評定平均はどう計算される?学校推薦型選抜(旧推薦入試)の基準になる?

高校受験の時に内申点を気にしていた人も多いことだろう。大学受験では、内申点と呼ばず評定となる。

近年は学校推薦型選抜を選ぶ人も増えていて、特に私立大学では割合が増えており、何らかの推薦で入学する人が約半数となっている*。

では、評定平均とは具体的にどう計算されるのだろう? また、学校推薦型選抜の際にどのように選考にかかわってくるのだろうか?

スタディサプリ講師で、カンザキメソッド代表の神﨑史彦先生にアドバイスをもらった。

*出典:文部科学省「令和2年度国公私立大学・短期大学入学者選抜実施状況の概要」

今回教えてくれたのは
神﨑史彦先生​
神崎史彦先生

株式会社カンザキメソッド代表取締役。
スタディサプリ講師。私立学校研究家。高大接続・教育コンサルタント。
大学卒業後、大学受験予備校において小論文講師として活動する一方、通信教育会社や教科書会社にて小論文・志望理由書・自己アピール文の模擬試験作成および評価基準策定を担当。
のべ6万人以上の受験生と向き合うなかで得た経験や知見をもとに、小論文、志望理由・自己アピール・面接の指導法の「カンザキメソッド」を開発する。
現在までに刊行した参考書は26冊(改訂版含む)、販売部数はのべ25万冊、指導した学生は10万人以上にのぼる。

評定平均とは?

評定平均とは?

評定平均の重要性や計算方法を理解しよう

評定平均とは学校推薦型選抜の出願条件で、一般的に使われる基準だ。

高校1年生から高校3年生の1学期までの成績の平均で、高校生活を評価する際の指標になる。

特に学校推薦型選抜では、高校側が推薦するための判断材料として在学時の成績や学びの姿勢を問うので、評定平均が重視される。

一方で高校からの推薦を得る必要がない総合型選抜でも、大学側が志望者の高校時代の過ごし方を判断するために、評定平均の提出を求めることがある。
 
評定平均値の計算のしかたは「高校1年生から高校3年生の出願するまでの間に履修していた全科目の評定(5段階)を平均したもの」
 
次に、その具体的な付け方を見ていこう。

「全体」と「教科別」がある

 「全体の評定平均3.5以上」といったように、全科目の評定平均のみを指定する大学・短大もあれば、「全体の評定平均が4.0以上で、英語は4.3以上」など、全体に加えて、特定教科の評定平均を指定する大学・短大もある
 
教科ごとの評定平均はその教科の科目すべてを足して、科目数で割ったもの。

専門分野に関連する科目の評定平均を、個別に確認して適性を見るわけだ。
「例えば 、数学の場合は、数Ⅰ、数A、数Ⅱ、数B、数Ⅲ、数Cがあります。

そうすると、数学はすべての科目を履修すれば、6科目になります。

その6科目分の評定の平均値が、数学という科目の評定平均になるのです」(神﨑先生)

評定平均の付け方

評定の基になるのは、それぞれの学科の成績。

基本的には定期考査の点数が基になるが、定期考査の点数だけ良ければOKというわけではない。
「評定評価には、定期試験の要素以外も入りますよ。

2022年度から高校で実施される学習指導要領では、授業で3観点といわれる「知識及び技能」「思考力・判断力・表現力など」「学びに向かう力、人間性など」の育成を目標とすることが決まっています

評定も3観点が習得されているかどうかが、見られることになるでしょう」(神﨑先生)
定期考査以外の毎日の授業の場でも、3観点の習得をアピールできるように心がけよう。

評定平均の計算方法

評定平均の計算方法はシンプル。

全科目の学年末の評定評価(5段階)を足し合わせ、科目数で割った数となる

評定平均値小数点以下第2位を四捨五入するため、3.7や4.6といった数で表される。
 
評定平均は高1、高2のすべての評定、高3の1学期の評定で計算される

卒業間際の成績ではなく、高1からの定期テスト結果が反映されるしくみというわけだ。
 
そのため、もうすぐ受験だからといって頑張っても、時すでに遅し!

評定平均を上げるためには、高1、高2の時からしっかり頑張らなければいけないのだ。
 
逆に1度ぐらい定期考査で失敗しても、それ以外のテストが良ければカバーできるので、1年生から毎日の授業や、毎回の定期テストに全力で臨もう。
 
評定平均と学習成績概評の関係は以下のとおりだ。

   

全体の学習成績の状況 学習成績概評
5.0 〜 4.3 A
4.2 〜 3.5 B
3.4 〜 2.7 C
2.6 〜 1.9 D
1.8 以下 E

出典:文部科学省「令和3年度大学入学者選抜実施要項」

◆評定平均をすぐに上げるのは難しい?
 
大学側が学校推薦型選抜の際に求める評定平均は難関校なら4.0以上と非常に高い値。

高校生活の途中から急に頑張っても、それまでの成績が悪ければ、なかなか求める評定平均には達しない。

1年生からしっかり点数を取る必要があるが、たとえ定期テストで数回失敗しても絶望することはない。
「定期テストの数でいったらば、1年間3学期で5回あります。

その5回のテストから評定が付くのです。

例えば、1~2年生のなかでの中間テストだけ点が下がってしまったとしても、1年5回のテストのどこかでリカバーが利きます。

ただ3年生だけは1学期までの2回の定期テストを主な判断材料として、成績学年の評定がつきます。

そういう意味では3年生の成績は注意しないと失敗したときにダメージが大きいということを、覚えておきましょう」(神﨑先生)

計算方法の例

計算方法の例

成績表をもとに評定平均を計算してみよう

具体例をもとに評定平均の計算方法の出し方をシミュレーションしよう。

高校1年生時に下のような成績表の人がいたとする。

するとどのような計算になるだろうか。

  






A


A


I

A









I


I


5 3 3 4 4 5 4 4 4 5 5 5 5


すべての評定を足すと56になる。

科目数は13。評定の平均を科目数の合計で割ると…

56 ÷ 13 = 4.3 高校1年の評定平均は4.3となる。

では高校2年はどうだろう。

高校2年生では理系になって選択科目が変わったが、その場合も履修した科目の評定の合計を科目数で割ることになる。

  





B


B


II


B





I


II


II




4 3 5 4 3 4 5 4 4 3 4 4

 
すべての評定を足すと47になる。

科目数は12。つまり 47 ÷ 12 = 3.9 高校2年の評定評価は3.9となる。

評定平均が高校1年生の時よりも下がってしまった!

しかし推薦時に提出する評定平均は、通常全学年を合算する。

よって高校2年生までの評定平均は(56+47)÷(13+12)=4.1 となる。
 
以上の例から、高校1年からしっかりと評定を上げていくことが大切だということがわかるだろう。

また体育や音楽なども1科目の重みがあるので、しっかりと取り組むことが大切だということもわかる。

全体の評定平均は、ここに3年生の1学期までの成績が加わる。

先に神﨑先生が指摘しているように3年生だけは1学期の2回の成績だけで学年の評定が決まる。

3年生の1学期の成績は評定平均に与える影響が大きいので、特に注意しよう。
◆10段階評価の場合は?
 
高校のなかには、成績を10段階で評価している高校もある。

評定平均値は5段階の成績で計算するものなので、10段階評価の場合は出願時に5段階に直して算出しなくてはならない
 
10段階評価の場合の5段階への直し方は、学校ごとに換算基準が定められており、それぞれ異なる。
 
例えば、10段階のうち9と10が5になる学校もあれば、8、9、10が5になる学校もあるということだ。

高校それぞれに換算する基準が違うので、先生に確認しておこう。

評定平均は推薦入試での基準になる?

評定平均は推薦入試での基準になる?

評定平均は学校推薦型選抜、総合型選抜でどのくらい重視されるのだろうか

評定平均がなぜ大切なのかといえば、学生が高校生活をどのような姿勢で取り組んだかをわかりやすく示す数字だから。

高校時代の過ごし方をもとに選抜する、推薦入試の出願条件として指定されることが多いのだ。
 
ただし推薦入試のなかでも、評点平均が選抜に影響する度合いには違いがある。

学校推薦型選抜 指定校制での評定平均と合格率

学校推薦型選抜 指定校制の場合は、評定平均がとても重視される。
 
学校推薦型選抜のなかでも学校推薦型選抜指定校制は、大学と高校の信頼関係の上になりたつ推薦制度。

通っている高校が大学に指定されていること、その高校の校長からの推薦を得ていることが条件だ。
 
もしも学校推薦型選抜指定校制で入学した生徒が大学の期待どおりでなかった場合、その後に出身高校の指定校枠を取り消されてしまうことにもなりかねない。

そんなことにならないように、指定校制の場合は普段からコツコツと学業に励める生徒が選抜されるといえるのだ。
 
その客観的な尺度が評定平均だと見なされる。
 
その代わり、学校推薦型選抜指定校制の推薦を高校から得ることができれば、合格可能性はかなり高いというメリットがある。
 
必要な評定平均は高校の進路指導の先生が把握しているはずだ。

合格率などと併せて聞いてみよう。
◆気になる学校の入試情報を確認しよう
カンタン!3STEPでGET! 資料請求はこちらから

学校推薦型選抜 公募制での評定平均と合格率

公募制は指定校制とは違って、高校が大学から指定を受けていなくても出願できる推薦入試。

ただし 公募制であっても出身高校の代表として、校長から推薦される入試だということには変わりなく、一定の評定平均が出願資格として設けられている場合も多くある
 
例えば、広く全学部・学科で公募制の学校推薦型選抜が行われている上智大学では、多くの学部・学科で全体の評定平均4.0以上が求められている。

その上で、外国語学科などは外国語・国語それぞれの評定平均値4.3以上など、学科にかかわる科目ではさらに高い評定平均値を求めているケースが多い。

上智大学の2021年度の学校推薦型選抜 公募制合格率は全学科合計で2.0倍。

一般入試の全学科の合計倍率が3.5倍なので、それよりも低い倍率で入学することができるといえる。

*出典:上智大学 入試案内2022年度 推薦入学試験(公募制)、2021年度入試統計一覧

◆気になる学校の入試情報を確認しよう
カンタン!3STEPでGET! 資料請求はこちらから

総合型選抜での評定平均と合格率

総合型選抜は書類審査と詳細な面接などを組み合わせることによって、入学志願者の能力や大学で学ぶ適性があるかどうかを総合的に判定する入試方法。
 
書類審査はあくまでも選考方法のひとつだが、一部の大学では、受験資格として評定平均が設けられており、これを満たしていないと受験資格を得ることができない

つまり評定平均で足切りされることもあるのだ。
 
具体的な学校の募集基準を見てみよう。

例えば、慶應義塾大学の法学部FIT入試(総合型選抜)は、AとBのふたつの方式があり、A方式は評定平均に関係なく出願が可能だ。

一方でB方式は「高等学校等での学業成績が優秀で、高等学校等の全期間の成績を記載した調査書における指定の各教科(外国語、数学、国語、地理歴史、公民)および全体の学習成績の状況が4.0 以上の者」という基準が設けられている。
 
下の実績からもわかるように、評定に関係がなく出願できるA方式の倍率は、約6.4倍だが、評定平均の提出が求められるB方式は約3.2倍と倍率が低く、また入学者も多い*。

  

2021年度 FIX入試結果             合格者数には、A方式、B方式の両方式に合格した者を含みます

学科 募集人員 方式  志願者数  第1次合格者数 最終合格者数
合計 合計 合計
法律学科 最大80名 A方式  95  153 248 12 38 50  9  30 39
B方式 59 125 184 15 58 73 8 50 58


*出典: 慶應義塾大学 募集要項および出願書類 FIT入試、法学部 出願資格および提出書類、選考方法、選考結果

 
このように総合型選抜の場合だとしても、高い評定平均をもっていれば出願先も広がり、合格の確率も高まるということだ。
「総合型選抜は詳細な書類審査とていねいな面接を組み合わせることによって、意欲や目的意識、能力や、適性を見る選抜方式。

要は、総合的に要素を判断するという試験です。

それゆえに、その時の調査書の中身の重要度までは明記されていません。

ただ、提出を求められた場合は、まったく合否に関係がないはずがありません。

もちろん評定平均が高ければ有利になるでしょう」(神﨑先生)
◆気になる学校の入試情報を確認しよう
カンタン!3STEPでGET! 資料請求はこちらから

評定平均が出願基準に足りていない場合は?

出願基準に満たない場合は、出願することができないことを覚えておこう

大学側が求める評定平均の出願基準に少しでも足りていない場合、基本的に出願自体が不可能だ。
 
また学校推薦型選抜で校内選考がある場合は、出願基準をギリギリ満たしていても、ほかに評定平均が高い人が学内にいれば、推薦枠を得られない可能性が高まる。
 
推薦を狙う場合は、できる限り評定平均を上げられるように心がけておく必要があるのだ。

推薦入試で重視される評定平均まとめ

◆ 評定平均とは高校1年生から高校3年生の1学期までの成績の平均
 
◆ 評定平均の算出方法は、全科目の成績(5段階)を足し合わせ、科目数で割った数
 
◆ 全体の評定平均に加えて、特定教科の評定平均の提出を求める大学・短大もある
 
◆ 評定平均値は5段階の成績で計算するものなので、高校が10段階評価の場合は出願時に5段階に直す必要がある
 
◆ 評定平均は学校推薦型選抜の場合、指定校制・公募制ともに重要視される
 
総合型選抜の場合も、評定平均が高いほうが出願の選択肢が広がり、合格率が高まる
評定平均を上げるには、高校入学時からのどんな科目も満遍なく努力する姿勢が必要だ。

どのように評定平均が導き出されるかを頭に入れておけば、思わぬところで気を抜いて評定平均を落としてしまうことも防げるし、定期考査で失敗したときにカバーする方法も見えてくる。

記事を参考に、評定平均アップを目指して頑張ろう。

 
取材・文/蜂谷智子 監修/神﨑史彦 構成/寺崎彩乃(本誌)
◆気になる学校の入試情報を確認しよう
カンタン!3STEPでGET! 資料請求はこちらから

★関連記事はこちら

指定校制の学校推薦型選抜(旧指定校推薦)とは?仕組みや試験内容をチェックしよう

学校推薦型選抜(旧推薦入試)とは?公募制と指定校制の違い、出願資格・スケジュールも徹底解説

総合型選抜を基礎から解説! AO入試からどう変わった? 学校推薦型選抜との違いは?