• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 名古屋大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 農学部

国立大学/愛知

ナゴヤダイガク

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2018年8月時点)

農学部

定員数:
170人

農学部

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究するのが農学です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

bug fix
初年度納入金:2018年度納入金(参考) 81万7800円  (文部科学省令で定める2018年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)
bug fix

募集学科・コース

生物環境科学科

資源生物科学科

応用生命科学科

学部の特長

学ぶ内容

農学部
 フィールド科学教育研究センター(農場、演習林など)を利用した実地教育が広く行われているのが特色。
 生物環境科学科では、自然生態系の仕組みの理解や、環境と調和した生物資源の持続的利用のための研究を行っている。生物と環境を見つめ、社会に生かすことができる人材の育成を目指す。主な科目として、生態学、生物圏環境学、木質環境学、生物材料機能学、バイオマス科学などがある。
 資源生物科学科では、地球上の動植物や微生物の巧みな生存戦略や多様性を理解する。また、安全な食糧確保についての理解も深め、生物の生き方や仕組みを学び、世界の食を支えることができる人材の育成を目指す。主な科目として、植物生理学、細胞工学、動物繁殖学、農業・資源経済学などがある。
 応用生命科学科では、生命現象を分子のレベルで科学することができる人材の育成を目標とする。バイオの力を利用して人類の食と健康に貢献するための研究をする。主な科目として、分子細胞生物学、有機化学、微生物学、食品機能化学などがある。

入試・出願

入試一覧

合格難易度

問い合わせ先・所在地

〒464-8601  愛知県名古屋市千種区不老町
TEL (052)789-5765 (教育推進部入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東山キャンパス : 愛知県名古屋市千種区不老町 地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車すぐ

地図

 

路線案内

※こちらのページは旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2018年8月時点)


名古屋大学(国立大学/愛知)