• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 労働基準監督官
  • 気になる?年収・給料・収入
労働基準監督官の気になる?年収・給料・収入

労働基準監督官の気になる?年収・給料・収入

全国のオススメの学校

労働基準監督官は国家公務員なので、給料は法律によって定められた俸給表に準じた金額が支給されます。諸手当には、扶養手当、住宅手当、通勤手当、超過勤務手当や夏冬の年2回、期末・勤勉手当(ボーナス)があり、民間企業のように業績に左右されない安定性は魅力です。また、福利厚生についても手厚く、育児休暇の取得が比較的容易であるといったメリットは収入のように数字に表れない部分ですが、将来設計のポイントとなりそうです。

採用当初の給与は約18万円

厚生労働省所属の国家公務員である労働基準監督官の給与は、法律で定められた「行政職俸給表(一)」が基準となり、職責や在職期間に応じて昇給します。採用直後の場合、21万5880円(2017年4月1日時点で、東京都特別区内に勤務の場合)、勤務地が地域手当の対象外の場合は、17万9900円です(平成29年度労働基準監督官採用試験受験案内 人事院・厚生労働省)。諸手当には、扶養手当、住宅手当、通勤手当が用意されているほか、超過勤務手当や夏冬の年2回、期末・勤勉手当(ボーナス)が支給されます。公務員という職業は安定性で人気ですが、福利厚生についても充実しています。ライフワークバランスを考えた育児休暇や介護休暇の取得のしやすさなどは、将来の生活設計にとっても大切なことがらで、労働行政を扱う官庁として手本となるべき職場環境とも言えます。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

労働基準監督官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路