• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 立教大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 現代心理学部
  • 映像身体学科

私立大学/東京・埼玉

リッキョウダイガク

映像身体学科

募集人数:
176人 (増員)

「人間とは何か」を探求。身体と映像をめぐる新しい思考、表現をめざす。

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 哲学・宗教学

    人間のあり方、心のよりどころについて理論的に研究する

    哲学は、「人間とは?」「社会とは?」という問いを追求するために、研究分析を通じて、人生・世界・事物の根本原理など、人間の真実を究めていく学問。宗教学は人間と人間社会を全体としてとらえるために、宗教の教義や背景となる歴史・文化等を調査しながら研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

目指せる仕事
  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • 広告プランナー

    商品などを売り出すためのアピール方法を企画する

    商品や企業イメージなどをその時代や流行、消費者ニーズを考えながら、どのように広告していけばいいのか企画するのが仕事。イメージ作りはもちろん、デザイナーやコピーライターを集めたり、どの時期にその媒体に広告を打つと効果が高いかなども考えながら仕事を進める。

  • 大学教授

    専門の研究をもち、大学のゼミや講義で指導する

    大学教授になるまでには、助教→講師(専任・非常勤)→准教授→教授と順を追って昇進していくのが一般的。教授には研究室や研究予算が与えられるので、独自の専門分野の研究を続けつつ、学生の指導にもあたる。指導力も重要だが、定期的に学会などで論文を発表したり、研究成果を出していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 136万1500円  (入学金含む)

学科の特長

学ぶ内容

身体にとっての映像、映像にとっての身体を映像制作の体験を通して考える
映像が持つ力や可能性を「映像学」として多角的に研究。また、映像に関する理論と歴史を「身体学」とともに学び、身体にとっての映像、映像にとっての身体を映像制作の体験を通して考える。講義科目のほか、演習では文献講読や批評、シナリオ、企画書の執筆などを行う。撮影スタジオ、試写室でのワークショップも行われる

授業

シナリオを書く、デジタルシネマをつくる
講義科目では身体と映像をめぐって世界の理論や思想を紹介し、それらを統合する視点を学ぶ。演習では少人数クラスによる文献講読や、批評、シナリオ、企画書の執筆などを行う。ワークショップでは撮影スタジオ、試写室、ロフト教室などを活用し、デジタルシネマ、写真、舞踏、演劇、アジアの身体技法といった実習に取り組む
映像制作のワークショップ
映画独自の時間と空間に敏感になるために、複数のグループに分かれ、ビデオカメラを使って実際に映像作品を制作する。作品の構想、制作の過程、そして完成後に、教員と学生の間、学生同士できめ細かい議論をして、映画についての思考力を高めていく
実社会の第一線で活躍するプロがそろう、充実した教授陣
教授陣には映画監督、舞踊家、放送作家など実社会の活動の中で国際的評価を得てきたプロをはじめ、その道の第一線で仕事をする人たちがそろっている。現場を熟知した教授陣とともに深く考え、作業することで、創造的な「現場の感覚」を呼吸できる

卒業後

卒業後の進路は、映像クリエイター、広告業界、自治体の文化活動プランナーなど
映画、ビデオ、デジタルシネマなどの映像コンテンツの制作も積極的に行い、世界的視野を持つ、すぐれた映像制作者の育成をめざしている。また、広告、情報、映像コンテンツに関係するクリエイティブ産業、自治体などにおける文化活動のプランナー、健康産業などを想定している

制度

チューター制度で卒業論文、卒業制作を指導
専任教員全員がチューターとなって、学生一人ひとりの学習や進路についてきめ細やかに相談に応じ、卒業論文または卒業制作の完成までを指導する。創作、制作の現場の体験を豊富に持つ教授陣の指導により、将来のキャリアへの自覚とスキルを高める
学校概要

世界はここに。国際的知性とコミュニケーションスキルを身につけた真の国際人の育成

社会の変化に伴い、大学教育も変革が必要とされます。本学では建学の精神を大切に守りつつ常に新しい教育を展開。文部科学省のスーパーグローバル大学創成支援にも採択され、国際社会で通用する人間力を育成します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 司書<国> 、
  • 学芸員<国>

社会教育主事任用資格 ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 96 %

( 就職希望者247名 )

主な就職先/内定先

    三菱東京UFJ銀行 、 りそなホールディングス 、 損害保険ジャパン日本興亜 、 日本生命保険 、 ジュピターテレコム 、 東日本電信電話 、 日本放送協会 、 日本郵便 、 読売広告社 、 全日本空輸 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※学部全体のデータです

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL03-3985-2660

所在地 アクセス 地図・路線案内
新座キャンパス : 埼玉県新座市北野1-2-26 「志木」駅から徒歩 約15分
「志木」駅からバス 約10分 ※スクールバスも有
「新座」駅から徒歩 約25分
「新座」駅からバス 約10分 ※スクールバスも有

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

立教大学(私立大学/東京・埼玉)