• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 動物・畜産・水産
  • トリマー

トリマー

トリマー

犬や猫などのペットを美しく健康にする美容師

犬や猫などのペットの毛や皮膚、爪の手入れをするペット専門の美容師。飼い主に対して、ペットの健康管理やしつけ、手入れのアドバイスをするのも仕事のひとつ。トリマーやペット・グルーミング・スペシャリストなどの資格を持っていると重宝される。

トリマーのやりがい

大好きな動物にかかわれる仕事であることに、最もやりがいを感じている方が多いようです。さらに、さまざまな手入れをすることで見違えるほど見た目が良くなり、飼い主に喜びと感謝の言葉をもらった時は、この仕事に携わって良かったと思う人が多いようです。また、ドッグショーなどに出場する犬の仕上げを担当する際には、緊張感と責任感を感じ、大きな達成感が得られます。自分の技量次第では、独立する道も目の前に広がっています。

トリマーの就職先・働く場所

ペットショップ、ペットサロン、動物病院などがトリマーの主な働く場所です。短期や長期の預かりだけではなく、グルーミングサービスもあわせて行うところが増えているペットホテルや、多くの犬が飼育されているテーマパークなどの動物施設もトリマーの働き場所になってきています。ただし、ペットショップは犬を売ることが本業なので、販売員として働くことも求められますし、動物施設では飼育員としての役割が必要とされる場合があります。また、ペットショップなどで経験を積んだ後、独立する道も開けています。

  • ペットショップ
  • 動物病院

トリマーの年収・給料・収入

トリマーとして初めて働き始める時の年収は200万円前後、特別手当のある職場なら240万円前後という額が、一応の目安です。ペットショップ、ペットサロン、動物病院など勤め先による給料の差は、あまりないようです。スタッフとして働いていた職場から独立し、自分でペットサロンを開いて繁盛したり、際立つセンスと技術でカリスマトリマーと呼ばれるような存在になれれば、より高い収入も期待できます。

トリマーの将来の展望

犬などのペットに美容のケアを行うなどということは、50年前には考えられもしませんでした。しかし、深く愛情を注いで飼育され、ペットが家族の一員となっている現在では、定期的にグルーミングに通うことは、かなり一般的になっています。この傾向は、今後も続くと思われます。トリマーの仕事も広く認知されつつあり、働き先が近い将来激減する可能性は少ないと言われています。ペットの高齢化による介護という分野の仕事も、注目度が高くなっています。

トリマーになるには

トリマーになるには、特別の資格などは必要ありません。トリマーになる方法は、大きく分けて2とおりあります。トリマー養成のスクールや専門学校に通って知識や技術を身につけて、ペットショップ・ペットサロンや動物病院などに就職する方法がひとつ。もうひとつは、ペットショップやペットサロンなどで働きながら、先輩トリマーから技術を教えてもらう方法です。この場合は、見習いから始めて、実践を重ねてトリマーとしての実力をつけていきます。

トリマーの適性・求められる力

日々の職場で接するのは犬が中心なので、まずは犬が好きだということです。他の生き物に触れる機会も現実にはあるので、広く動物が好きだということはとても大切です。そのうえで、ブラッシング、シャンプー・リンス、爪切りにカッティングといった通常の仕事で求められる知識と技術をもっていることが重要です。また、立ち仕事が多く、時には大型犬をコントロールしなければならないような場面も出てくるので、力や体力、我慢強さも必要です。

トリマーの学校の選び方

トリマー養成コースのある専門学校で学ぶのが一般的です。学校によりカリキュラムは異なりますが、犬学、動物美学、飼養管理学、ハンドリング理論、グルーミング理論などの学科や実習、しつけや訓練の実習などで広範囲に犬についての知識と実技を学びます。通学せずに学ぶ方法としては、通信講座があります。テキストやDVDを中心に学びます。コース内容によって変わりますが、原則的な学習期間は半年から1年に設定されている講座が多いようです。

トリマー【JKC公認】

犬専門の美容師として、動物の美容や健康についてアドバイスする

犬や猫などのペット専門の美容師として、毛や皮膚の手入れをしたり、ペットの健康や飼い方について飼い主からの相談に応えていくのがトリマー。なかでもJKC((社)ジャパンケネルクラブ)が認定する資格は、犬専門。犬の毛のブラッシングや爪切り・耳掃除、シャンプー・リンス、ドライヤーによる乾燥、カッティング、そして健康や飼い方の知識までを幅広く習得する必要がある。

トリマー【JKC公認】の就職先

JKC公認トリマーのほぼ9割が女性。ペットを飼う人が年々増え、それとともにトリマーのニーズも高まっていて、特に都市部では就職率が高い。活躍の場は、ペットショップ、ペット専門美容室、犬の繁殖を専門に行うブリーダー、犬を預かってドッグショー用に育成するハンドラー、動物病院などさまざま。ペットショップを開業したり、フリーのトリマーとして個人的に活躍している人もいる。

トリマー【JKC公認】をとるには

トリマー【JKC公認】の受験資格

JKC公認トリマーのランクはC級、B級、A級、教士、師範の5つがある。C級の受験資格は、満18歳以上で、JKCの会員(入会金2000円、年会費4000円)として、2年以上在籍しているか、JKC公認トリマー養成機関で所定の課程を修了した者。JKC公認トリマー養成機関は、全国に48機関ある。

トリマー【JKC公認】の合格率・難易度

合格率
89.2%(C級)92.4%(B級)70.9%(A級)
※2015年度

資格団体

(一社)ジャパンケネルクラブ
電話:03-3251-1656
URL:http://www.jkc.or.jp/
  • パンフ・願書請求キャンペーン
トリマーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

専門学校岡山ビジネスカレッジ - オープンキャンパス(パティシエコース) - 2017/07/08~2017/07/22 - 岡山県岡山市北区岩田町3-22
名古屋スクール・オブ・ビジネス - ファッションビジネス学科【7月体験】オシャレを先取り! - 2017/07/09~2017/07/15 - 愛知県名古屋市中区栄5-1-3
専門学校岡山ビジネスカレッジ - オープンキャンパス(診療情報管理士コース) - 2017/07/08~2017/07/22 - 岡山県岡山市北区田町1-1-9