• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本電子専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • CG・映像分野
  • コンピュータグラフィックス研究科(3年)

東京都認可/専修学校/東京

ニホンデンシセンモンガッコウ

コンピュータグラフィックス研究科(3年)

募集人数:
40人

業界標準のCG制作ソフトだけでは表現が難しい「ハイレベルなCG制作技術」を3年間で習得!

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

初年度納入金:2018年度納入金 138万7000円  (入学金含む)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

目指すのは、世界レベルのCGを創りだすテクニカルCGクリエイター!
ものすごい人数の群衆による格闘シーンや無数の砂粒で作られた流砂のごとく姿を変える怪物など、CG業界で標準的に使用されているCG制作ソフトだけでは表現が難しい「ハイレベルなCG制作技術」を習得。卒業後はプログラミング技術を駆使したCG制作ができるテクニカルCGクリエイターをめざします。

授業

「Maya」「ZBrush」をはじめとする業界標準の制作ツールも、もちろん使用
プロ仕様の3DCG制作ソフト「Maya」「3ds Max」をはじめ、映像編集用に「Adobe(R)AfterEffects(R)/Premiere(R)」、ペイントや画像加工用に「Adobe(R)Photoshop(R)/Illustrator(R)」を完備。3Dスカルプトツール「ZBrush」や液体表現に優れたシミュレーションシステム「Real Flow」も授業に導入しています。
プログラム用オリジナル教材や、産学連携の作品制作などが充実
3DCG制作ソフト「Maya」の標準的な機能では難しい表現を自由に追加できる「MEL」。本校講師執筆のオリジナル教材はCG業界で高い評価を得ており、解説と練習という構成で実習しながら「MEL」を理解できます。また、国内CG・映像業界の大手企業と強力に連携。実際にテレビで放映される映像を作成することも可能です。

卒業後

業界への近道となる「校内入社試験」をはじめ、万全の就職サポート体制を用意
CG業界の企業を含め約150社が本校の学生のためだけに、入社試験を校内で実施。いつもの教室でリラックスして受験できる機会を用意するほか、白組、デジタル・フロンティアなど約700社の採用担当者が参加する本校主催の合同企業説明会なども実施し、CG・映像分野への就職を強力にサポートしています。

奨学金

初年度納入金より10万円免除。本校指定の作品提出で「美術特待生」になるチャンス!
「美術特待生」は、本校昼間部専願で、本校が指定する作品を提出する方を対象に選抜。提出作品は「鉛筆デッサン1点」「全身クロッキー3点」「自由制作1点」の計5点で、合格すると初年度納入金(入学金を除く)より10万円が免除されます。※出願方法等の詳細は資料請求後の送付物にてご確認ください。

イベント

世界最大のCGの祭典「SIGGRAPH(シーグラフ)」で、本校学生や教員が制作した作品が入選
世界のエンタテインメントをリードするCG・映像業界の企業が最先端の作品を出展するSIGGRAPH(シーグラフ)において、1982年以来、本校教員や学生が制作または制作に携わった36作品が入選。シーグラフへの入選がキッカケで就職が決まった学生もいるなど、CG業界で活躍するキッカケにもなっています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • CGクリエイター検定 、
    • CGエンジニア検定 、
    • 色彩検定(R)

    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    東映アニメーション 、 白組 、 オムニバス・ジャパン 、 デジタル・フロンティア 、 テレビ朝日クリエイト 、 NHKメディアテクノロジー 、 サンジゲン 、 ユーフォーテーブル 、 オーエルエムデジタル 、 MARK ほか

※ 2017年3月卒業生実績 (学校全体)

テクニカルCGデザイナー/ディレクター、CGプログラマ、モーションキャプチャエンジニアなどとして活躍

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒169-8522 東京都新宿区百人町1-25-4
フリーダイヤル0120-00-9691(携帯・PHS可)
jp@jec.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区百人町1-25-4 「大久保(東京都)」駅から南口を出て徒歩 2分
「新大久保」駅から徒歩 7分
「新宿」駅から西口を出て徒歩 10分
「西武新宿」駅から北口を出て徒歩 5分
「新宿西口」駅からD5出口を出て徒歩 6分

地図

 

路線案内


日本電子専門学校(専修学校/東京)