• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 杏林大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 長澤 あかりさん(保健学部 看護学科/看護師)

私立大学/東京

キョウリンダイガク

子どもの頃から憧れていた看護師の夢を叶えました!

先輩の仕事紹介

いつも患者さんやご家族のお話を傾聴し、安心してもらえるよう心がけています。

看護師
保健学部 看護学科 看護学専攻/2017年3月卒
長澤 あかりさん

この仕事の魅力・やりがい

患者さんが元気になっていく姿を一番近くで感じることができ、そのサポートをすることができるのがやりがいになっています。私が勤務している病棟は高齢者の方も多くいて、入院当初は歩行や食事を摂ることも難しかった患者さんが、私たちの努力によって少しずつ元気になられて笑顔で退院される姿を見ると、とても嬉しいですね。患者さんと一番長い時間接している看護師だからこそ分かることもあり、そういった情報を医師やリハビリテーションのスタッフ、栄養士、薬剤師などと共有しながら、患者さんにより合ったサポートをすることが出来たときは、チーム医療の中における看護師の存在の重要性を感じられ、大きなやりがいにもつながっています。

学校で学んだこと・学生時代

まず看護学概論を学び、成人・高齢・小児・精神・在宅・母性といった分野の知識を学びました。知識を習得した後は、グループワークです。それぞれの分野での事例を用いて、どういった看護をおこなうべきかを皆で意見交換をしながら学びを深めていきました。また、学内の実習室で技術についても学びます。1年生では1週間、現場で看護師について回る「シャドーイング」という実習で、実際の看護現場を見て学ぶことができました。2年目は2週間、3年目は半年にも及ぶ病院での実習を行い、これまでに学んできたことを実際の看護で生かすことができました。4年生になると特別授業や研究室で興味のある看護分野をさらに掘り下げて学べます。

器具の取り扱いには細心の注意を払っています。

これからかなえたい夢・目標

看護師になるという夢は叶いましたが、勉強すべきことはたくさんあると感じています。現在の専門である皮膚科や高齢者医療についての知識をさらに深め、看護技術も磨いていきたいです。先輩の姿を見ていると患者さんやご家族への対応や配慮の仕方が勉強になることばかりで、困っているときにそっと助けてもらったりしています。そうした先輩方にまずは追いつきたいです。また、私はがん看護にも興味があり、将来的にはがんを患っている患者さんやそのご家族を支える分野にも進みたいと思っています。そのために、自分の知識・技術に自信が持てるよう、日々の勉強や患者さんとのかかわりを大切にし、看護力にますます磨きをかけていきたいです。

職場では、お互いに気遣いながら助け合っています。

長澤 あかりさん

杏林大学医学部付属病院 3-8病棟勤務/保健学部 看護学科 看護学専攻/2017年3月卒/小学生の頃から看護師を目指していた長澤さん。お母様が杏林大学医学部付属病院に通院していたことがきっかけで「杏林で看護師になる」と進路を決めたそうです。自分も人を支えられる看護師になりたいと思ったことが理由でした。杏林大学在学中は、ハンドボール部のマネージャーとして活躍。練習や試合の準備、部員のケアなど人をサポートする仕事が自分の性格に合っているのだと言います。実習で忙しいながらも、週末は友達とショッピングやホームパーティーを楽しんだりと学生生活を謳歌していたそう。職場には学生時代からの友人も多く心強いと話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

杏林大学(私立大学/東京)