• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 杏林大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医学部

杏林大学 医学部

先進的かつ体系的なカリキュラムが「良医」を育てる!高度な技術と人間性を兼ね備え、国際的に活躍できる人材へ

学べる学問
  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

目指せる仕事
  • 医師

    患者の病気の治療や手術を行い、研究者として医学の進歩に寄与する

    医師は、大学病院やクリニック・診療所などで病気の患者に対して検査や診察を行い、病気や体の状態を把握して治療を行います。このように、医師が実際の患者と接することを「臨床」と呼びます。医師の中には「臨床」ではなく、医学の進歩に寄与するための「研究」を行う人もいます。治療が困難な病気に対して研究を行い、実験などの結果を論文にまとめることで、病気のしくみの解明、治療方法の開発を目指します。

bug fix
bug fix

杏林大学 医学部の募集学科・コース

医学科

杏林大学 医学部のキャンパスライフShot

杏林大学 気胸患者に対して穿刺を行う実習風景。座学だけでなく、実技の修得にも力を注ぎます
気胸患者に対して穿刺を行う実習風景。座学だけでなく、実技の修得にも力を注ぎます
杏林大学 授業とは別の英会話のレッスンは、井の頭キャンパスの英語サロンで。全学部が三鷹市に集結したメリットの1つです
授業とは別の英会話のレッスンは、井の頭キャンパスの英語サロンで。全学部が三鷹市に集結したメリットの1つです
杏林大学 クリニカルクラークシップは海外の病院でも実施。自身で交渉し、自由に研修先を選ぶことも可能です
クリニカルクラークシップは海外の病院でも実施。自身で交渉し、自由に研修先を選ぶことも可能です

杏林大学 医学部の学部の特長

医学部の授業

カリキュラムの特色
【1年次】医師として必要な基礎知識を学ぶ学年。「医療科学」では、社会構成と医療、患者心理学、コミュニケーション理論などを学習。「臨床医学入門」では、入学後すぐに臨床医学に触れられます。語学は、英語だけでなくドイツ語、フランス語、中国語など幅広く選択可能。
【2年次】解剖学、生理学、生化学など「人体の構造と機能」を理解するための科目を中心に学びます。少人数によるグループワークを取り入れ、基礎科目の完全理解を図っています。人体解剖実習を通して、医学生であることを肌で実感するのもこの時期です。
【3年次】2年次までに学んだ人体の仕組みに「病態」をプラス。微生物学、熱帯病・寄生虫学、薬理学など、臨床医学への架け橋ともいえる科目を学ぶ時期です。後期からは統合型の臨床医学の講義が始まり、臓器系統別に構造と機能・病態・診断と治療などを学習します。
【4年次】3年次後半に引き続き、統合型の臨床科目を配置。臓器系統別の他に、感染症、免疫・アレルギー、腫瘍、発育・小児、老化、救命と救急医療など、学ぶ範囲も多彩に。統合型講義の後は、「臨床診断総論」で、医療面接や身体診察、症状や診察所見から診断をつけたり、必要な検査や医療計画を立てる能力を習得します。また平成28年度より、4年次後期からの臨床実習を実施。より多くの現場を経験することができます。
【5年次】臨床実習が中心の1年間。医療の現場で先輩医師と接することによって、「あの先生のようになりたい」という将来像を明確にする手助けにもなります。診療やカンファレンス、勉強会、手術・検査の見学、救急車同乗実習など、多彩な臨床体験の場を用意しています。
【6年次】全課程の総仕上げとなる臨床総合演習を受講します。診療チームの一員として診療に参加し、より実際の医師に近い形で行う「クリニカルクラークシップ」も実施。本学の付属病院をはじめ、国内だけでなく海外の医療機関にも自由に実習に行けます。その後は卒業試験と国家試験が待っています。

医学部の施設・設備

学部の特色
三鷹キャンパスは付属病院が敷地内にあり、臨床現場を身近に感じながら6年間の学生生活を送ることができます。1年次の4月には病院実習(見学)もあります。

医学部のスペシャル情報

  • point スペシャルムービー

    大学生になったらやってみたいこと

    2016年に開設した井の頭キャンパスや吉祥寺・三鷹の街を舞台に、杏林大学の学生と現役高校生が『大学生になったらやってみたいこと』をキャンパスライフを通して動画で紹介するスペシャルムービー。

    杏林大学のスペシャル情報

杏林大学 医学部の学べる学問

杏林大学 医学部の就職率・卒業後の進路 

■付属病院での卒後研修
どの専門分野に進んでも「土台となる臨床能力を習得できる」環境で学べることが特色です。特に麻酔科(2ヵ月)、救急(3ヵ月)の研修を通して、生命予後に直結する疾患・病態に対する診療能力が高まります。
■卒業後の進路
卒業者の多くが、杏林大学医学部付属病院で卒後研修を受けています。2年間の臨床研修修了後は、臨床系大学院へ進む道や、発展途上国での医療プロジェクトへ参加するなどの進路もあります。

杏林大学 医学部の問い合わせ先・所在地

〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
0422-47-0077 入学センター

所在地 アクセス 地図・路線案内
三鷹キャンパス : 東京都三鷹市新川6-20-2 JR・京王井の頭線「吉祥寺」駅南口よりバス(乗り場:6番または7番) 約20分 「杏林大学病院入口」または「杏林大学病院前」下車
京王線「仙川」駅よりバス 約15分 「杏林大学病院前」下車
京王線「調布」駅北口よりバス(乗り場:13番または14番) 約25分 「杏林大学病院前」下車
JR「三鷹」駅南口よりバス(乗り場:7番または8番) 約20分 「杏林大学病院前」または「杏林大学病院入口」下車

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

杏林大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る