• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟国際情報大学

私立大学/新潟

ニイガタコクサイジョウホウダイガク

国際化・情報化社会で活躍できる知識と教養が身につく!

新潟国際情報大学では、ゼミ・演習・実習など10~20人規模の少人数で行う実践的なプログラムを実施。国際化・情報化社会で活躍するための専門知識と教養、コミュニケーション力を身につけ、将来に役立てます。

新潟国際情報大学の特長

学校の特長1

情報系、国際系の幅広いカリキュラムが充実!4年間かけて専門知識と教養が身につく

世界中どこにいても瞬時に交信できる現代。新しい価値観を持った人材がますます必要とされています。新潟国際情報大学(略称:NUIS)では、情報文化学部と国際学部の2学部を設置しています。情報文化学部は、情報システムを学ぶ「情報コース」と情報を活用した経営を学ぶ「経営コース」の2コースがあります。国際学部は英語、ロシア語、中国語、韓国語のいずれかの言語を選択。世界各国の社会や文化、歴史についても幅広く学びます。さらに、両学部で高度な専門教育を行うとともに、1年次からの英語・情報教育、少人数教育、ゼミナール等により、一人ひとりの個性を伸ばし、コミュニケーション力や問題解決力を養います。

学校の特長2

『就職率99.2%』の実績!万全のサポート体制で一人ひとりの就職活動をバックアップ

学生一人ひとりの個性や適性を重視した個別指導を行い、教職員一丸となり、きめ細やかな進路指導を行っています。1年次より行う各種ガイダンスをはじめ、企業見学会や合同企業説明会の実施、個別相談・個別指導、資格取得サポートから履歴書の添削まで、専門の職員が万全なキャリアサポートを行い、2016年3月卒業生は就職率99.2%を達成しました。また、授業科目として「キャリア開発」も開講。4年間を通じて、キャリア形成の授業やさまざまなプログラム・サポート体制で一人ひとりの就職活動を丁寧に支援しています。インターンシップ・学外実習と併せ、学生が社会人基礎力を身につけ、社会に貢献できる人材育成に力を入れています。

学校の特長3

語学力、そして人間的にも飛躍的に成長!留学参加者全員に奨学金を給付

情報文化学部では、カナダの大学で約5週間学べる「夏期セミナー」を設け、英語研修や企業訪問、ホームステイなど現地での交流を通じて、生きた英語と世界をリードする北米の情報社会をじかに学ぶことができます。国際学部では、希望者を対象にアメリカ、ロシア、中国、韓国の提携先の各大学に半年~1年間留学する「派遣留学制度」を設けています。いずれも、語学力の飛躍的向上はもちろんのこと、人間的にも大きく成長し、教養も身につけることができます。また、留学先で学習した語学と専門科目は、卒業に必要な単位と認定されるため、留学しても4年間で卒業できます。さらに、留学参加者全員に奨学金(20万~30万円)を給付します。

右へ
左へ
学校の特長1

情報系、国際系の幅広いカリキュラムが充実!4年間かけて専門知識と教養が身につく

世界中どこにいても瞬時に交信できる現代。新しい価値観を持った人材がますます必要とされています。新潟国際情報大学(略称:NUIS)では、情報文化学部と国際学部の2学部を設置しています。情報文化学部は、情報システムを学ぶ「情報コース」と情報を活用した経営を学ぶ「経営コース」の2コースがあります。国際学部は英語、ロシア語、中国語、韓国語のいずれかの言語を選択。世界各国の社会や文化、歴史についても幅広く学びます。さらに、両学部で高度な専門教育を行うとともに、1年次からの英語・情報教育、少人数教育、ゼミナール等により、一人ひとりの個性を伸ばし、コミュニケーション力や問題解決力を養います。

学校の特長2

『就職率99.2%』の実績!万全のサポート体制で一人ひとりの就職活動をバックアップ

学生一人ひとりの個性や適性を重視した個別指導を行い、教職員一丸となり、きめ細やかな進路指導を行っています。1年次より行う各種ガイダンスをはじめ、企業見学会や合同企業説明会の実施、個別相談・個別指導、資格取得サポートから履歴書の添削まで、専門の職員が万全なキャリアサポートを行い、2016年3月卒業生は就職率99.2%を達成しました。また、授業科目として「キャリア開発」も開講。4年間を通じて、キャリア形成の授業やさまざまなプログラム・サポート体制で一人ひとりの就職活動を丁寧に支援しています。インターンシップ・学外実習と併せ、学生が社会人基礎力を身につけ、社会に貢献できる人材育成に力を入れています。

学校の特長3

語学力、そして人間的にも飛躍的に成長!留学参加者全員に奨学金を給付

情報文化学部では、カナダの大学で約5週間学べる「夏期セミナー」を設け、英語研修や企業訪問、ホームステイなど現地での交流を通じて、生きた英語と世界をリードする北米の情報社会をじかに学ぶことができます。国際学部では、希望者を対象にアメリカ、ロシア、中国、韓国の提携先の各大学に半年~1年間留学する「派遣留学制度」を設けています。いずれも、語学力の飛躍的向上はもちろんのこと、人間的にも大きく成長し、教養も身につけることができます。また、留学先で学習した語学と専門科目は、卒業に必要な単位と認定されるため、留学しても4年間で卒業できます。さらに、留学参加者全員に奨学金(20万~30万円)を給付します。

右へ
左へ
学校の特長1

情報系、国際系の幅広いカリキュラムが充実!4年間かけて専門知識と教養が身につく

世界中どこにいても瞬時に交信できる現代。新しい価値観を持った人材がますます必要とされています。新潟国際情報大学(略称:NUIS)では、情報文化学部と国際学部の2学部を設置しています。情報文化学部は、情報システムを学ぶ「情報コース」と情報を活用した経営を学ぶ「経営コース」の2コースがあります。国際学部は英語、ロシア語、中国語、韓国語のいずれかの言語を選択。世界各国の社会や文化、歴史についても幅広く学びます。さらに、両学部で高度な専門教育を行うとともに、1年次からの英語・情報教育、少人数教育、ゼミナール等により、一人ひとりの個性を伸ばし、コミュニケーション力や問題解決力を養います。

学校の特長2

『就職率99.2%』の実績!万全のサポート体制で一人ひとりの就職活動をバックアップ

学生一人ひとりの個性や適性を重視した個別指導を行い、教職員一丸となり、きめ細やかな進路指導を行っています。1年次より行う各種ガイダンスをはじめ、企業見学会や合同企業説明会の実施、個別相談・個別指導、資格取得サポートから履歴書の添削まで、専門の職員が万全なキャリアサポートを行い、2016年3月卒業生は就職率99.2%を達成しました。また、授業科目として「キャリア開発」も開講。4年間を通じて、キャリア形成の授業やさまざまなプログラム・サポート体制で一人ひとりの就職活動を丁寧に支援しています。インターンシップ・学外実習と併せ、学生が社会人基礎力を身につけ、社会に貢献できる人材育成に力を入れています。

学校の特長3

語学力、そして人間的にも飛躍的に成長!留学参加者全員に奨学金を給付

情報文化学部では、カナダの大学で約5週間学べる「夏期セミナー」を設け、英語研修や企業訪問、ホームステイなど現地での交流を通じて、生きた英語と世界をリードする北米の情報社会をじかに学ぶことができます。国際学部では、希望者を対象にアメリカ、ロシア、中国、韓国の提携先の各大学に半年~1年間留学する「派遣留学制度」を設けています。いずれも、語学力の飛躍的向上はもちろんのこと、人間的にも大きく成長し、教養も身につけることができます。また、留学先で学習した語学と専門科目は、卒業に必要な単位と認定されるため、留学しても4年間で卒業できます。さらに、留学参加者全員に奨学金(20万~30万円)を給付します。

右へ
左へ

新潟国際情報大学からのメッセージ

★入試情報★
2/22(水)より平成29年度一般入学試験(後期)の出願受付を開始いたします。志願される方は、下記期間内に忘れずに手続きを行ってください。[詳しくは「NUIS」で検索!]

■出願期間
 2/22(水)~3/7(火)【出願期間内消印有効】

(2/10更新)

新潟国際情報大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

●2017年度納入金/情報文化学部・国際学部 ともに111万円

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数269名
就職希望者数253名
就職者数251名
就職率99.2%(就職者数/就職希望者数)
長岡技術科学大学大学院、新潟医療福祉大学大学院、新潟大学大学院、新潟県立大学大学院への進学実績もあります。

就職支援

4年間のキャリア形成授業やさまざまなセミナーで、学生一人ひとりの夢をかなえるサポート体制

社会人や職業人として活躍できる能力を身につけるために、キャリア形成・就職支援を展開しています。1・2年次を対象としたキャリア形成セミナーでは、職業観を実践的に学び、低年次からのキャリア教育に重点をおいています。また、「キャリア開発1・2」の単位授業を始め、社会人基礎力を学ぶ各種ガイダンスがあります。夏休みにはキャリア育成合宿、また学内でのCareer Cafe等、学生の人間力を向上させる人気のセミナーも開催しています。公務員講座も低年次からステップアップ方式で本番直前まで学べる環境を整え、実績に結びつけています。卒業後、どのように充実した人生を過ごせるかを考え、教職員一丸となってサポートしています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

新潟国際情報大学

〒950-2292 新潟県新潟市西区みずき野3-1-1
TEL:025-264-3777 (入試・広報課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
本校 : 新潟県新潟市西区みずき野3-1-1 JR越後線「越後赤塚」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内

新潟中央キャンパス : 新潟県新潟市中央区上大川前通7-1169 「新潟」駅万代口から市内バス 5分 本町下車徒歩 1分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年10月27日 10:21 facebook

     平成29年10月22日(日)に石川県金沢市(いしかわ総合スポーツセンター)で開催された第17回北信越ベンチプレス選手権大会に、本学フィットネス研究部の選手2名が出場したので報告します  男子ジュニア53kg級に出場した高橋裕一郎さん(情報文化学部4年)は、第一試技の82.5㎏及び第二試技の87.5㎏を成功させ、第三試技では自己新記録の90kgを成功させました。彼は検量でリミットまで6.4㎏も軽い46.6㎏という体重ながら90㎏を拳上して会場をたいへん盛り上がらせたことから、この大会の「敢闘賞」を受賞しました。北信越大会でのこの賞の受賞は、平成6年のフィットネス研究部創部以来男子部員としては初めての快挙でした。なお、賞状とメダルの他にも副賞としてプロテインパウダーをいただきました。  また、男子ジュニア59kg級の大越和樹さん(情報文化学部4年)は、第一試技で70kgを成功させたものの第二及び第三試技は72.5㎏を惜しくも失敗しました。4年生にとっては、大学最後の試合である新潟県ベンチプレス選手権が11月26日(日)に開催されるので(会場は新潟国際情報大学体育館Wトレーニング室)、リベンジを期待しています。

    https://www.facebook.com/398512673558372/posts/1490479774361651

  • 2017年10月25日 16:20 facebook

     本学陸上競技部は、第48回北信越学生陸上競技選手権大会(平成29年10月21日(土)~22日(日):富山市五福公園陸上競技場)に出場したので報告します。  初日の男子100mでは、斎藤大介君(情報文化学部2年)と猪俣慧樹君(情報文化学部2年)がともに予選と準決勝を1位で通過して決勝進出を果たしました。決勝では、スタート直後に猪俣君が脚に違和感を感じて減速してしまいましたが、斎藤君は最後までスピードを維持しながら10秒65(±0.0m)の自己新記録を出して2位に入賞しました。また、猪俣君は減速しながらもゴールインしたために13秒14の記録で8位入賞となりました。一方、男子4×100mリレーでは、1走永井喬也君(情報文化学部1年)、2走猪俣慧樹君(情報文化学部2年)、3走斎藤大介君(情報文化学部2年)、4走倉石優希君(国際学部2年)のオーダーで予選を1位(42秒02)で通過しましたが、決勝は猪俣君の棄権により本学リレーチームも棄権せざるを得ませんでした。  2日目の午前は、雨の中で男子200mの予選が行われ、斎藤君が22秒28(+1.1m)の記録を出して1位で準決勝進出を決めましたが、台風が接近して雨や風が強くなってきたために、それ以降の種目は中止となり、大会自体がお昼で終了となりました。これで陸上競技部の今シーズンの大会が全て終了してオフシーズンとなります。また来年の北信越対校選手権での活躍と日本インカレ出場を目指して、しっかりとトレーニングを積んでいってもらいたいと思います。大変お疲れ様でした。

    https://www.facebook.com/398512673558372/posts/1489664617776500

  • 2017年10月13日 16:20 facebook

    10月8日(日曜日)、本学、情報システム学科3年生、穂苅周平さん(小林研究室)が、江戸時代、西川地区に曽根代官所がおかれていた歴史的背景を活かした、時代衣装で商店街を練り歩く「代官献上米行列」に参加しました。まるで自分が時代劇のワンシーンの中にいる様、もしくは江戸時代にタイムスリップしたかの様な感覚を味わえ、今までにない貴重な体験が出来き、また西川地域の方々も親切な方が多く、祭りも無事におえる事が出来たとのことでした。

    https://www.facebook.com/398512673558372/posts/1478899248853037

  • 2017年10月13日 12:20 facebook

    本学陸上競技部は、第2回新潟県陸上競技秋季トラック記録会(平成29年10月7日:ビッグスワンスタジアム)に出場し、男子100mで好記録を出したので報告します。なお、この記録会はすべての種目でトライアルが1回だけのタイムレースで行われました。 男子100mの決勝15組(+0.7m)に出場した猪俣慧樹君(情報文化学部2年)と斎藤大介君(情報文化学部2年)は、ともに自己新記録の10秒67と10秒68を出して、全体の1位と2位になりました。ちなみにこれらの記録は、昨年の新潟県陸上競技共通男子100mランキングの9位に相当するりっぱなものです。本学の陸上競技部に所属する多くの部員が大学入学後に自己新記録を出せるのは、基礎体力トレーニングを重視する練習方針があり、それをシーズンもオフも1年を通してしっかり継続するためだと思われます。この勢いで10月21日(土)~22日(日)に開催される北信越学生陸上競技選手権大会での活躍を期待しています。お疲れ様でした。

    https://www.facebook.com/398512673558372/posts/1477885742287721

  • 2017年10月12日 18:21 facebook

    10月12日に、インドネシア国ボゴール市にて 同国81の大学職業訓練プログラムリーグが主催して 「第一回エネルギー・食糧安全保障のための応用化学 国際会議」が開催され、主催者の発表では101の 個別発表および201人の参加がありました。 本日午前のオープニングのあとに行われた三つの基調講演の最後に、 本学情報文化学部藤田晴啓教授が 「使用済食用油からバイオディーゼル燃料製造と職業訓練プログラムの役割」 というタイトルで発表を行いました。使用済み食用油は食糧の安全保障に影響を及ぼさなく、しかも温室効果ガスゼロ排出の燃料を製造できるので、多くの注目を集めました。 会議の映像はこちら。発表冒頭、会場の様子、記念品贈呈です。 http://gbs.nuis.jp/fujita-haru-labo/hp.html

    https://www.facebook.com/398512673558372/posts/1478046732271622

新潟国際情報大学(私立大学/新潟)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    リベラルアーツ教育により、変化する社会に対応できる人材を育成。

  • Photo

    私たちの生活に関わる「経済」を学び、社会で通用する力を身につけよう!

  • Photo

    「理論」と「実践」の繰り返しで、社会に貢献する本物の経営感覚を身につけよう

  • Photo

    『長岡大学米百俵奨学金制度(給付型)』で、大幅に学費を減免!!

  • Photo

    フレキシブルな学びで「深い専門性」や「複数分野の広い知識」を持つ技術者になる!

  • Photo

    「薬剤師」「理科教育」「食品・バイオ・環境分野の専門人材」を育成する総合大学

  • Photo

    語学力を身につけて観光・エアライン・ホテル・通訳ガイド・外国語のプロへ!

  • Photo

    コンピュータ教育47年の伝統と実績。パソコン初心者でもスペシャリストになれる!

  • Photo

    幅広い視野とリーダーシップで地域社会の課題解決に取り組みます

  • Photo

    「食・農・ビジネス」を一体的に学び「高度な専門性を持つジェネラリスト」を育成する

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる