参加者には、往復渡航費の一部補助として海外短期留学奨学金が給付されます。)
●ドイツ フライブルク大学サマープログラム(24日間、2・3年次生希望者対象)
午前中は基礎的なドイツ語の授業を受けます。午後はドイツの文化や歴史・地域に関するセミナーをドイツ語又は英語で受講できます。世界中から集まった留学生と共に、大学が主催する様々なイベントに自由に参加することができます。フライブルク大学付属病院薬剤部の見学ツアーも用意されています。期間中は大学の寮に宿泊します。
●米国ボストン MCPHS 大学サマープログラム(2週間、2・3年次生希望者対象)
午前中は薬学英語を、午後は薬化学の基礎や日米の薬剤師業務の違い等、薬学に関する授業を英語で受講します。また、ボストンの世界有数の病院や地域の薬局、研究室等を見学することができます。現地学生との交流会や、プレゼンテーションの機会もあり、グローバルな視点を養うことができます。期間中は大学の寮に宿泊します。

奨学金

充実の学内奨学金!4種の給付型奨学金と2つの緊急時支援型奨学金制度で安心の6年間
●4種の給付型奨学金制度
入試成績優秀者を対象にした「入試成績優秀者給付型奨学金」、前年度成績優秀者を対象とした「成績優秀者給付型奨学金」、研究、クラブ活動、ボランティア活動等において活躍した学生を対象とする「研究・課外活動優秀者給付型奨学金」、近畿2府4県以外の学生で下宿生活をしている成績優秀な学生を対象とした「遠隔地出身学生給付型奨学金」の4種の返還不要の給付型奨学金制度により、学生の勉学・研究・課外活動への意欲を経済面からサポートします。
●2つの緊急時支援型奨学金制度
授業料の支払いが困難な学生を対象にした「貸与型奨学金」と、家計における経済的事情により修学が困難となった学生を対象とした「授業料減免型奨学金」の2つの緊急時支援型奨学金制度により、万が一、家計が困窮した場合においても、勉学を諦めることなく、卒業まで安心した学生生活を送ることができます。

学生支援・制度

“学生相談員制度”“学生相談室”による心強いバックアップ体制
学生相談員の教員が学業や学生生活全般の悩みや問題について一緒になって考え、きめ細かにサポートする“学生相談員制度”に加え、学生のさまざまな悩みを、常駐の臨床心理士がカウンセリングする“学生相談室”があり、安心した学生生活が送れるように支援を行います

就職率・卒業後の進路 

●就職率(2017年3月卒業生)/100% (就職者数331名/就職希望者数331名)
●大学院進学・本学研修員等/29名
●主な就職先(2017年3月卒業生)/京都大学医学部附属病院、近畿大学医学部附属病院、神戸大学医学部附属病院、名古屋大学医学部附属病院、岡山大学病院、アステラス製薬、大塚製薬、エーザイ、第一三共、武田薬品工業、麻薬取締官、科学捜査研究所、大阪市、京都府、京都市、兵庫県、三重県、和歌山県 ほか

問い合わせ先・所在地

〒607-8414 京都府京都市山科区御陵中内町5 
TEL:075-595-4600(代表) 
kpu-koho@mb.kyoto-phu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都薬科大学 : 京都府京都市山科区御陵中内町5 JR「山科」駅から徒歩約8分
地下鉄「山科」駅から徒歩約8分
京阪「京阪山科」駅から徒歩約8分

地図

 

路線案内


京都薬科大学(私立大学/京都)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る