• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 労働基準監督官
  • やりがいを聞いてみよう
労働基準監督官のやりがいを聞いてみよう

労働基準監督官のやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

賃金の未払いやサービス残業、安全管理の行き届いていない生産現場や突然の解雇など、労働者の環境には数多くの問題が横たわっています。労働基準監督官の職務は、そうした不当な労働条件や危険な職場環境を改善して、あらゆる職場で、労働者が人間らしく安心して働ける状態にすることを使命として、立ち入り検査や監督・指導に情熱を傾けています。悪質な隠ぺいなどに対しては、不正は許さないという毅然とした態度で立ち向かい、司法警察の権限を行使することもあります。

安心して働ける世の中のために

賃金の未払いや長時間労働など、使用者(雇用者、事業者)と労働者とのトラブルは根深く、表面化しにくい部分でもありますが、不利な状況に置かれた労働者の声をすくい上げることは労働基準監督官の最も大切な任務と言えます。時間がかかっても法定労働条件(働くうえで適正な賃金や労働時間などについて法で定められた条件)が守られていたり、労働災害防止のための指導が実を結んだりすると、安心して働けるようになったと感謝される機会もあります。こうした一つひとつの成果が次へのモチベーションになります。

法律への理解が企業と社会の安全を作る

工場などの生産現場では、法律に基づいた安全対策が満たされていないケースが多々あり、設備投資に多くの資金をかけられない事業者に理解を得るにはていねいな説明が欠かせません。安全の確保は労働者を守るだけでなく、それが会社の信用を生んで、ひいては社会の安全にもつながるので、事業者が目に見える形で是正に取り組んでくれたときの達成感は大きいようです。

誰かの将来に手を差し伸べられる仕事

仕事が原因での負傷や、命を落としてしまう事故などは、本来あってはならないことです。それだけに労働基準監督官に課せられた使命は大きいといえます。労働基準監督署で扱う業務のひとつである労働災害補償は、働くことが困難になった労働者や、遺族に対して補償を行うことです。できる限り迅速におこなうことで、たとえささやかでも明日の暮らしに助けの手を差し伸べることができます。使命感と共に大きなやりがいを感じられる職務と言えます。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

労働基準監督官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路